※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

重要なプラグイン

HTML入力

#html2(){{
ここにHTMLを記述
}}

※ 波型括弧は二つづつ記述します。
※ 表示する内容に {} が含まれていると動作しないからです。( 常に指定すれば失敗しない )

但し以下のような記述では、イベントが削除されます
#html2(){{
<INPUT type=button value="SCRIPT" onClick='alert("メッセージボックス");'>
}}

よって、以下のような代替方法があります

代替方法(1)  ※以下のリンクをクリックして下さい

{SCRIPT}
#html2(){{
<A href='javascript:alert("%5Cu30e1%5Cu30c3%5Cu30bb%5Cu30fc%5Cu30b8%5Cu30dc%5Cu30c3%5Cu30af%5Cu30b9")'>{SCRIPT}</A>
}}
alert 内の文字列は、UTF-8 の日本語を unicode に変換してさらに urlencode したものです。
テキスト変換サービス
unicode 変換した後、変換文字列を入力エリアへ転送して、utf-8 urlencode して下さい


代替方法(2)  ※以下のボタンをクリックして下さい

以下のようなコードを utf-8 で作成して、.js ファイルとしてページにアップロード
str='';
str+=" <INPUT type=button value=\"SCRIPT\" onClick='alert(\"メッセージボックス\");'> ";
str+="";
document.write(str);
編集ページの一番下にあるリンクを取得して、以下のように記述する
#include_js(http://www39.atwiki.jp/lightbox?cmd=upload&act=open&pageid=18&file=html_js.js)