世界


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概念

 こと概念に関して言えばこの世界と大差なく、人は空を飛べないし死んだものは生き返りません。物理法則はこの世界のまま、魔法などは無いものとして考えてください。
 ただし、この世界をファンタジーたらしめるものもあります。それが竜であり龍です。
 そしてこの世界を語る上で欠かせない”欠落者”です。
 この二つに関しては別項で語ります。



封建制度

 王や天子、皇帝などの下に多くの諸侯が土地を領有、つまり統治し、その諸侯がその土地の政治の全権を握っています。
 つまり諸侯とは領主、今で言うなら県知事みたいなモンです。まあ、州知事のほうが近いですが。
 領主の納める土地ごとに法や税制も違います。ただし、国の意向に反するようだと行政指導が入ります。血なまぐさい感じのが
 ちなみに、領主はその土地の警護の任も命じられているため、騎士や侍が拝命する事が多いです。貴族や華族は政治屋であって国の首都にしかいません。



科学

 発達していません。と書きましたがそんなわけ無いですよね。
 まだ科学が錬金術と呼ばれていた頃のレベルにあります。
 ガラスを作ったり、ろうそく作ったり、鋳造の技術もあります。
 後は紙もできつつありますが、印刷技術はまだ無いので手書きがメイン、つまり本は高価です。
 もう科学、って言うか文明ですよね、これ。後は何が必要かなぁ