オーディン攻略


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

vs Odin 戦ってみて...


敵の技
オヴニル:範囲200~300ダメージ+防御力ダウン
Ofnir:Area damages(about200~300)+Weakens Defense

ヴァルファズル:範囲静寂+呪い
Valfodr:Area Silence+Curse

ガグンラーズ:範囲200~300ダメージ(蝉複数枚消費)+テラー
Gagnrath:Area damages(about300~400)+Terror (we can evade that for Utsusemi.)

サンゲタル:範囲強化全て消去(食事も含む)
Sanngetall:Area Enhancing Magic(foods) etc all delete

ゲイルレズ:範囲10000ダメージ(人数割り)+バインド 75% 50% 25%で使ってくる。
Geirrothr:Area damages(10000point that looks like 1000 Needles)+Bind

ユッグ:範囲キラー効果
Yggr:Area Killer

斬鉄剣:範囲デス(ヒーリングすることで300程度のダメージに軽減可能) 発動時間はログが流れ始めてから8秒
Zantetsuken:Area Death(Healing>>>300 damages)

使用魔法
ドレッドスパイク スリプガII ブライガ バインガ ブレクガ ブリザガIII ブリザガIV

編成 Members&Jobs

最低限の構成
Aアライアンス
ナナ白赤吟
前前前(数人サポシ)白赤吟

Bアライアンス
狩狩狩シ白吟

Cアライアンス
赤赤赤+フォロー役でナor赤

戦術 Strategy

持ち物
前衛: イカロス 食事x10 昏睡薬 オポオポネックレス 毒薬 聖水 やまびこ薬 目薬

後衛: バイル バイル+1 食事 毒薬 やまびこ薬 ジュース


前衛PTのアタッカーはとりあえず殴りましょう。
ボスのHPを1割削る毎に強化を消してくるので食事をすぐにとりましょう。

サポシアタッカーは基本的に不意玉WSをうってください。ナイトを中心にターゲットを集めようとおもっていますが、蝉回しで十分通用する相手だと考えていますので、アタッカーにいれても問題はありません。

75%50%25%時に発動するゲイルレズは全員で食らいます。(←Cアラおよび戦乙女キープ役はゲイルレズ食らわない事)

前衛PTの後衛は敵のWSの効果をしっかり把握してください。そして素早く対応してください。
1割削る毎に強化を消してきます。白赤はヘイストを前衛にかけましょう。(プロシェルはMP余裕あるときでいいです。理由は範囲巻き添えが危険だから。)
75%50%25%になるとゲイルレズを使ってきます。このときはダメージを分散させるために後衛もくらうようにしてください。範囲は他のWSよりは広いです。ディスコイドのようなものなので接近アタッカーだけでくらうと危険です。近すぎず離れすぎない場所で固まってください。

毒薬飲むタイミングは「ドレッドスパイク」を確認してからHP1割減るまでの間が正確な目安になります。

ソウルボイス使うタイミングは、ヒーラーのMPが4割切った辺りから使うことお勧めします。後今回から、吟はサポ黒は二人にしぼります。(理由は吟全員がサポ黒にする必要性が無いから。)

戦乙女が出現したら即担当の戦乙女を釣ってください。そのあとにタゲを分担してください。というのも戦乙女の攻撃力は非常に高いのですぐに抜かないと接近アタッカーが即死します。
移動速度は非常に速いのでパウダーブーツやエルメスパウダーを持つことをお勧めします。←(ここ死活問題なのですごい重要)
グラバインドは入りませんがスロパラブラインは入るようです。

 ボスのHPが2割を切ったら残り1割で来る斬鉄剣対策で、近接アタッカーはHP調整しもってから削ってください。一気に削ることが一番危険です。ギリギリからのタゲ持ちが誰かという判断も必要になるのも理由の一つです。個人の目方で残り10%切りそうでしたらタゲ持って無い近接アタッカーも撤退することをお勧めします。(特に斬鉄剣対策で行うヒーリング追いつかない方)後、毒薬も近接アタッカーはここから無しでお願いします。

 斬鉄剣後はユッグというWSによりとにかくひるみまくりますが気にせず殴っていきましょう。アビ遠隔WS時はひるまないらしいです。とにかく【全力で攻撃だ!】で押し切る感じでお願いします。