※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • お題「國還しだよ、全員集合」



辰巳「さて、全員で会話ということだが何を話せばいいんだろう?」
咲耶「難しい問題ですね。私、世間の話題にはどうも疎くて」
寂零「確かに突然言われても困るのう。門子、何か話題はないか?」
門子「え? あ、あたしですか? えーと、えーと……」
寂零「無理に考えんでもよい。頭から煙が出ておるぞ」
門子「うぅ、寂零様、申し訳ありません」
古和泉「では、提案を。今年のプロ野球について少々語ってみませんか?」
辰巳「唐突だな古和泉」
古和泉「ネタがないから別にいいじゃありませんか」
咲耶「ゲーム本編とは見事なまでに何の関係もありませんね……」
辰巳「ちなみに俺は阪神ファンだな。一応先祖が関西出身だし」
神戸「おっと、俺も阪神ファンやで~!」
辰巳「うわ!? どっから出てきた!?」
神戸「そんな邪険にせんでもええやんか。仲良くしようや坊主」
辰巳「そもそも、何者なんだあんた?」
神戸「俺? 一応天津で元老やっとるよ」
古和泉「元老といえば、枢密院所属の幹部じゃないですか。大物ですね」
寂零「天津の幹部じゃと!? 貴様、敵か!」
門子「寂零様、ここはあたしにお任せください! すぐに殲滅を……」
神戸「いやいやいや、君らちょっと待ってや」
辰巳「なんだ?」
神戸「別に俺は喧嘩しに来たんやあらへんよ」
咲耶「そうなんですか? それなら、どうしてこんな場所へ?」
神戸「だって、阪神って聞いたらいても立ってもおられへんようになって……」
辰巳「ずいぶん軽い人だな。本当に天津のお偉いさんなのか?」
神戸「ほんまやで~」
古和泉「まぁ、本編に関係ないSSですしね。いいんじゃないですか?」
咲耶「寂零様、どうしましょう? 私にはなんとも……」
門子「天津なんてぶっ殺してしまえばいいのに! ですよね寂零様?」
寂零「ふーむ……」
辰巳「せめてSS中くらいは普通に話してもいいと思うけどなぁ」
門子「あんたには聞いてないわよ! 痴れ犬は黙ってなさい!」
辰巳「はいはい」
門子「その態度はなによ!? はいは1回!」
辰巳「あぁ、はいはい」
門子「寂零様ぁ……! 痴れ犬がいじめるぅ……」
寂零「お主ら、仲がいいのう」
門子「べ、別にこんなのと仲なんてよくないですよ!?」
メアリ「お父様、これがツンデレというものでしょうか」
シムハ「うむ。その通りである。メアリよ、よく覚えておくがいい」
メアリ「把握いたしました。それでは、辰巳様」
辰巳「どうした?」
メアリ「メアリは、辰巳様が嫌いです」
辰巳「……え?」
メアリ「で、でも、本当は貴方のことが好きなんだからね」
辰巳「棒読みで言われても」
メアリ「だめですか? ツンデレに失敗してしまいました」
辰巳「今のツンデレだったのか」
古和泉「斬新なツンデレですね」
神戸「なぁ、阪神の話題はどうなったん……?」
加藤「俺は阪神が低迷している全ての元凶は、フロントにあると思っている」
辰巳「うわ、また新しいのが出た!?」
加藤「度重なるスカウトの失態は、身内に甘いフロントの体質にあるのだ!」
エリザ「この男の名は加藤。神戸と同じく元老に所属している」
辰巳「なるほど。ところで、エリザさんいたんだ」
エリザ「お前は失礼なやつだな。最初からいたぞ」
咲耶「でも、一言も喋ってませんでしたよね?」
エリザ「無駄なお喋りが嫌いなだけだよ」
メアリ「お父様。彼女のこの態度もツンデレなのですか?」
シムハ「これは高度なツンデレであるな。初心者には難しいぞ」
メアリ「なるほど」
門子「寂零様、また天津が来ましたよ! もう殺っちゃいましょうよ!」
辰巳「落ち着け、門子。物騒なことを言うな」
門子「うっさい痴れ犬!」
辰巳「はいはい、ごめんごめん」
門子「う~ッ!」
古和泉「門子さんが涙目で威嚇してますね。まるで小動物のようです」
咲耶「あ、門子ちゃんちょっとかわいいかも」
スサノオ「ところで俺は阪神の助っ人だとブラゼルが好きだぜ。姉上は?」
上天君「妾はラインバックじゃの」
スサノオ「姉上、それは古すぎる。誰も知らんと思うぞ」
寂零「き、貴様は上天君! ここで会ったが100年目じゃ!!」
上天君「ほほ……。蛮人が吼えよるわ。威勢だけはいいのう」
寂零「もう勘弁ならん! 門子、儂の具足を持てい!!」
門子「お任せあれ!」
玄竜「アタシはフィルダーがいいねぇ」
エリザ「彼女は綿津見玄竜。例によって元老の一員だ」
古和泉「エリザさん、解説キャラが板に付いてますね」
加藤「フィルダーだと? バースの世代か。ふん、お前も大概古いな」
神戸「姉さん、割と懐古主義なんやね」
玄竜「あんたら、アタシを遠回しに年増扱いしてないかい……?」
やる夫「やる夫はグリーンウェルがいいと思うお!」
やらない夫「なんでだよ。神の声でも聞こえたのか。ありえないだろ常考」
メアリ「次々と新しい人が出てきますね。お父様、これもツンデレですか?」
シムハ「その通りだ。世のあらゆるものはツンデレである」
メアリ「奥が深い」
咲耶「あ、そろそろ洗濯物干さなきゃ」
辰巳「咲耶さんはマイペースだなぁ」
咲耶「そうだ、辰巳さん。今夜何か食べたいものはありますか?」
辰巳「秋刀魚……?」
咲耶「そろそろ季節ですからね。分かりました」
古和泉「カーブを投げる時は『マッガーレ』と心の中で願うとよく曲がります」
神戸「マジで!?」
古和泉「本気と書いてマジです」
エリザ「……マッガーレ」
古和泉「おや、エリザさん。あなた今……?」
エリザ「な! 何も言ってない!」
メアリ「マッガーレ! マッガーレ!」

辰巳「誰か収集つけてくれよ……」






















.