※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「LTU」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

LTU」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *LTU "Lunatic Tag Units"タイトル
 ----
 **概要
 3人タッグのユニットによる[[無差別級]]王座。なお、ごく初期は「ルナティック・トリオ・ユニット」と
 呼ばれたが、これは後述する制定時の混乱によるもので、正式名称は上記の通り。 
 第12回大会に暫定設定され、後に正規タイトルへと昇格。
 『ユニットの連携力』と『巧みな試合展開』の最大評価として存在するタイトル。
 
 登録上[[無差別級]]となっているが
 このタイトルのみ[[U3級]]選手が混ざったユニット、
 [[U3級]]のみで構成されたユニットでも参戦可能であり、
 便宜上[[無差別級]]になっているだけのオープンタイトルである。
 
 王者への挑戦には以下の条件が必要 
 +&bold(){実績・知名度・ファン推薦が十分である} 
 +&bold(){本部長・GMによる認定カード編成される }
 そして他タイトルと異なり主に
 &bold(){王者・挑戦表明者との双方合意でマッチング成立する}事が多いタイトルである。
 実際に、設立から現在に至るまで、LTUの正式なコンテンダーマッチは一度も行われていない。
 
 特に各組織・軍団抗争の決着の場として使われる事が多く
 [[LTW]]よりもブック影響力の強いタイトルとなっている。
 ----
 **変遷
 ***暫定王者…霊夢&萃香&アリス(博麗神社)
 -ことの起こりは、[[プリズムリバー三姉妹>虹川姉妹]]が東プロマットデビューとなった試合を、''勝手に''このタイトルのタイトルマッチとして放送用原稿に忍び込ませたことから始まった。元々音響スタッフだった3人ならではのちょっとした悪戯だったが、これが大会本番までなぜか誰にも気付かれず、リングアナをしていた小町もこれをそのまま読んでしまったため、後で撤回することも出来ず、[[四季映姫本部長>山田]]の現場での判断で新タイトルとして事後承認する、という異例の運びとなった。
 -こうして、第12回大会にて行われた暫定王者決定戦は、これが東プロマットデビューとなった[[ルナサ]]&[[メルラン]]&[[リリカ]]のプリズムリバー三姉妹と、[[正規軍]]改め[[博麗神社]]の[[霊夢]]、[[アリス]]、[[萃香]]の3人。最も、東プロのエース、[[霊夢]]を擁する[[博麗神社]]に初マットの[[虹川姉妹]]が敵うべくもなく、これを難なく下して[[博麗神社]]が暫定王者となる。しかし、本部長[[四季映姫・ヤマザナドゥ>映姫]]は、やはり格下相手ではベルトの価値がないと裁定。また、そもそもベルトがまだ未完成なことも明かし、後日、ベルトが完成してから、もっと強力なユニットと戦い、勝利することで正式な王者と認めると宣言し、[[博麗神社]]もそれを認めた。
 -しかし、ベルトが完成して迎えた第13回大会の王者決定戦の相手として現れたのは、[[早苗]]&[[神奈子]]&[[諏訪子]]の[[守矢神社]]。他の大物ユニットが、日程の都合上マッチメイクできなかったための苦肉の策であったのだが、[[早苗]]が[[萃香]]をまさかのピンフォール。観客の「萃香乙」の叫びの中、[[博麗神社]]はベルトを巻く前に王座から陥落してしまった。
 #center{|大会|試合|内容|勝者|試合時間・フィニッシュ|敗者|備考|
 |第12回|第2試合|&bold(){暫定王者決定戦}|[[霊夢]]&[[萃香]]&[[アリス]]([[博麗神社]])|23:24 [[霊夢]]>[[リリカ]] 妖怪バスター|[[ルナサ]]&[[メルラン]]&[[リリカ]]([[虹川楽団]])|[[博麗神社]]が暫定王者戴冠|
 |第13回|第4試合|&bold(){初代王者決定戦}|[[諏訪子]]&[[神奈子]]&[[早苗]]([[守矢神社]])|18:43 [[早苗]]>[[萃香]] 神の風|&bold(){[[霊夢]]&[[萃香]]&[[アリス]]([[博麗神社]])}|[[博麗神社]]が防衛失敗→[[守矢神社]]が初代王者戴冠|
 }
 
 ***初代…早苗&神奈子&諏訪子(守矢の神社)防衛5回
--前述の通り、[[博麗神社]]を破って初代LTU王者となった[[守矢神社]]は、続く第14回大会で[[ルナサ]]&[[メルラン]]&[[リリカ]]のプリズムリバー三姉妹を退けて防衛に成功すると、続く第15回大会では、下馬評での圧倒的不利を覆し、[[紫]]&[[藍]]&[[橙]]の[[八雲一家]]を破って完全に波に乗る。
+-前述の通り、[[博麗神社]]を破って初代LTU王者となった[[守矢神社]]だったが、その時点ではベルトの価値がかなり低かったために、王者の査定も兼ねたタイトル戦がしばらく続くことになった。
+-しかし、続く第14回大会で[[ルナサ]]&[[メルラン]]&[[リリカ]]のプリズムリバー三姉妹を退けて防衛に成功すると、続く第15回大会では、下馬評での圧倒的不利を覆し、[[紫]]&[[藍]]&[[橙]]の[[八雲一家]]を破って完全に波に乗る。
 -以降、第16回大会で[[チルノ]]&[[レティ]]&[[ルーミア]]組、第18回大会で[[輝夜]]&[[鈴仙]]&[[てゐ]]の[[永遠亭]]、さらには第19回大会で[[雛]]&[[魔理沙]]&[[永琳]]の[[紅魔館]](ここでは[[第二期紅魔館]]。後の[[O.D.S]])すらも退け、防衛ロードをばく進。守矢神社の信仰も鰻登り、ついでに早苗も慢心して浮かれることとなった。
 -が、好事魔多し。第20回大会のノンタイトル戦にて[[守矢神社]]は、新規加入してきた[[幽香]]を加えた[[O.D.S]]にいたぶられて敗北、さらに王者側がリングに土下座して挑戦を「してください」と懇願するという屈辱を受ける。中でも特に[[早苗]]は[[幽香]]に、心身ともに徹底的にいたぶられ、しばらく引き籠もりになるほどのトラウマを受けてしまう。それを伏線として決定した第24回大会のLTU防衛戦にて、[[守矢神社]]は[[O.D.S]]に対し善戦するも、再度敗北し、王座陥落。こうして、[[守矢神社]]のLTUロードは一旦途切れることとなった。
 -それでも、防衛回数5回は、現在のところ全ベルトを通して最多防衛記録であり、現在でもLTUは「守矢神社のお家芸」とまで呼ばれている。
 #center{|大会|試合|内容|勝者|試合時間・フィニッシュ|敗者|備考|
 |第13回|第4試合|&bold(){初代王者決定戦}|[[諏訪子]]&[[神奈子]]&[[早苗]]([[守矢神社]])|18:43 [[早苗]]>[[萃香]] 神の風|&bold(){[[霊夢]]&[[萃香]]&[[アリス]]([[博麗神社]])}|[[博麗神社]]が防衛失敗→[[守矢神社]]が初代王者戴冠|
 |第14回|第2試合|&bold(){タイトルマッチ}|&bold(){[[諏訪子]]&[[神奈子]]&[[早苗]]([[守矢神社]])}|21:22 [[諏訪子]]>[[リリカ]] 蛙落とし|[[ルナサ]]&[[メルラン]]&[[リリカ]]([[虹川楽団]])|防衛1回目|
 |第15回|第5試合|&bold(){タイトルマッチ}|&bold(){[[諏訪子]]&[[神奈子]]&[[早苗]]([[守矢神社]])}|25:41 [[神奈子]]>[[紫]] 蛇神万力|[[紫]]&[[藍]]&[[橙]]([[八雲一家]])|防衛2回目|
 |第16回|第2試合|&bold(){タイトルマッチ}|&bold(){[[諏訪子]]&[[神奈子]]&[[早苗]]([[守矢神社]])}|23:11 [[神奈子]]>[[ルーミア]] 蛇神万力|[[チルノ]]&[[ルーミア]]&[[リグル]]([[チルノ軍]])|防衛3回目|
 |第18回|第4試合|&bold(){タイトルマッチ}|&bold(){[[諏訪子]]&[[神奈子]]&[[早苗]]([[守矢神社]])}|24:44 [[早苗]]>[[輝夜]] 風神風車固め|[[輝夜]]&[[鈴仙]]&[[てゐ]]([[永遠亭]])|防衛4回目|
 |第19回|第7試合|&bold(){タイトルマッチ}|&bold(){[[諏訪子]]&[[神奈子]]&[[早苗]]([[守矢神社]])}|25:47 [[神奈子]]>[[魔理沙]] 蛇神万力|[[魔理沙]]&[[雛]]&[[永琳]]([[第二期紅魔館>紅魔館]])|防衛5回目|
 |第24回|第6試合|&bold(){タイトルマッチ}|[[雛]]&[[永琳]]&[[幽香]]([[O.D.S]])|26:34 [[幽香]]>[[早苗]] VFT|&bold(){[[諏訪子]]&[[神奈子]]&[[早苗]]([[守矢神社]])}|[[守矢神社]]防衛失敗→[[O.D.S]]が第二代王者戴冠|
 }
 
 ***二代目…永琳&幽香&雛(O.D.S) 防衛2回
 -前述の通り、第24回大会にて、圧倒的な力を見せつけて[[守矢神社]]を文字通り粉砕して王者となった[[O.D.S]]。その力の前に、ファンも半ば諦めつつ、長期政権を予想していた。
 -しかし、その直後に事態が一変する。[[GM天子>天子]]率いる[[GM軍]]の出現である。いち早く、本隊からは距離を置きつつも[[GM軍]]に対しては敵対することを天子の体に刻み込んだ[[O.D.S]]に対し、第29回大会にて[[GM軍]]の送り込んだ刺客は、[[妹紅]]&[[慧音]]&[[輝夜]]という新ユニットだった。しかも、その試合を裁くのは[[GM軍]]所属のパチュリーという圧倒的な不利の中、どうにか勝利して王座を守ることに一度は成功したが、今後も敵対関係が続く限り、予断を許さない状況は続くと思われる。
 -そんな[[O.D.S]]に次に挑戦したのは、ついに動いた[[四季映姫本部長>山田]]と[[文]]、[[小町]]の[[本部軍]]。経営権を巡っての[[GM軍]]との争いの一環として、既にLTWというタイトルを持つ[[GM軍]]に対抗するためのタイトルを欲しての動きだったが、[[O.D.S]]はそのような動きなど知った事かと一蹴し、防衛記録を伸ばしている。
 -長期政権が続くかと思われた[[O.D.S]]をついに止めたのは、因縁浅からぬ相手であり、ここにきてようやくその実力を発揮した[[ARMS]]。第38回大会の全面戦を伏線として行われた、第39回大会にて、ついに[[O.D.S]]は最強の座を奪われることになった。しかし、それでもGM軍の暴虐を最前線で食い止め続けたその実力は、誰しもが認めるところであった。防衛2回。
 #center{|大会|試合|内容|勝者|試合時間・フィニッシュ|敗者|備考|
 |第24回|第6試合|&bold(){タイトルマッチ}|[[雛]]&[[永琳]]&[[幽香]]([[O.D.S]])|26:34 [[幽香]]>[[早苗]] VFT|&bold(){[[諏訪子]]&[[神奈子]]&[[早苗]]([[守矢神社]])}|[[守矢神社]]防衛失敗→[[O.D.S]]が第二代王者戴冠|
 |第29回|第6試合|&bold(){タイトルマッチ}|&bold(){[[雛]]&[[永琳]]&[[幽香]]([[O.D.S]])}|20:38 [[幽香]]>[[慧音]] VFT|[[妹紅]]&[[慧音]]&[[輝夜]]([[GM軍]])|防衛1回目|
 |第32回|第5試合|&bold(){タイトルマッチ}|&bold(){[[雛]]&[[永琳]]&[[幽香]]([[O.D.S]])}|20:59 [[永琳]]>[[文]] 壺中の大銀河|[[文]]&[[小町]]&[[映姫]]([[本部軍]])|防衛2回目|
 |第39回|第7試合|&bold(){タイトルマッチ}|[[萃香]]&[[鈴仙]]&[[メディ]]([[ARMS]])|25:20 [[萃香]]>[[幽香]] 百万鬼夜行|&bold(){[[雛]]&[[永琳]]&[[幽香]]([[O.D.S]])}|防衛失敗→[[ARMS]]が第三代王者戴冠|
 }
 
 *三代目…萃香&鈴仙&メディ(ARMS) 現王者 防衛なし
 -[[博麗神社]]の崩壊の中で、それでもそれに巻き込まれることを良しとしなかったメンバーが集い、産声を上げた[[ARMS]]。しかし、当初はなかなか勝ちが着いてこず、長い雌伏の日を強いられ続けた末に、ようやく強敵を倒して、ベルトという栄光を掴むに至った。
 -しかし、奇しくも[[鈴仙]]が述べたとおり、これで終わりではなく、むしろ始まりに過ぎない。ベルトを巻くということがどういうことかを知るのはこれからである。
 -なお、[[萃香]]は[[博麗神社]]時代に暫定王者としてベルトを巻いていた(というか巻く前に陥落したのだが)ため、再戴冠、しかも東プロ初の「違うタッグメンバーでの再戴冠」となる。
 #center{|大会|試合|内容|勝者|試合時間・フィニッシュ|敗者|備考|
 |第39回|第7試合|&bold(){タイトルマッチ}|[[萃香]]&[[鈴仙]]&[[メディ]]([[ARMS]])|25:20 [[萃香]]>[[幽香]] 百万鬼夜行|&bold(){[[雛]]&[[永琳]]&[[幽香]]([[O.D.S]])}|防衛失敗→[[ARMS]]が第三代王者戴冠|
 }
 
 
 
 ----
 &link_edit(page=LTU, text=このページを編集)