第1章 運動方程式


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まずは、力学系の運動を決めるための基礎となる運動方程式を導出する。位置・速度を初期条件として与えることで、自然の運動法則を定式化することができる。最小作用の原理から始める本書の論法は世界中の多くの物理学徒に感動を与え続けてきた。