※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】佐倉ゲンキ
【出典】モンスターファーム~円盤石の秘密~
【種族】人間
【性別】男性
【声優】横山智佐
【年齢】小学生という設定だが詳しい年齢は不明(11~12歳ぐらい?)
【外見】
短いややボサボサの黒髪に半袖半ズボン、逆向きに被ったオレンジ色の帽子と同じ色のローラーブレードがトレードマーク。
このローラーブレードは普段は背負ったリュックサックに括りつけられており、主にワルモンとの戦闘時に装着する。
【性格】
その名の通りとにかく元気ハツラツで活発な小学生。常に仲間達の先頭に立って皆を引っ張っていく。
ゲーム「モンスターファーム」が大好きで、その腕前はゲーム大会で優勝する程。
その事もあってモンスターを深く愛しており、普通のモンスターをワルモン(悪いモンスター)へと変えてしまうムーに怒りと悔しさを覚える事も。
何があっても諦めようとしない不屈の精神をもっており、それはそのまま彼自身の底知れない『ガッツ』の元となっている。
スリルがある事が大好きで、口癖は「ハートバクバク、元気ガンガン!!」。
【口調】普通の男子小学生と変わらない。一人称は「俺」で、基本的に相手の名前を呼び捨てで呼ぶ。
【特殊能力】
モンスター以上に底知れない『ガッツ』(この世界の力の源。要は気合で、高まれば高まるほど強くなる)を持ち、
仲間たちとともにワルモンと互角どころか圧倒できるほどの戦闘能力を持っている。
しかも武器といえるのは足に履いたローラーブレードぐらいな物で、キックや頭突きなどの肉弾戦オンリーでこの強さなのだから恐れ入る。
なおガッツは他人に訳与える事も出来るようだ。(ナーガ戦ではモッチーを抱き抱えた状態で、二人のガッツを上乗せしたモッチ砲を発動した)
【備考】
元々は地球に暮らす普通の小学生だったが、モンスターファームの大会、『モンスター甲子園』での優勝賞品「モンスターファーム200X」をプレイしていたところ、
本当にモンスターと人間が共存するモンスターファームの世界へと召喚されてしまった。
その後、ムーとの決戦の終盤にて突如元の地球へと飛ばされてしまうが、謎の駄菓子屋にて発見したゲームをプレイする事により再びモンスターファームの世界へと辿り着いた。
最終的にはゲームを通じる事によって自由に二つの世界を行き来できるようになったらしい。(帰り方は全くの不明。モッチーが一人だけで地球に来る事も出来ていた)
【同作品の他キャラクター達との関係】
モッチー…最初に再生したモンスター。ゲンキの相棒としてもっとも心を通わせたパートナーとなる。
ホリィ、スエゾー、ハム…ムー打倒を目的として共に旅をする仲間たち。
ナーガ…ムーの配下、ワルモン四天王の一人であり、敵対していた。後に改心し、仲間として共にタッグマッチのモンスターバトルを行った。



以下、kskアニメキャラバトルロワイアルにおけるネタバレを含む


+ 開示する







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー