仕事 > IT > インフラ > ノウハウ > BIND


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

configure時にopensslのバージョンが古い警告を受けることがある。
私が目にしたものはopensslのバージョンに問題有り!のアスキーアートものだった。
警告されているように、CD,DVDに焼いたOSインストーラに同梱のopensslは古いものが多そうだ。

そのようなときはopensslの最新をソースからコンパイルしてインストールする。

BINDが参照するopensslもキチンとconfigureオプションに指定しておくことだ。

最新バージョンは本家英語サイトのメニューから"source"を選び、そこのtar.gzをダウンロードする。
注意すべきは日本語訳のサイトで、もはや時代後れの旧バージョンのtgzファイルしかない。御注意いただくよう。