損害保険契約者保護機構


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

保険会社が破綻した場合、
 保険契約の受け入れを行う救済会社に資金援助をしたりして、
 保険契約者を保護することを目的とする組織です。

 損害保険会社はすべて強制加入なので、保険会社が破綻しても
 契約者は基本的には守られることになります。

 保険会社が破綻した場合、自動車保険の契約は継続され、
 保険金の支払いや解約返戻金は90%が保護されます。

 なお破綻に備えるため、契約者側からできることは、
 ■積立型の保険や解約返戻金が多く発生する保険には入らない
 ■契約期間をできる限り短くする。
 ■保険料はできる限り分割回数を多くして払う
 などがあげられます。不安な方はこれらを実行すれば、破綻したときの影響は少なくてすみます