子供特約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

年齢条件は自分の車を運転する中で最も年齢の低い人を基準にしなければなりません。
 しかしごくたまにしか運転しない子供のために年齢条件を下げるのは、
 保険料ばかり高くなってあまりいい選択とはいえません。
 そこで、登場するのが子供特約です。

 これは親の自動車保険の年齢条件を下げることなく、
 子供特約の条件(全年齢、21歳以上、26歳以上)にあう
 子供(同居または別居の未婚の子)も運転してもいいよ、という特約です。

  例:親48歳、子供21歳。
  子供が免許を取ったので、自動車保険が30歳以上担保になっている車を運転できるようにする。
  通常   :年齢条件を21歳以上担保にする。
  子供特約:年齢条件はそのまま30歳以上担保で、21歳以上担保の子供特約をつける。

 普通に年齢条件を21歳以上担保にするよりも子供特約をつけたほうが
 安くなるのでオススメです。