※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

博麗神社



博麗霊夢の守る神社。幻想郷のある意味中心的存在。
東プロでもその看板で、組織化された集団となっている。
前進の正規軍時代を含め、東プロの中心組織軍の一つである。

正規軍時代

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

活動時期 旗揚げ~第11回大会

旗揚げ当初は『正規軍』と名乗っていた。
これはヒールに対するベビー軍という基本構造から。
初期メンバーは
  1. 博麗霊夢
  2. 霧雨魔理沙
  3. アリス・マーガトロイド
  4. 伊吹萃香(第5回大会より参入)
霊夢,魔理沙の団体ダブルエースを擁し、ヒール軍団紅魔館と並んで
東プロを背負って立つ二本柱になるとファンの誰もが思ったが
第10回大会で魔理沙がまさかの造反をし、紅魔館へと移籍してしまう。
後に振り返ってみれば、この魔理沙の造反劇こそが、がそれからの混沌とした東プロの勢力争いの、
最初の一石となったことは間違いがないが、ダブルエースの片翼を失ったことになる正規軍内の、
わけてもタッグパートナーを同時に失った形になるアリス萃香の動揺は激しく、
なんら手を打たずにそのまま正規軍として軍団を保つことができなくなったのは、
自他共に認めざるを得ない状況となってしまった。

尚、当初は一部立場が違う選手も、便宜上正規軍登録していた様だが、いずれも後日、
自己主張により別軍団を立ち上げ、そちらに移動することになる。
代表的な例がチルノ軍である。

博麗神社(一期)

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

活動時期 第11回大会~第30回大会

魔理沙造反後、肥大化する紅魔館(ここでは第二期紅魔館を指す)と相対するために
対抗ベビー勢力という立場を更に前面に置いた活動をするにあたり
『正規軍』は馴染めない、という萃香の発言で改名。
皆が納得の名称変更となった。
主要メンバーは
  1. 博麗霊夢
  2. 伊吹萃香
  3. アリス・マーガトロイド
その後GM軍が発足すると、永遠亭輝夜,てゐが脱退して
その傘下に入ってしまい、性格的に馴染めず孤立した鈴仙・優曇華院・イナバが、
似た立ち位置のアリスの口添えもあり、修行のために博麗神社に帯同することとなる。
しかしあくまでも修行のための帯同であり、鈴仙永遠亭の看板は持ったままであるため、
博麗神社のメンバーになったというわけではない事に注意。

博麗神社(二期)

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

活動時期 第30回大会~第32回大会

第27回大会でGM軍登場後、初期は真っ向から対決姿勢を見せていた
博麗神社だったが、リーダー霊夢がまさかの業務提携を宣言。
メンバーとの軋轢は必至であったがついにそれが露呈。
第31回大会で萃香,アリスを次々裏切り追放。
GM軍帯同の一人部隊として完全移籍してしまった。
結果として、「天子の行動によって博麗神社が崩壊」という、
ある意味、笑うに笑えない状況のまま現在に至っている。

博麗神社(現在)

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

活動時期 停止中

現在は軍団としての存在はしていないが、神社自体がGM軍に完全吸収合併されたため、
霊夢本人の生活基盤が格段にあがり、贅沢三昧をしているらしい。
ただし、あくまでGM天子の親の七光りの資産なので、本人の経済力は皆無である。
2009年度の初詣には、手打ち蕎麦やおみくじなど、さすがに神社として営業もしたが、
スマックダウン神社に大きく差をつけられ、閑散としていたと言う。
(てゐプロデュースによる幸運のお守り天子の桃つき30000円がとどめを刺したとも)

なお、その後霊夢以外のメンバーらによりARMSが結成された。
これは正規軍~博麗神社の流れを汲むユニットではあるが、
ユニットとしての性格、軍団抗争における立ち位置は変化しており区別して見るべきであろう。


タイトル歴

LSW王座

  • 博麗霊夢
    初代王者 第3回大会~第10回大会 防衛2回

LTW王座

LTU王座


※保有時点で確実に軍団に所属していたことが確認できる選手に限って記述。