※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インターネット上で知り合った女性に結婚詐欺を働いた容疑で、東京都葛飾区の無職木村裸地夫(29)が警視庁亀有署に逮捕された。
木村容疑者は数週間前にネットで知り合った大阪府在住の20代女性に「もう少しでラジオ番組制作事業が軌道に乗る。そうしたら結婚したいが、今資金が足りない」と、言葉巧みにせまり500万円を騙し取ったという。
その後、連絡を取っても音信不通。女性自ら葛飾区のアパートに足を運び、ようやく詐欺被害にあったことに気づいたとのこと。
亀有署の調べによると木村は複数の女性に「スカイプ婚」を持ちかけており、同時に度重なる性的嫌がらせを働いていた疑いもあり余罪の追及も進められている。
一方で、「おとなしい性格だった」という木村容疑者は、近隣住民とはほとんど交流がなかったようだ。捜査によると木村容疑者は定職についたことがなく、数年前からパチスロで生計を立てていたという。
木村容疑者の隣部屋の男性は「ここ1ヶ月は昼夜問わず壁越しに独り言や歌声が聞こえ、ノイローゼ気味なのかと不審に思っていた」とのことだ。

警視庁亀有署は24日、東京都葛飾区の無職木村裸地夫(28)を新たに別件詐欺の疑いで再逮捕した。
木村容疑者はネット上で知り合った大阪府在住の20代女性に結婚詐欺を働いたとして、今月21日に詐欺容疑で逮捕されていたが、
同署の調べによると木村容疑者は結婚詐欺とは別に北海道在住失業中の20代男性に「フィリピンの蟹養殖事業に投資すれば1年で2倍になる」などと、実態のない事業を名目に資金をだまし取った疑いが浮上し、同署は再逮捕に踏み切った。
「最近若者に人気の蟹ブームに乗れば間違いない」と投資を持ちかけられた被害者の男性は、今月中旬に妹から50万円の資金を工面してもらい、木村容疑者の口座に振り込んだという。
被害者の男性は趣味で蟹の研究をしていることもあり「自分の蟹好きにつけ込まれた面もあり軽卒だったが、妹に借りたお金を返すあてもなく、本当にくやしい」と落胆を隠せない様子だ。
また木村容疑者は8月下旬からインターネット上でラジオを頻繁に配信しており、この放送が詐欺被害者の獲得に使われていた疑いがある。