ひとつ上のプライス ひとつ下の快適


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ひとつうえのプライス ひとつしたのかいてき



正式には上下逆である「ひとつ上の快適 ひとつ下のプライス」
近鉄特急名阪アーバンライナーの宣伝に使われる。

が、東海霧葉責任者であるはぐりはるひさが2008年に大阪で行ったBBQオフの帰りに使用した
まる得きっぷ(金券屋で購入)がデラックスシート用だったのでDXの席を取ろうとしたら
何と11月という時期に満席という事態が発生。
(夢咲月葉が今まで何度かアーバンライナーを利用しているがDX満席になった事は一度も無い)

結局、DX余剰料金は戻ったものの普通車を利用せざるを得なくなった。


この事から「ひとつ上のプライス ひとつ下の快適」という迷言が生まれた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。