※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第18回大会詳報



GW特別興行の興奮冷め止まぬ中の第18回興行も
引き続き本部東プロ会場で行われた。
今大会は特にU3級祭りとコンセプトが置かれたカードが組まれ
何と初の全7試合が執り行われた。

第0試合オープニングマッチはU3級のみで構成された6人タッグマッチ。
チルノ軍レティ,ルーミアそして総帥チルノが登場。
対するは 既に死亡したと思われていたミスティア ,リグル,
そして妹穣子LU3W挑戦権BRに出るために帯同した静葉が登場する。
試合はU3級はこういうプロレスをする集団だ、と言わんばかりに
双方光る展開をみせ、最後はミスティアレティを押さえて勝利。
死亡説を一蹴した。

続く第1試合は同じくU3級アピール試合だったが
虹川楽団の三姉妹の対戦相手はにとりゆかゆゆ
明らかに偏ったカードに試合内容まで同様に。
にとりが最後3カウントを奪って初勝利を喜ぶが
終始試合を引っ張っていたのはゆかゆゆの二人だったのは誰の目にも明らか。
一方なかなか勝てない虹川楽団の三姉妹はふてくされる。
そこに幽々子が亡霊の謀略を発動

『姉妹内で勝負をし、勝者には次々回のLU3W挑戦権。勝てば誰かは初勝利!』

これにまんまと乗ってしまった虹川楽団

次回『虹川三姉妹3WAYバトルロイヤル』での出場が決定した。


第2試合は『魂魄妖夢の斬撃五番勝負!』の1回目。
妖夢は過去の無様な姿をこの試練で振り払う事が出来るのか。
過去1度行われた『五番勝負』を成功させた美鈴は徐々に実績を挙げているだけに
是非ともあやかりたいイベント試合となった。
尚当イベントシリーズのレフェリーは
このイベントの為にレフェリー認定を受けたというくらいの乗り気だったそうで
対戦相手も全て自身が選択するという気の入れ込みよう。
そして公開された最初の対戦相手のテーマ曲として、会場に鳴り響いたのは『少女綺想曲』。
LSW王者、現LTW王者霊夢が颯爽と登場する。
「こんなシリーズ緒戦で終わらせてやる」と気を吐く妖夢であったが、
試合内容はもはや語るまでもない展開で終了。
妖夢の初勝利の夢はあまりに高すぎる壁の前にもろくも崩れ去った。

第3試合は永琳,魔理沙,のタッグマッチ。
先日の試合に負けた魔理沙は旧作コスでの参加となり
会場中から『うふふコール』が起こる程の黒歴史に。
試合内容も双方が双方のスタイルを貫く結果となったが、ゴング直後更に黒歴史が。
永琳が次大会でLU3W防衛戦がある事からの足を痛めつけ
今日の挑戦権獲得を狙うを援護、魔理沙も私怨を吐き散らしリングを後にした。
一方大切なを傷つけられたは激怒。
八雲家が黙ってはいないと怒りを露にし、を抱えて退場した。

第4試合はLTUタイトルマッチ
王者守矢神社 対 挑戦者永遠亭
永遠亭組がまさかのタイトルマッチ挑戦に、過去から振り返っても
既にまともな試合になることは予想されてはいなかった。
当然試合内容も難題,悪戯が大量に炸裂、そんな中でも
己のスタイルを一切崩さなかった王者組は冷静に勝利を収め、防衛に成功。
LTU初代王者として4度目の防衛を果たした。
試合後恒例となった早苗のマイクタイムは例の如く失笑を呼び
次は何を繰り出すのかある意味楽しみな選手となった。

第5試合メインイベント次期LU3W挑戦権争奪4WayBR
参加者は,アリス,美鈴そして穣子
勝者には次回王者との頂上決戦があるだけに
誰一人として引く姿勢をみせず、試合はなかなか動かなかったが
穣子が最初に脱落、次に美鈴によって脱落させられ、
事実上美鈴アリスの初期帯同組対決となった。
双方決め手にかけてはいたが、最後にアリス美鈴の首を極め
レフェリーストップ。
この最後の技で 美鈴は首を負傷 、前回の負傷と併せて
長期的静養が必要と判断され 登録抹消。治療に専念 する事となった。
この試合結果を受け、美鈴の分まで頑張るとしたアリス

次回LU3Wタイトルマッチ 王者 vs 挑戦者アリス戦が決定。


第6試合メインイベントLSWタイトルマッチ。
破壊王者フランを絶対に止めなければならないと意気込む挑戦者咲夜
東プロの破壊と混乱の中核と、その被害を最も受けている挑戦者との対決は
咲夜が新技を披露し積極的に攻め込むも力差は絶望的なまでにあり
『スターボウブレイク』温存のまま沈められてしまう。
王者フランは3度目の防衛に成功。

試合後紅魔館がリングに上がり LTUベルト奪取を宣言
一方の フラン四季映姫本部長破壊を望み
LSWタイトルを賭けての一戦を要求
これを本部長が受理し

次回LSWタイトルマッチ

王者フラン 対 四季映姫本部長戦が決定。

破壊王者の制御が団体本部に委ねられる形になった。

興奮と混乱が入り混じる中全試合が終了。
今後のU3級の更なる発展飛躍への期待と混迷する軍団抗争の激化という
対照的な出来事で構成された大会となった。

2008年5月7日

次興行『第19回大会詳報へ