※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第19回大会詳報



連続して本部会場で行われた19回目の興行は、
開会挨拶と共に社長からの挨拶が流れた。
次回大会が日程都合により本会場ではなく巡業先での興行となるため
本大会を特番昇格した事が発表。
また様々な謝辞が述べられファンから歓声や拍手が沸き起こった。

特別興行となった本大会では全7試合が行われた。
第1試合は前大会で仕組まれたイベントマッチ、
『虹川三姉妹初勝利&LU3W挑戦権争奪3WAYバトルロイヤル』となった。
もはや公開姉妹喧嘩となったこの試合は全てが予想外の展開に。
長女ルナサが次女メルランに敗れ最初の脱落 をしたかと思えば
その直後に メルランが三女リリカに沈められる 結末。
東プロマット上では姉より優れる妹が存在する事を、新事例として証明してしまった。
これによりうれしい初勝利を得た

リリカが次期LU3W挑戦者として認定された。


第2試合はもこけーね幻想郷ナイトメアのタッグマッチ
前大会で美鈴が首を負傷、以前の怪我の件もあり静養が必要と判断、
登録抹消となってしまった為に二人しかいない幻想郷ナイトメア
LTW王者同士がどれだけ戦えるか、注目された。
試合は同一階級、同一タイトル経験があるとは言え体格差はもこけーねが有利で
かつ比較的打たれ弱い傾向のある幻想郷ナイトメア組が押されてしまう。
またここまで超格上相手の連戦続きで、前大会でも破壊王者に痛めつけられた咲夜
終始捕まり、そのまま3カウントを奪われてしまう。
双方試合後は特にわだかまりもなくそれぞれが退場。
今後万全の形でのタイトル再挑戦を期待させる内容になった。

第3試合は『魂魄妖夢の斬撃五番勝負!』2回目。
前回は完全に公開スパーリングとなってしまった妖夢
今日こそは初勝利をあげて、白玉楼に戻りたい所だが。
世間では2戦目にして既に『惨劇五番勝負』と呼ばれてしまっており
またマッチメイクが担当のため、『誰が登場するのか』に注目が集まってしまう。
所がが対戦相手X=を発表しようとした矢先、 魔理沙が乱入
控え室で紅魔館組が襲撃しを気絶させた事が発覚。
これには流石に怒りを見せただったが、その紫に魔理沙が手渡したのは
一輪の季節外れの向日葵
全てを悟ったは怒りを納め、満面の笑みと共に、その贈り主をXとして変更することを発表。
そして、急展開に戸惑うファン達を圧するように鳴り響く『今昔幻想郷』のBGMと共に
登場したのは風見幽香
幻想郷においても自他称共に『最強』が東プロマットに参戦した。
マット経験は自分が上だと主張するように、妖夢はその幽香に「お手並み拝見」と言って試合開始。
しかし、試合内容は大人と子供の喧嘩を超越している程度の差が露骨に繰り広げられ
最終的には妖夢幽香の『ダブルスパーク』をまともに被弾し失神KO。いろいろなものを
吹き出して放送事故とまで言われる始末に。妖夢は治療のために、そのまま永琳の診療所へ搬送された。

第4試合はタッグマッチ
LTW王者博麗神社霊夢&萃香実況組の二人の対戦。
いつも通り実況は,解説は
相手も相手であり、特番なので、と思っていた多くのファンの予想を
完全に裏切った試合結果は何と小町霊夢から3カウントを奪う結末。
LSWLTWで東プロのエースオブエースが
アナウンサーにピンを奪われるまさかの展開に
調子づいたがベルトを要求。当然許可されるはずもなく

次回LTWタイトルマッチでの再戦が決定した。


第5試合はLU3Wタイトルマッチ
旗揚げ当初より無差別級で鍛えられて育った王者
団体の運命の混乱に常に巻き込まれてきた挑戦者アリス
関節技と跳び技の、静と動の、テクニック対テクニックの一戦となった。
『ブレインプロレス』のアリスが要所要所で技を極め、
素早い動きを封殺しようとしかけては、それをかいくぐる様に反撃する
結果は動き疲れたアリスが仕留め4度目の防衛。
東プロ内でも最も小柄といえる王者が、最も輝いていると言わんばかりの結果だった。

第6試合LSWタイトルマッチ
破壊王者フランと、王者指名により挑戦者となった四季映姫本部長
絶対的な破壊者を、本部長自らの力で止められるか注目が集まった。
渋いプロレスを展開する本部長に対し相変わらずの王者だったが
主な必殺技を放たずの勝利。4度目の防衛を果たしたが、
王者挑戦者とも何とも評価し難い試合結果に。

試合後魔理沙四季映姫本部長に対し、
前大会での旧作コスへの反抗からリング上でレスリングタイツを剥ごうとする。
これを身を挺して阻止した小町。誰もが潰されると思った展開だったが
フランが早々に退場、次試合がある魔理沙も不満ながら退場し事なきを得た。

第7試合LTUタイトルマッチ。
紅魔館から永琳,魔理沙,が登場、挑戦者として
王者守矢神社組のベルトを狙う。
試合は両者拮抗したまま終盤まで突入。ここで王者組神奈子が大爆発。
対戦権保持のまま相手のサイドメンバーへ場外攻撃を乱発。
リング内でも全員に対し蛇神万力を乱発しそのまま勝利までも握り締める。
王者守矢神社組はこれでLTU王座5度目の防衛。

試合後紅魔館組を挑発する早苗幽香
当主フランまでもがリングインし、その場での全面戦寸前に。
しかし 幽香魔理沙が噛み合わず、またフランともすれ違う。

その場での衝突は回避されたものの

次回フラン,永琳,幽香紅魔館組が

早苗,神奈子,諏訪子守矢神社組と

お互いの意地と強さをぶつける衝突は必死となった。


ますます拡大した悪の組織紅魔館

各個撃破で本当に止められるのか?

次興行へ全てが持ち越される事となった。


2008年5月18日

次興行『第20回大会詳報へ