自賠責保険


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正式名称は自動車損害賠償責任保険。

 原動機付自転車を含むほとんどすべての自動車は、
 自賠責保険に入っていなければ走ってはいけないことになっています。
 (自賠責保険をつけずに自動車および原動機付自転車を運転すると、
 1年以下の懲役または50万円以下の罰金、さらに交通違反減点6点、免許停止の処分を受けます)。

 また自動車税の納税と、自賠責保険への加入がなければ車検は通りません。

 そのため強制保険などとも呼ばれます。

 自賠責保険は被保険者が歩行者、同乗者、他の車の搭乗者などを死傷させ、
 法律上の賠償責任を負う場合に保険金が支払われます。
 (モノに対しては1円も出ません)。

 支払われる金額の限度は
 傷害が120万円、後遺障害が4000万円、死亡が3000万円となっています。
 補償額としてはぜんぜん足りないので、対人賠償保険に入ることになります。