※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピエロのミセリコルディア ◆MADuPlCzP6



プレアデス星団 (Pleiades) ーーー和名・昴星
地球から400光年の距離にあり、肉眼でも輝く5~7個の星の集まりを見ることが出来る。
多くの核融合の速度が速いため寿命は比較的短いと予想されている。
比較的近距離にある散開星団であるため狭い範囲に小さな星が密集した特異な景観を呈しており、
このため昔から多くの記録に登場し、各民族で星座神話が作られてきた。
約6千万~1億歳と若い年齢の青白い高温の星の集団である。

ここにその星と響きを同じくする名を持つ少女がいた



騒がしい。
あいつや朝比奈さんの最後の居場所を知った衝撃から少し落ち着いた俺が思ったのはそんなことだった。

正直、頭痛がまったく治まらんので動きたくはなかったのだが、
何が起こってるのかわからんままでいるのが文字通り命取りになりそうな気がした俺は、騒ぎの元へと足を向けるのだった。

ロビーを抜けて騒ぎの発生源であったと思われる部屋にたどり着くと先ほどの焦ったような声は止み部屋は妙に静かになっていた。
突っ立っていても仕方がないので中の様子を覗いてみることにする。
これは戦場における状況把握は基本中の基本である故の行動であり、好奇心に起因するものではない。絶対にない。
件の部屋をのぞき込んですぐに俺は特大の後悔をすることになった。

あいつが、スバルがいやがる!

普段は冷静で温厚な人物を自負する俺だが、意外すぎる人物の登場に思わず一歩身を引いた。
よく考えてみれば意外でもなんでもないのかもしれん。
俺とスバルは元々一緒に行動をしていた、もとい、させられていたのだし、
ギュオーのおっさんを振り切ったあと偶然同じ方向に向かったとしても不自然じゃない。
あの真っ黒熱血漢がいないのはやっぱりあの時ギュオーのおっさんにやられちまったみたいだな。
偉そうなことを言ってた割にあっけないもんだな。ざまあみろ。
さらに言えばスバルのヤツは俺を追ってきた可能性だっておおいにありえる。
追ってきた。なら俺がここでスバルと鉢合わせするのは非常にまずい。
ヤツはこの島に来てからの俺の悪行を知っている。
それを冬月さんたちにバラされたらまた俺は動きづらくなっちまう。
記憶喪失の演技もあいつがいたらどこでボロを出すかわからん。

幸い、まだ誰も俺の存在に気づいていないようだ。こっちに意識が来ないうちに逃げちまおう。
ガイバーが使えない状態で一人になるのは避けたいが贅沢を言ってる場合ではない。
そう思い体をターンさせかけて気づく。あいつ、めちゃくちゃ顔色悪くないか?
よく見れば体に掛けられた上着の隙間から血のようなものも見える気がする。

そのまま逃げてしまえばいいものを、どうしても気になった俺は改めて部屋の中の様子を伺ってみる。
逃げるのはどんな状態かだけ盗み聞きしてからでもいいだろう。
こっちに気づいてないんだから少しぐらい時間をかけたって結果はかわらんはずだ。
そう自分に言い訳して俺は室内でぼそぼそ聞こえる声に耳をそばだてた。

冬月さんとやらの押し殺した声が聞こえる。

「彼女のことは残念だが…本当によくがんばってくれたよ」

「我々にできることはもうすべてやりつくした。あとはただ…祈ろう」

なんだこれは?どこのモルヒネが必要な戦争映画の悲劇シーンだ?
残念?ただ祈ろう?いったい何を言ってるんだ?
あいつは、スバルは助からないって言うのか?

呆然と動きを止めたキョンの目の前で部屋の中の出来事が進行していく。



トトロがスバルの前にかがむ。そばにはライガーやフリードも控えていた。
じっと土気色のままのスバルの顔を見る。
森に生きる生物の生き死にをずっと見てきたトトロにはよくわかった。
スバルが今、死と闘っていることが。
傷は癒えても体力までは急に戻らない。不可思議な力を使って再生を早めても生物の根本は変わらないのだ。
この状態に打ち勝つことができた生き物だけが命をつなぐことができる。
そして、それはこの島でも変わらない。
トトロの大きな手が優しくスバルの頭を撫でる。がんばれと励ますように、慈しむように。
青い狼はぺろりとスバルの腕をなめた。これが彼らの流儀。生と死の狭間にいる仲間への励まし方。
フリードはひとつだけ「キュクルー」と悲しげに鳴いた。

そしてトトロはのそりと部屋を出て行く。
トトロはわかっているのだ、生と死の間にいる生物に対して自分にできることはないと。


扉の陰でトトロとすれ違ったことでキョンの思考は再び動き出す。

なんだよ。動物なり別れの儀式ってやつか?野生のカンとやらでももうあいつは助からないって判断されたわけかよ。
なぁスバルさんよ。なんでこんな無茶したんだよ?こんなボロボロになってもう死にそうで。
ザクに乗ってガンダムに特攻した我らが英雄でもここまでじゃないぞ?

あぁ、俺のせいか。俺が先に逃げたからギュオーのおっさんにやられたんだな。
俺のせい…なら、俺が責任とってあいつを楽にさせてやらなきゃならんよな。

俺は平々凡々、正真正銘の一般人だ。
宇宙人でも未来人でも超能力者でも、ましてや異世界人でもない。
どこにでもいる極普通の男子高校生だ。
死にかけの人間にしてやれることの一つも持ち合わせちゃいないただの人間だ。
ここに来るまでは

俺はここに来て力を手に入れた。
その力さえあればあいつに俺がしてやれることが一つだけある。
今力がいるんだ。あいつを苦しみから救ってやる力が。
だから、頼むぜ

「ガイバァーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」



その部屋の中にいた人間の中に満ちていたのは
リインの死への悲しみ
スバルの命への期待
治療が一段落済んだことへの安堵
緊張から解放された反動による体と心の弛緩

誰も彼もが警戒を怠っていた
まさか、奇妙な叫びと共に異形の鎧が突っ込んでくるなんて。

迫る異形、だが魔力を使い切り鈍くなった体は反応が遅れる。
迫る異形、だが老い衰えた体にはなす術がない。
迫る異形、だがケロン軍兵士の反射神経を持ってしてもわずかに間に合わない距離にいた。
迫る異形、だが優しい森の主は今しがたその身を退場させたばかり。


誰も、音もしないほどの速度でスバルを襲う凶刃に抗うことができない。


0号ガイバーはスバルへと迫りながら自分の為そうとする行為を頭の中で反復する。
寝ているスバルのいる所まで走りながら右腕に力を込める。
振り下ろすのはスバルの心臓のあるあたり。
苦しめないように殺してやるんだ。一撃で死ぬようにしなくちゃならん。
悲鳴のようなものが聞こえるような気がする。
だが俺はそれに気づかないふりをして振りかぶった右手を打ちおろした。
「うおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっっ!」
拳が体にあたる所は見れなかった。代わりに顔を覚えておこうとスバルの頭の方を見る。
眠っているだろうと思ったスバルは目を、開けていた。

「キョン…く………」

弱々しく呟かれる俺の名前。
それがこの部屋で俺の耳に聞こえた最後の声だった。

逃げる、逃げる、逃げる。
すっかり太陽の残滓の消えた地面を殺人者が逃げる。
聞こえるのは彼が地面を蹴る音と、うわごとのように呟かれる彼の声。
振り向かず、振り向けず、真っ暗な建物の影から尋常ではない速度で離れていく。
逃げる。
たった今一人の少女の命を奪った怪物が逃げる。
自分が罪を犯した場所から、今まで自分のやってきたことから、自分を助けようとした少女から。
逃げて、逃げて、逃げて、彼はどこまで逃げていくのだろう?

哀れな逃走者の後ろ姿を、トトロだけが見ていた。
森の主は悲しそうな眼で遠ざかっていく影を、ただ見ていた。
人の深い業を目の当たりにした獣はその心に何を思ったのか。
それは彼の者にしかわからない。

【G-2 温泉の外/一日目・夜】
【名前】キョン@涼宮ハルヒの憂鬱
【状態】ダメージ(中)、疲労(中)
【持ち物】デイパック(支給品一式入り)
【思考】
1:手段を選ばず優勝を目指す。参加者にはなるべく早く死んでもらおう。
2:スバル…すまん。
3:採掘場に行ってみる?
4:ナーガが発見した殺人者と接触する。
5:ハルヒの死体がどうなったか気になる。
6:妹やハルヒ達の記憶は長門に消してもらう。
※ゲームが終わったら長門が全部元通りにすると思っていますが、考え直すかもしれません。
※ハルヒは死んでも消えておらず、だから殺し合いが続いていると思っています。
※みくると妹の死に責任を感じて無意識のうちに殺し合いを否定しています。
 殺す事を躊躇っている間はガイバーを呼び出せません。
※スバルの声は、精神的に不安定な状態にあったため聞き逃しました。
※今回「スバルを救う(歪んだ方向に)」という感情から一時的にガイバーの殖装が復活しました。以降どうなるかは分かりません。
※キョンがどちらへ向かうかは次の書き手さんにお任せします


【トトロ@となりのトトロ】
【状態】腹部に小ダメージ
【持ち物】ディパック(支給品一式)、スイカ×5@新世紀エヴァンゲリオン
     ピクシー(疲労・大)@モンスターファーム~円盤石の秘密~、ライガー@モンスターファーム~円盤石の秘密~
     円盤石(1/3)+αセット@モンスターファーム~円盤石の秘密~、デイバッグにはいった大量の水
【思考】
1.自然の破壊に深い悲しみ
2.誰にも傷ついてほしくない
3.????????????????
【備考】
※ケリュケイオンは古泉の手紙を読みました。
※大量の水がデイバッグに注ぎ込まれました。中の荷物がどうなったかは想像に任せます



少し時間をさかのぼってみたい。
ガイバー0の拳がスバルに迫ったときただ一人だけその事態に対応できた人物がいた。
いや、人物というのは適当ではない。
なぜなら彼女は機械の固まりなのだから。

その名はマッハキャリバー。
スバルの相棒である。

キョンがスバルを襲ったときに聞こえないふりをした悲鳴。
それは悲鳴などではなく防御魔法の詠唱であった。

『Protection!』
殺意の拳がスバルの胸に届くまでコンマ数秒前、マッハキャリバーは魔力の盾の生成に成功した。
しかし降臨者の技術によって殖装された地球最高の力を持つ拳がスバルの体を食いちぎらんと轟音をあげる。
腕力、推進力、速度、人体を破壊するのに最も適した攻撃がミッドチルダの技術の粋を集めて編み上げられた円状のシールドに衝突する!
建物を揺るがすような衝撃音。
刹那、両者は拮抗したかのように見えたが、防御魔法はガイバーの力に耐え切ることができなかった。
強度を失い、まるでガラス細工のように砕けていく防御壁をガイバーの腕が貫いて進む。
しかしその着地地点には、スバルの胸にはなのはのかけたマッハキャリバーがあった。
強殖装甲の拳と接触し、青い意匠の首飾りはミシリと軋みをあげる。

音速の名を持つ魔導の器、その体は拳に耐え勝った。

近接戦闘に特化したデバイスとはいえ、本体の強度は防御魔法などより数段劣るもののはずである。
彼女がガイバーの一撃に勝ち得たのは先に防御魔法が勢いを削いだためか、それとも相棒を守りたいという思いが奇跡を呼んだか。
いずれにせよ接触部位から視線を外していたキョンは攻撃の戦果を確認せぬまま逃げ去った。
彼女は主であり相棒であるスバルを守りきったのだ。

「スバル!」
なのはが色の白い顔をさらに蒼白に染めてスバルに掛けられた上着を引きはがす。
そこにあるのは鍛えられた体と小さなヒビの入ったマッハキャリバー。
「脈も、呼吸も正常だよ。彼女は無事だ」
「マッハキャリバー殿が、スバル殿を守ってくれたでありますな…」
冬月の声を聞いたケロロは力が抜けたようにへたり込んだままそう言った。

張りつめた空気が少しだけ柔らかくなる

しかしガイバーの重い拳を引き受けた代償は大きかった。
『相…ぼ…、守れ…て…良か…た……』
スバルの生体反応に乱れがないことを確認し、一言つぶやいた彼女はそれきりすべての機能を停止させた。
それまで形を保っていたのが嘘のように、ヒビが全体に広がり、マッハキャリバーは砕け散った。

「マッハ…キャリバー……」
誰が言ったのかわからない呟きがぽつりと部屋の中に落ちる。

トトロの壊した垣根の向こう、祝福の風と音速の具足が空を駆けていくのが見えた気がした。



【G-2 温泉内部・脱衣所/一日目・夜】
【冬月コウゾウ@新世紀エヴァンゲリオン】
【状態】元の老人の姿、疲労(中)、ダメージ(大)、腹部に刺し傷(傷は一応塞がっている)、落胆
【服装】短袖短パン風の姿
【持ち物】基本セット(名簿紛失)、ディパック、コマ@となりのトトロ、白い厚手のカーテン、ハサミ
     スタンガン&催涙スプレー@現実、ジェロニモのナイフ@キン肉マン
     SOS団創作DVD@涼宮ハルヒの憂鬱、ノートパソコン、夢成長促進銃@ケロロ軍曹、
【思考】
0、キョンくんのことにもっと気を配っていれば……。
1、ゲームを止め、草壁達を打ち倒す。
2、仲間たちの助力になるべく、生き抜く。
3、夏子、ドロロ、タママを探し、導く。
4、タママとケロロとなのはを信頼。
5、首輪を解除する方法を模索する。
6、後でDVDも確認しておかねば。
※現状況を補完後の世界だと考えていましたが、小砂やタママのこともあり矛盾を感じています
※「深町晶」「ズーマ」を危険人物だと認識しました。ただしズーマの本名は知りません。
※「ギュオー」「ゼロス」を危険人物と認識しました。
※マッハキャリバーから、タママと加持の顛末についてある程度聞きました。
※夢については、断片的に覚えています。
※古泉がキョンとハルヒに宛てた手紙の内容を把握しました。
※スバルとキョンが同じ方角から来たことから、一度接触している可能性もあると考えています。
※キョンの記憶喪失については、一応嘘の可能性を考慮していますが、極力信じたいと思っています。

【ケロロ軍曹@ケロロ軍曹】
【状態】疲労(中)、ダメージ(大)、身体全体に火傷、落胆
【持ち物】ジェロニモのナイフ@キン肉マン
【思考】
1、キョン殿のことは残念でありますが、スバル殿が無事で良かったであります。
2、なのはとヴィヴィオを無事に再開させたい。
3、タママやドロロと合流したい。
4、加持となのはに対し強い信頼と感謝。何かあったら絶対に助けたい。
5、冬樹とメイと加持の仇は、必ず探しだして償わせる。
6、協力者を探す。
7、ゲームに乗った者、企画した者には容赦しない。
8、掲示板に暗号を書き込んでドロロ達と合流?
9、後でDVDも確認したい。
※漫画等の知識に制限がかかっています。自分の見たことのある作品の知識は曖昧になっているようです。



【高町なのは@魔法少女リリカルなのはStrikerS】
【状態】9歳の容姿、疲労(小)、魔力消費(特大)、失意
【装備】レイジングハート・エクセリオン(修復率70%)@魔法少女リリカルなのはStrikerS
【服装】浴衣+羽織(子供用・下着なし)
【持ち物】ハンティングナイフ@現実、女性用下着上下、浴衣(大人用)、
     リインフォースⅡの白銀の剣十字
【思考】
0、もう迷わない。必ずこのゲームを止めてみせる!
1、スバルが無事で良かった…リインフォース……
2、冬月、ケロロと行動する。
3、一人の大人として、ゲームを止めるために動く。
4、ヴィヴィオ、朝倉、キョンの妹(名前は知らない)、タママ、ドロロたちを探す。
5、掲示板に暗号を書き込んでヴィヴィオ達と合流?
※「ズーマ」「深町晶」を危険人物と認識しました。ただしズーマの本名は知りません。
※「ギュオー」「ゼロス」を危険人物と認識しました。
※マッハキャリバーから、タママと加持の顛末についてある程度聞きました。
※夢成長促進銃を使用し、9歳まで若返りました。
※リインからキョンが殺し合いに乗っていることとこれまでの顛末を聞きました。

【スバル・ナカジマ@魔法少女リリカルなのはStrikerS】
【状態】ダメージ(回復中)、疲労(中)、魔力消費(大)、気絶、覚悟完了
【装備】 メリケンサック@キン肉マン、
【持ち物】支給品一式×2、 砂漠アイテムセットA(砂漠マント)@砂ぼうず、ガルルの遺文、スリングショットの弾×6、
     ナーガの円盤石、ナーガの首輪、SDカード@現実、カードリーダー
     大キナ物カラ小サナ物マデ銃(残り7回)@ケロロ軍曹、

【思考】
0:………………。
1:キョンが殺し合いに戻るようなら絶対に止める。
2:なのはと共に機動六課を再編する。
3:何があっても、理想を貫く。
4:人殺しはしない。ヴィヴィオと合流する。
5:I-4のリングでウォーズマンと合流したあとは人を探しつつ北の市街地のホテルへ向かう (ケロン人優先)。
6:オメガマンやレストランにいたであろう危険人物(雨蜘蛛)を止めたい。
7:中トトロを長門有希から取り戻す。
8:ノーヴェのことも気がかり。
9:パソコンを見つけたらSDカードの中身とネットを調べてみる。
※大キナ物カラ小サナ物マデ銃で巨大化したとしても魔力の総量は変化しない様です(威力は上がるが消耗は激しい)


※フリードリヒ@魔法少女リリカルなのはStrikerS、ケリュケイオン@魔法少女リリカルなのはStrikerS
 がトトロについていったか部屋に残ったかは後続の書き手さんにお任せします
※マッハキャリバー本体は砕け散りました。中に収納されていたリボルバーナックル左右がそれぞれどうなったかは
 後続の書き手さんにお任せします



時系列順で読む


投下順で読む


祝福の風 I reinforce you with my power. スバル・ナカジマ 寸善尺魔~善と悪の狭間、あるいは慮外にて~
高町なのは
冬月コウゾウ
ケロロ軍曹
トトロ 鎧袖一触~鎧の端の心に触れろ~
揺るぎない力と意志貫くように(後編) キョン






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー