2-Aプロット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【2-Aプロット】
  • しばらくしてもえが来る。暗い顔。
  • 「やっほー!どうしたの?赤点が怖くなったの~?」
「……。ねぇ。玲子のこと信用していいんだよね?」
「……?。あったりまえじゃないの!相談って何?好きな子でも
できた?それとも悪の巨大組織に追われてるとか?なんでも解決
してあげるから、話してみて」
「……。ふっふっふ~。引っ掛かったな!実はドッキリだったん
だよん!この私に悩みがある……と、でも思ったかー!そんなこ
とだから玲子はいつまで経っても私を超えられないのだよぉ~」
「何よー。折角人が心配して相談に乗ってあげようと思ったのに
~」
なんだ、ドッキリ(?)か。やっぱり、相談なんて、もえらしく
ないと思った。
「ところで陸上部はいいの?あんた副部長でしょ?」
「う~ん、今日はそういう気分じゃないんだにゃ~」
「副部長がそんなのでどうすんのよッ!さっさと、部活行きなさ
いっ!」
「ふにょ~ん……。まあ、いいじゃんか!もう休むって伝えてあ
るしさ。今日は一緒に帰ろ!」
「……うーん。まあ、いいわよ。でも、明日からはちゃんと行き
なさいよ?」
「わかってるって!玲子はいい意味でお節介だな~」
  • 下校シーン。
<<省略して>>
「じゃあ、また明日ねー」
「う、うん。また明日」
もえは少し戸惑いながら去っていく。
  • 帰宅。
さて、夕食は冷蔵庫には昨日の残りのハンバーグがある。レンジ
で温めて食べよう。
昨日と同じくテレビを見ながら食べる。
  • 「さて、そろそろお風呂に入ろうかな~」
<<シーンは飛ぶ>>
「ふぅ~、いい湯だった~」
プレイヤー心理(そこは飛ばすなよっ!)
「さーて、今日はギリギリセーフだったけど。明日は余裕を持っ
ていかなくちゃね」
  • 寝る。

3日目7月27日(木)。

  • ふと、目が覚める。時計を見ると06:30。随分と余裕があ
る。
枕元の携帯を見るとEメールが一件。
もえ:今日はちょっと気分が悪いから休むね^^;。先生と美恵
ちゃんにもよろしくー。
へー。馬鹿は風邪引かないっていうけど珍しいこともあるもんだ。
  • 学校に到着。
「玲子さんおはよう」
「おはよう、美恵。昨日言ったことちゃんと覚えててくれたんだ
ね」
「あと玲子さんは、なしで!」
「はい、わかりました」
あんまり、わかってないよね?
  • ところどころ学校の様子を流して学校シーン終了。
「美恵~。今からもえのお見舞い行くけど一緒に来る?」
「すみません。今日は図書委員で忙しくて……。もえさんによろ
しく伝えください!」
「あ、委員会かー。ごめんね。あと明日から『玲子さん』と敬語
は禁止だからね!」
「はい。わかりました」
やっぱり、そんなにわかってないよね?
  • ピンポーン。
「奥平ですけど、もえのお見舞いに来ました」
ガチャ。
「玲子ちゃん、久しぶりね。見ないうちにこんなに大きくなった
のね。さぁ、あがって」
靴を脱ぐ。家ではありえないような綺麗なそろえ方をして。
「やっほー。もえ、調子はどう?」
「あ、玲子。来てくれたんだ……」
ベッドで寝ているもえ。
「まあ、暇だったから―――ね。で、調子はどうなの?」
「え!?べ、別にもう平気かな……。うん、明日はいけるから心
配しないで」
「そっか。よかった。でも馬鹿は風邪引かないっていうのになん
で風邪なんか引いちゃったんだろーね?」
「―――、ちょっと玲子ー!どういう意味っ!一応私、病人なん
だけど!」
「あははっ!ごめんごめん」
<<しばし雑談>>(美恵がよろしくと言っていたというのも忘
れずに)
「じゃあ、そろそろ帰るね」
「あ、うん。ありがとう」
「じゃあ、また明日。学校でね」
「ばいば~い」
階段を下りようとしたとき!
「玲子っ!」
「なに?」
「……やっぱり相談があるんだ。明日の放課後教室に残っててよ」
「うん。わかった。じゃあまたね」
「うん。また明日」
今度こそ別れを告げて帰る。
「お邪魔しましたー」
「またいつでもいらっしゃい」
  • 帰宅。
もえの家から帰ってくる途中に買ったハンバーガーを食べる。
風呂に入って、寝る。

4日目7月28日(金)。

  • 起床は07:00。まあ、いつもはこれぐらいの時間に起きる。
  • 学校に到着。
教室から話し声が聞こえてくる……。
「いやー、昨日はもうダメだ、と思ったんだけど。玲子が突然
私の部屋に入ってきて激しくキスしてきてさ」
「え!?玲子さんがそんなことをっ!?」
「うん。それのおかげで私は今でも何事もなかったかのように学
校生活を―――。ぎゃ、ぐわぁっ!」
後ろから渾身の力を籠めて持っていた鞄でもえを殴る!
「なーに、朝からハードな嘘付いちゃってるわけ~?」
「あ、―――玲子。おはよー……。昨日は助かった、よ」
「玲子ちゃん、おはよう。昨日もえさんの家で……えっと、その
……」
「あ、『玲子さん』のこと覚えてくれたんだ。ありがとーね。で
も、もえの下らない話を間に受けなかったらもっと感謝したんだ
けどな~」
「え!、その、すみません……」
「いいのよー。怒ってないから。責任はこれからもえに取っても
らうし。ね?」
「えぇ!?私が責任取るの?そんなー、濡れ衣だよ~」
「全然、濡れ衣じゃないからっ!だから国語の成績も悪いのよ!
あんたは!」
「……ふにょーん。ごめんなさい。私、玲子さんのことをこんな
にも想っているのに、あなたが振り向いてくれないから、こんな
つまらない嘘を付いてしま―――ぐにゃほぁっ!」
「ほほぉー、まだ言うか?」
「あ、すみません。マジで。お詫びに玲子のスリーサイズをクラ
スの皆に言いふらして好感度を、特に男子のを上げてあげるから、
許してー」
ぶちッ!
「許すわけないでしょー!」
鞄に気を集中してとどめの一撃を放つ。
放物線を描いて吹っ飛ぶもえ。
「これに懲りたらつまらない嘘付くなっ!」
「朝から仲いいですね」
「「どこがだっ!!!」」
二人のシンクロ率は80%!
「あうぅぅ~。すみません」
  • 授業中、何度かもえと視線が合った。その度に何かを伝えよう
と睨んでくるのだけども、何が言いたいのかまるでわからない。

  • 放課後。
そういえば、昨日、もえが相談があるから待っててなんて言って
ったっけ。
しばらくして、もえが来る。
「なに~?またドッキリとか?」
いつになく真剣な表情のもえ。
「私さ、やっぱり玲子のこと信じて相談してみる。このまえは変
にはぐらかしちゃったけど……」
何が言いたいのだろう?
「別に気にしてないからいいって!で、相談って何?」
「……うん。25日の放課後、私の靴箱にこんな手紙が入ってた
の」手紙を手渡される。なになに?
  • 『今年の二月から一ヶ月に一人ずつ、この街の女子高生が消え
ているのをご存知ですか?驚くと思いますが、あれは私の犯行で
す。次はあなたを誘拐します。覚悟しておいてください。
 誘拐された人はどうなったっかですか?それはもう健気に働い
てくれてますよ。貴方も時機に仲間入りです。
 まあ、貴方には特別な待遇を用意してありますが……』
馬鹿げてる。
  • ……確かに女子高生が一ヶ月に一度、失踪しているという事実
はある。
でも、それにしたって。これは……手の込んだ悪戯と考えるのが
普通ではないだろう?
でも、もえの怯え方は尋常じゃない。
普段は快活で、どんなことがあっても挫けずに、前向きに物事を
考えるのがもえの取り柄の筈だ。何か……もえを本気にさせるこ
とでもあったのだろうか?
  • 「……あのさ。私には悪戯にしか見えないんだけど、何か、も
えを本気にさせることでもあったの?」
「……うん。私の前の学校の友達がね、先月、誘拐されたんだよ。
もともとあんまり素行のいい子じゃなかったんだけどさ。
全然帰ってこないんだよ?連絡もないし。噂になったでしょ?
風上 亜里沙(かざかみ ありさ)っていう名前なんだけど、玲
子は知らないよね?」
彼女は軽く言うが、心の奥では相当傷ついているだろう。
  • 「よし!わかった!もえが悪の組織に狙われてるなら私が事件
解決までずっと一緒に居てあげる!」
こういうときは一緒に居てあげよう。たとえ悪戯だったとしても
もえの心は今弱ってる。こんなときに一人にしたら何をするかわ
からないし。
「……え?だって学校で一緒にいたって下校中とか狙われたり…
…自宅を狙われたりするかもしれないし……」
「大丈夫!今日から事件解決のXデーまで私の家に泊まりなさいっ
!」
「えッ!いいの?でも、そんなの悪いって……」
「何言ってんの~。シャーペンで突っついたお詫びだから遠慮し
なくていいのよ!」
「え……。あ、うん。ありがとう。じゃあ、親に電話するねー!」
少しずつ普段の雰囲気を取り戻してきたもえを見て私はホッとし
た。やっぱり、もえはこうでなくっちゃ!

  • <<下校シーン>>
「そうだなー。今日はもえが来るから特別ご馳走を作らないとね
っ!よし!買い物、手伝ってもらうわよ~」
「ニシシシシ。私は沢山食べるよー!今月の食費はきっとピンチ
になっちゃうだろーねー」
普段の明るさに戻ってきた。
「うぅ。それは困る……」
  • 二人で買い物~。
  • 夕食には定番のカレーを作りました。
「うめーーーー!玲子ー!あんた毎日こんなの食べてたらいつか
死ぬよ?」
そりゃ、いつかは死ぬでしょうね。
「そんな、大げさだって」
「いや、ほんっとに、おいしいから!くっ、最初は二、三日ほど
しか、お世話にならない予定だったけど。こいつは長引きそうで
すぜ?」
ふー。よかった。完全にいつものペースだ。このまま回復するま
で一緒に居てあげよう。
「どうぞ~。私は一人暮らしだから好きなだけいるといいよ」
「なぬ!?冗談で言ったんだけどこれは本気でしばらくお世話に
なっちゃっていい空気ですな!」
  • 23:00!
「そろそろ、お風呂入っちゃってよー」
「了解っす!……じー」
「なに、見てんのよ?」
「いやー。玲子は一緒に入らないのかなーっと思いましてね」
「ば、馬鹿!なんで一緒に入んのよ!」
「えぇー!折角、クラスで男子のあれな眼差しを独り占めしてる
玲子の裸体が拝めると思ったんだけどな~」
「なにをっ!?いやらしい言い方しないでよっ!別にそんな見せ
るような体してないわよ?」
「そうなの?それじゃあ、私が見て判断してあげるっ!」
玲子に飛びつくもえ。
刹那の手捌きで弾き返す玲子。
「もうっ!いいから一人で入ってきなさーい!」
「うおっ!今朝の悪夢再来の予感……。ここは大人しく従ってお
こう」
「素直でよろしい。でさ、もえ。着替えはどうするの?なかった
ら貸すけど?」
「そこら辺は心配ご無用!私服はいっつも持ち歩いてるから、そ
れで寝るね」
「あ、そうなの。下着はどうするの?」
「うーん。玲子さんのを借ります!」
「やっぱりね。引き出しから好きなの取っていってちょうだい」
「了解!」
なんで満面の笑み?
ちょっと心配だから後をつけてみよう。
「おぉー!玲子のやつめこんな大人っぽい下着を!それにサイズ
が私のと全然違うっ!何食べたらこうなんのかな~?」
案の定。何してんのかと思えば……。仕方ない。
「こいつはクラスの男子に見せてやりたい絶景ですなー!一枚ぐ
らい写―――」
携帯のカメラを構えたところで、私は手に持ったハリセンを振り
下ろす。
「―――つっいってぇ!」
「いってぇ、じゃないわよ!人が親切に下着を貸してあげるって
いうのに、なに、変態みたいなことやってんのよ!」
「いやぁー、それは……。
でも、変態って言ったら玲子も私の後をつけてたじゃん!」
「それとこれとは別でしょッ!私はもえが満面の笑みで何か企ん
でそうで怖かったから、あとをつけたのよ!」
「今のは聞き捨てならないぞ!私が何か企んでるって、私のこと
信用してないんじゃないのっ?」
「そんなことないわよ!信用してない相手なんて家に泊めるもん
ですか!」
「じゃあ、ここはお互いの信用を深める為にも裸の付き合いとい
うことで……どう?」
「な、なんで、そうなんのよ!」
「あ!やっぱり信用してないんだ。私は玲子のこと信用してるか
ら全然一緒に入ってOKだよ。玲子は?」
「う、うぅ。い、いいわよ!やってやろうじゃないの!」
「そうこなくっちゃ!」
<<風呂場>>(イベントCG)
「やっぱり、玲子の体は……あれだね」
「あれって何よ!あれって!」
「知りたいかー。ならば体に教え込んでくれる~」
「うわ!変なとこ触らないでよ!
……っ!
ちょ、ちょっとやめて……」
「あははー。ここがいいのかー?それともこっちー?」
「う、ぅぅ。やめてって言ってるでしょ……あっ」
「ん~。聞こえないな~」
最後の力を振り絞って!
「やめろって言ってるでしょーがー!!」
ドガーン。
浴槽から飛び出るもえ。故意にではなく玲子によって。一体どん
な力が働いたのやら。
「ふにゃ~。ごめんらぁさぁーい」
「もう、知らないっ!」
<<シーンは飛んで>>
  • 「電気消すわよ?」
「はーい」
カチッ。
「ちょっと~狭いんだからもう少しそっち行ってよ」
「狭いのがいいんだよ~。ほら、玲子と肌がぴったりくっついて
さ」
「また朝みたいに飛行する?」
「あ、ごめんなさい」
客人用の布団など一人暮らしの私にはなく、しょうがないので、
もえと同じベッドで寝ていた。
<<雑談>>(この中に含まれる会話は明日は土曜日なので私の
親戚の探偵を紹介するというもの)
少しの間訪れた沈黙。私はもえと語る新たな話題を探す為に口を
止めた。しかし、まどろみの中に落ちていくと這い上がって来れ
ないようで、沈黙が解かれたのは次の日の朝だった。

5日目7月29日(土)。

  • 目が覚める。
時計は08:00。もえはまだ玲子の横で寝息を立てている。
こうしてみるとかわいいもんだ。
さーて、もえが起きてくる前に朝ご飯を作ってしまおう。
表現が大げさなもえとわかっていても、ああいう風に褒められる
とかなりうれしかったりするのだ。
よし!ちょっとはりきって、豪華にしちゃおっかな~。
  • 「ふぅ~、こんなもんかな?」
「むにゃむにゃ。おはよー」
いいタイミングで起きてくるなー。もしかして計ってた?
「おはよっ。朝ご飯できてるよー」
「うん……。すごっ!この量はやばいよ、玲子!」
「え、っと、その、昨日褒めてくれたのが―――」
「え?何か言った?二人で割っても相当な量だよ!普段からこん
なに食べるの?もしや、沢山食べるから、このスタイル?」
「んなわけないでしょ!ちょっとはりきっちゃっただけよ!」
<<朝食シーン>><<雑談>>
  • 「そういえばさ、昨日、探偵を紹介してくれるって言ってなか
ったっけ?」
「あ、そうだったね。ちょっと電話してみる」
<<TEL!>>
「はい、こちらは浮気からテロまでなんでも対応の堀探偵事務所
です」
「あ、兄さん?玲子だけど」
「あー、玲子ちゃんか。どーしたんだ?」
「友達がストーカーみたいなのに脅迫受けててさ、不安だからう
ちに今泊まってるんだけどね。それを解決して欲しいんだ」
「ん~、仕事としての依頼?」
「まあ、一応そうしとく。引き受けてくれる?」
「なに、言ってんだよ!従兄妹で美人で発育のいい女性の頼みは
断れないだろ!」
「変なの入ったけど、ありがと!」
「じゃあ、今から迎えに行くから玄関の前で待っててくれ」
「わかった。じゃあ、よろしくー」
<<もえと少し話す(健三との関係など)>>
  • <<家の前>>
キィッ!
私ともえの前に止まった白い車。
兄さんのことだ、どこぞの外車だろう。
バタン!
かっこつけながら車を降りてくる兄さん。毎度のことだ。
「初めまして、お嬢さん。俺の名前は堀 健三(ほり けんぞう)
。お嬢さんは?」
「え!わ、私はもえです。小笠原 もえ」
「もえ、そんなに緊張しなくていいよ。この人は初対面の人には
いつもこうだから」
「もえさんですか……。いいお名前です」
聞いちゃいない。
「あ、ありがとうございます」
  • <<健三の事務所に到着(この間にもえと健三の言葉遣いは変
わる)>>
「まあ適当に腰掛けて。で、依頼内容は?」
「えっと、25日の放課後、もえが部活に行くために靴箱で靴を
履き替えるときに靴箱の中からこんな手紙が出てきたの」
そう、言って私は兄さんに手紙を手渡す。
「ほ~。どれどれ?」
目が文字を追っていく。追うたびに兄さんの表情は険しくなって
いった。
「うん~……」
「どうなの兄さん?」
「ちょっと言いにくいんだけどな。実は一ヶ月前にもこれに似た
手紙を持った子が訪ねてきて、事件解決を依頼してきたんだ」
「その子の名前って風上 亜里沙?」
「よく知ってるな。その通りだよ。でも、俺は事件を解決できず、
ある日を境に連絡が取れなくなった……」
「へぇ。そう、なんだ」
もえの方を見ると、とても普段からは想像できないような不安そ
うな瞳で私と兄さんを見ていた。
<<話は続く(内容はこっちでも頑張って捜査してみるよ。だか
ら玲子ちゃんはもえちゃんを少しでも安心させてあげる為に傍に
いてあげるんだ。警察は一ヶ月に一度女子高生が消えるこの事件
は関連した事件ではないし、ただの家出扱いで本格的に捜査をし
ようとはしていない。>>
  • 家に着く。あれ?玄関のポストに手紙が……。
この白い封筒には見覚えがある……。もえの下駄箱に入ってた手
紙と同じだ。嫌な予感……。
「どしたの玲子ー?固まっちゃって―――」
もえに見られる前にこっそり中身を確認して捨てようと思ってい
た。でも、見付かってしまってはしょうがない。それに、これは
もえに来た手紙だ。私の判断でどうこうしていいものではない。
「……ねぇ、もえ。どうする?」
「……うん。一応、中身見てみる」
「わかった」
『こんにちわ、もえさん。随分と玲子さんと仲が良い様ですね。
私はとても玲子さんが恨めしいです。何故なら私のモノになるも
えさんが、玲子さんの物になってしまいそうだからです。
でも、大丈夫ですよね?私は貴方を信じていますよ。
それでは、また。今度は直接会ってお話するでしょうね。
楽しみです。』
……酷い。もえはこんなに震えてるのに、悪戯の犯人か誘拐犯か
どっちかわからないけど、もうやめてほしい。
ふと、もえを見る、と。
「大丈夫だよ、玲子」
なんて、言って私を安心させようとしているのか。
その笑顔は無理やり過ぎて、とても痛々しかった。
「……もえ。私、決めた。もえに何があっても、私が守るから」
心からの言葉だった。もえのことを守ってあげたいと思った。命
に変えてでも。
「……ありがとう」
少し涙ぐむ、もえ。
それをそっと包み込むように私は抱いた。
<<シーンは流れる。私を安心させる為に、明るく振舞おうとす
るもえ。でも、引きつった笑顔が逆に、私を不安にさせていた>

  • 夜。就寝前。
「私―――だよ。私、嫌だよ!全然知らない人のモノになるのな
んか嫌だよ!ねぇ、玲子!私は玲子のモノになりたいよ。私を命
懸けで守ってくれる玲子のモノに……」
そうか。もえはモノじゃないのに度重なる脅迫で自分が物である
かのように錯覚してしまってるんだ。まともな精神を取り戻すま
で相当な時間を要することだろうけど、もえは事件解決までは自
分がモノだということを疑わないだろう。それならば、事件解決
までは私がもえの所持者であろう。
「わかった。今日からもえは私のモノだよ。もう誰にも渡さない」
  • Hシーン(BL風に言うならばもえが受けです)

6日目7月30日(日)

朝、起きるともえはメールをしていた。
「おはよぉ~。朝はやいのね」
「あ、お、おはよう」
昨日の夜のことが少し恥ずかしいのか、もえは顔を赤くした。
私も思い出したが、やはり恥ずかしい……。
「朝ご飯作るね~」
「え、私も手伝う」
「別にいいよ。もえは私のモノなんだからゆっくりしといて」
「逆でしょ。モノなんだから所有者を手伝わないと」
「うーん……。それもそうか。じゃあ、手伝って」
「わかった。何すればいい?」
<<二人で朝食を作り食べる。そのあと健三にTEL>>
「うん。昨日こういうことがあってね。うん」
「そうか、こっちはまだ何も掴めてないんだ。すまんな」
「いいよ、兄さん。もともと、あるかすらわからない事件なんだ
から」
「あぁ、でも玲子ちゃんの頼みなら例えなくても全力で捜査する
さ。それに犯人を俺はどうしても許せない……」
兄さんはやっぱり探偵としての正義感をちゃんと持ち合わせた素
晴らしい人間だったのね。
「それは、人の女子高生を自分のモノと言い張るとこだ!全ての
女子高生は俺のモノなのに、こいつは!!」
「うん、じゃあね」
「え!?玲子ちゃ―――」
兄さんの返事を待たずに私は受話器を置いた。あの人を信用した
私が馬鹿だった。
  • 「折角の日曜日だしさ、街に出ようよ」
「うん。玲子がそういうなら……」
<<二人で楽しい買い物。クライマックスを前にした思い出作り
の為に。>>
  • 昼食のファーストフードの店の中の会話でもえはお守りにネズ
ミのストラップをポケットに入れている。と話す
  • 街を見下ろせる高台。
「玲子!はやくはやく!」
「ん、ハァ。ちょっと待ってって。もえは体力だけはあるんだか
ら……」
私は息を切らしながらもえの誘う場所についた。
瞬間。
私は目の前の景色に言葉を失った。
「ここはね。私のお気に入りの場所なんだ。綺麗でしょ?」
「……うん」
「聞いてる~?」
「あ、ごめん。あまりにも綺麗だったから」
「うん。綺麗だよね!私、この場所大好き!」
赤い日差しを後ろにこちらに満面の笑みで微笑む少女。
その笑顔にはあの痛々しい笑顔は微塵も含まれていなかった。
<<イベントCG>>
  • 帰宅。が、玄関の前に小包(封筒)が。
中にはもえの写真が数百枚……。
と手紙。
『もうすぐ、お迎えにあがりますよ。それは私からのプレゼント
です。受け取ってください。(今日の買い物を見ていたことを告
げる)』
もえはその場に膝を着いて倒れる。
「ちょ、ちょっともえ!」
  • ベッドで寝かしておいたもえは目を覚ます。
「やっと、起きた?ごめんね、あんなの開けちゃって」
「ん、玲子。いいんだよ。私だってどうせ空けるつもりだったか
ら」
<<しばし話し合い>>
お風呂に入っちゃって、それとご飯できてるから。
もえがその両方をこなしている間、玲子は考える。犯人について。
「ふぅ~いい湯だったよー。あと玲子のハンバーグおいしすぎだ
ね!」
「そう?ありがと」
  • 就寝時間。
玲子に飛びつくもえ。胸の中で泣いている。
「うぅ……。玲子、私ってとんでもない子だよ。だって、だって
玲子のこと好きになっちゃったんだもん……」
あぁ、私だってもえと同じ立場になったら例え同性でも好きにな
ってしまうだろう。誰が犯人かわからず、外にいるときは楽しん
でた反面、監視されていることに怯えていた。
そんななか、自分でいうのもなんだが。心強い味方がいる。命を
掛けて守ってくれると誓ってくれた味方が。その人愛するな、と
いう方が無理な話だ。だから、私はもえの愛に応えよう。
「……うん。私も大好きだよ。だから、昨日みたいに……ね?」
「……玲子。痛かったら言ってね?」
  • Hシーン(もえが攻めになります)。

6日目7月31日(月)

  • 朝、目を覚ますと、そこにもえの姿は無い。
家中を探しても、もえの姿は無い。
さっさと服に着替えて街中を走り回る。
いない。いない。いない。いない。いない―――。
心辺りは全て当たった。
……いや。まだある。
学校でもなく、お気に入りだった喫茶店でもない、もえが大好き
な場所が。
「なんで気付かなかったんだろう」
今まで気が付かなかった自分を腹立たしく思いながらも私は走っ
た。もえのいるかもしれない。いや、もえのいる高台へと。
  • 「―――ハァハァハァ」
景色を眺めていた少女が息を切らしている私を見付ける。
「玲子!なんで、こんなとこに……」
「もえは私のモノなんだから。もえのことはなんでもわかるよ」
「それは聞き捨てなりませんね、玲子さん」
赤を背景にした美しい少女の横。負けないぐらい美しい少年が立
っていた。
「昨日まではもえさんは確かにあなたのものでした。でも、今日
からは私のモノです」
この子がもえを脅迫していた……。
「失礼。私は鷺藁 貴意(さぎわら きい)と申します。本日よ
り、もえさんの持ち主になるものです」
この子、ふざけてる!もえはモノじゃないのに!
「何、言ってんの!もえはモノじゃないんだから、そんな言い方
はないでしょ!」
「おかしいですね。貴方がさっき『もえは私のモノだ』って言
ってましたよね?」
「それは……」
「嘘なの……?」
不安そうにこちらを見つめるもえ。
「そういうことじゃないわよ!もえは、もえは……私の大事な人
なんだから!モノじゃないわよ!」
「ですが、もえさんは、今日から私のモノになりました。勿論、
両者同意の上で」
「そんな馬鹿なっ!もえ?本当なのっ?」
「う、うん」
「なんでそんな条件呑んだの!」
「……」
黙ってしまうもえ。
「ほらね?どうです玲子さん」
「玲子……ごめんね……。貴意さん、玲子と少し話しをさせてく
ださい、どこにも行きませんから……」
「わかりました。じゃあ5分だけ。私はちょっと散歩してきます」
  • 「ごめんね……玲子……。今の私にできることは本当のことを
話すだけ。黙って聞いて、お願いだから」
ただ頷くしかない私。
「実はね、あの人とメールをしてたの。メールは玲子に相談する
前に届いたんだ。最初は誰かわからなかったけど、手紙のことを
言われてすぐに誰かわかった。
それでね、玲子に相談したことを何故か知ってて、大人しく私の
モノになれば玲子には危害を加えないって言ってきたんだ。
そんなの呑むしかないじゃない。だって……私、玲子のこと……
前から、好きだったんだから」
私は彼女を守っている気になっていた。
でも、現実は逆だった。彼女は私を守る為に自分を犠牲にしよう
として……今に至る。
「ごめんね……勝手なことして」
「いいの。私こそ、ごめんね。もえのこと何も気付いてやれなく
て」
「うんん。
私、何も言わずにに玲子の前から去ろうとしてたんだけどね。や
っぱりそれは無理だったみたい。
未練がね、やっぱりあったから。玲子に相談したり、この場所を
玲子に教えたりしてしまったんだと思う。
それで……もし、玲子がここにいる私を見つけてくれたら、
二人は助かる。なんて、根拠のない希望を勝手に持っちゃってさ。
私……馬鹿だよね?」
全く、この子は。
「私はもともともえを助ける為に来たのよ?だから、助かるって
いう希望を持つのは当然でしょ?」
もえは下を向いて涙を流す。それは『ごめんなさい』の涙じゃな
く、『ありがとう』の涙だったのだ。
  • 「そろそろ5分経ちましたよ?もえさん、行きましょうか」
「は、はい」
震えながらも貴意の方に歩いて行くもえ。
「待って、貴意!」
もえが遠くに行ってしまう。ただ、それを止めたくて私は貴意に
話しかけた。
「なんですか?玲子さん」
とにかく、ここは言葉を紡がないと。
「貴方は他の子も誘拐してるんでしょ?その子達は、今どうして
るのっ!?」
「少し違いますね。誘拐しているのは私ではありません。誘拐し
て私のとこに売りに来る連中がいましてね。そいつらから私が金
を出して買ってるわけですよ。今のところ他の子達は私の屋敷に
いますよ。健気に働いてくれてます」
<<適当に話す。会話の中から貴意がネズミが苦手だと聞き出す

「もういいですか?私は一刻も早く屋敷でもえさんを楽しみたい
んですから」
  • 選択肢
①もう、我慢ならない!ここは高台だ、突進して貴意を突き落と
せば……。3-Bへ(バッドエンド)
②冷静になって。彼の弱点はネズミだ……。ネズミ、ネズミ……
3-Aへ