※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

舞台


 大正時代の日本。ただし、神という存在、魔力という存在、霊的なものが広く認知されているパラレルワールド。鉄・魔導ともに発展し、強い影響力を持っています(アトラスゲーム、葛葉ライドウなんかが本作の舞台・大正日本と近い雰囲気です)。今回の騒動は飽くまで日本国内での内戦であり、他国が干渉してくる描写はありません。

<人と神の関係>
 この世界の人々にとって、神の存在は身近です。俺らにとっての政治家や官僚のように、
手の届かない雲の上のような存在ではありますが、「確として存在を認識しうる」ものでは
あるということです。

 昔の外国人たちがなにか「異質な」存在として扱われていたのと同じように、神もまた
そんな感じで捉えられています。天津と国津については知名度・信仰・実力どれも
天津>>>>>(越えられない壁)>>>>>国津です。

 神様は霞を食って生きているわけではなくて、人々からの信仰によって生きています。
なので、信仰してもらわないと色々大変です。天津神は大体人気もあり、月々安定収入と
いった感じなので人々から信仰を得られるように善い・悪い(ズルイ)思惑で奇跡を起こし
たりなんだりしています。国津は過去の戦での敗北と天津のアジテーションによって総じて
人気もなく、人の目のつかぬところで細々と生きています。嫌われてるものが、アンチの
すくつにいったら余計信仰を失うので、どうにもならんのです。


 大正桜に浪漫の嵐! ……みたいな展開もあるかもです。




背景

大政奉還はなかった、というかそもそも実権は朝廷が持っていて
院政のような政治をしていたという背景設定なので幕府は自然に潰れた様子
天津のお偉いさん同士が勝手に喧嘩して潰れたとか、そんなん

廃藩置県や廃刀令も普通に起こって、
基本的に史実の大正と似たような歴史を辿っています


福島

大正時代でも、すでに都市部には明治の頃から水道は設置されていた。
しかし、辰巳の住んでる村は電気も通ってないし水道もないようなド田舎設定
夜はランプかカンテラで照らし、水は井戸から汲んでるというような感じ


















.