種族


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

種族

 っていうほど細かくは分けません。大雑把に三つ『人間』『野生生物』『竜』の説明です。


人間

 まあ、自分たちですよね、これ。説明がいるのかしらん、といったものですがとりあえず。
 基本二足歩行で世界の大半が住処です。肌の色ーや目の色ー価値観だって色々ー。
 言語は大きく三つ西方『ウィントルング語』、北方『スフォル語』東方『神州語』後は派生語つまり方言と少数部族の使う言葉があります。スワヒリ的な?


野生生物

 人間、竜意外のものはここに分類。危険度が高いとモンスターって呼称になるけれど基本的にはこっちの世界と変わりません。


竜ならびに龍

 イメージとしてはヨーロピアンなヤツ。中華系な蛇型ではありません。
 竜と龍の違いは大きさと知能です。
 生まれてから200年過ぎるぐらいで大体成人男性の十倍になり、知能も比例して高くなり呼称が竜から龍へと変化します。
 うろこや目の色は竜ごとに異なりますが、ただ色が違うだけで同じ種類です。