※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第10回大会詳報



記念すべき第10回大会は聖地東プロ本部会場で行われ、
チケットは瞬殺しプレミア化。当日分含めて超満員御礼札止めとなった。
会場周りには協賛企業の屋台が立ち並び、賑やかな開場前となった。
開会の挨拶として四季映姫本部長は本大会でのカードを少し豪華にし、
また 新設タイトルとしてLU3W王座を用意
U3級と呼ばれる階級の正式認定 を行い、選手層の拡大を宣言。
そして第一試合から初代LU3W王者決定バトルロイヤルを発表。
併せて 守矢神社』組の参戦 、次期LTW挑戦者決定戦、
そしてメインイベントとしてLSWタイトルマッチが発表された。
東プロの管理する全タイトル関係試合が一大会に、
しかもうち2つは王者が関係するとあって
第1試合開始前から試合内容への期待以外何も考えられなくなった客席が大きく揺れた。

第1試合LU3W初代王者決定バトルロイヤル。
今大会より正式にU3級即ち3面以下担当による階級の設置と
その所属選手向けのいきなりのタイトルマッチとなった。
これに併せて大量の選手が公開。
以前よりの参戦の,ルーミア,ある意味U3級成立の立役者チルノ,
そして追加選手としてリグル,レティ,ミスティア,,にとり
デビュー戦にしていきなりのタイトル挑戦者となり
ファンも誰を応援していいのか迷う贅沢な悩みに苛まされる。
改めて無差別級と分類された今までの試合とは打って変わって
非常に動きの軽快な選手が多くなったU3級のこの試合は
最終的に経験で勝るが勝利。初代LU3Wベルトを手中に収めた。
またデビュー戦ながらラスト3人まで残った
今後に要チェックと呼べる選手といえる善戦をした。

第2試合は守矢神社初参戦試合。
守矢神社組は早苗,神奈子,諏訪子の3人。
対するのは&幽々子+妖夢の旗揚げ時参戦組。
前情報では十分な実力者と評価された守矢神社組と
東プロの流儀を叩き込む大御所との全面勝負となった。
試合はやや守矢神社組が戸惑った事もあり、
神奈子をタップアウト。
しかしながらわずかな間にも大技を見せた守矢神社組の
今後の積極参戦が期待される試合となった。

第3試合は実況組vs紅魔館のタッグマッチ。
どうみても死亡フラグを試合前に吐き捨てたに対し
咲夜がどう動くのか注目せざるを得ない幕開けに。
実況はが担当。開場で観戦したファンが
必ずもう1度放送を見ると言われる程の偏向実況は更に露骨さを増し
リングに立たずスポット担当なのに人気を獲得する。
試合内容は新技を開発し、『風神エルボー』を成功させ
開場を一気に盛り上げる調子のいいと、
対照的に今ひとつぱっとしない咲夜レミリアがサポートする展開に。
小町とも良い連携をみせた実況組ではあったが
レミリアにより当たり所の悪い一撃を受けてしまい3カウント。
何とか勝利した紅魔館組の咲夜も実戦調整により多少自信を回復。
リングを後にした。

第4試合はLTW次期挑戦者決定戦。
魔理沙マリアリの完全崩壊からスイマリでの再挑戦、
相手は前回と同じもこけーねであり、アリスに啖呵を切った以上
絶対に負けられない、挑戦権を獲得したい思いでリングに上がる。
その意識が終始空回りしたのかペース配分を誤り、
挙句の果ては場外での反則攻撃・大技敢行を繰り返す無茶な行動に。
パートナー救出にも失敗、萃香慧音に沈められ敗北。
次期LTW挑戦者はもこけーねとなった。
絶対的な信頼感で結ばれたもこけーねLTW対策のために早々と退場。
一方リングに取り残された萃香魔理沙が口論を始め、
その場でスイマリタッグ解消をしてしまう。
一人取り残された魔理沙を気遣うかのようにリングインしたのはアリス
再びマリアリ結成を提案する。
紅魔館スカウトがあったのでは?と問う魔理沙に対し
いくはずがないと断言するアリス
一歩前近づき手を差し出すアリスに対し魔理沙は眼前で

『本当に悪かったぜ!!私が紅魔館に行ってなぁあああああ!!!!』

と高笑い。紅魔館当主レミリアもリングインし、

『本当にスカウトしていたのは魔理沙だった』事が発覚。

そのまま正規軍を脱退してしまう。
リングに崩れ落ちるアリスに次試合フランとのタイトルマッチがある
霊夢が駆け上がり、声をかけ、初手の仇討ちを約束する。

そして迎えた第5試合メインイベント。
LSW王者決定戦は正規軍として、アリスのため、
そして自らのベルトを守るために勝つしかない王者霊夢
それを力で打ち砕かんとする紅魔館フランとの衝突戦となった。

絶対に負けられない王者は三度も『夢想封印』を放つが
全てをパワーで跳ね返され、逆に三発目を受けた直後に
前回挑戦者決定戦で永琳を完全に粉砕した『レーヴァテイン』で
王者をマットに突き刺し、3カウントを奪う。

結果初代LSW王者は陥落、フランが二代目LSW王座に戴冠した。

霊夢の守りたかった物全てを、守るべき物が何もないフランが破壊し
LSW王座まで強奪し、リングに元王者の敗者として這い蹲らせた。

試合後姉妹での二冠達成を祝うレミリアと二冠は私だと言い切るフラン
更には紹介したい人がいるとしてリングへと呼び出したのは

先日の挑戦権決定戦で直接対決した抗争敵永遠亭永琳だった。

納得がいかないレミリア咲夜
既に結託していたフラン永琳魔理沙
紅魔館が二分した状態でリングを降りようとするところに
状況が理解できない輝夜が上がる。
冗談かと問う輝夜たちの相手はもう出来ないと一蹴。

永琳は完全に永遠亭に絶縁状を叩きつけ、紅魔館移籍が決定した。

リングに上がり、泣き崩れる輝夜を抱きかかえ挙げた鈴仙は師匠に牙を剥き
全てを破壊しようとするフランが構える一触即発の事態。
それを制止した永琳は自ら次回魔理沙とのタッグで
永遠亭の完全粉砕を宣言。鈴仙がこれを受け輝夜とのタッグで
次回直接対決に挑む事になった。

前回の紅魔館vs永遠亭三番勝負では完全に決着のつかなかった全面抗争は
次第11回大会へもその影響を及ぼす事となり、

紅魔館の暴走が開始、全方位戦争も持さない構え

が伺える波乱の閉幕となった。

2008年4月1日

次興行『第11回大会詳報へ