※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

永遠亭



旗揚げ当初よりの登録。初参戦は第2回大会。
初期メンバーは
  1. 八意永琳(代理筆頭)
  2. 蓬莱山輝夜(当主兼ニート)
  3. 鈴仙・優曇華院・イナバ(永琳の弟子)
  4. てゐ(飼い兎)
参戦当初から凶器・急所攻撃を難題,悪戯,診察器具と称し
小悪党ぷりが露呈する反面、確かなプロレス技術はもっており
試合の展開を面白くする集団であった。

+結成~まさかの展開 第02回~第11回大会

結成~まさかの展開 第02回~第11回大会

当主輝夜のやる気の無さ、鈴仙がなかなか勝てない等という苦境に
永琳が憤慨、第10回大会に紅魔館のスカウトを受けヒールターン
『永遠亭』は、最大の戦力にして、精神的支柱とも言える存在を失ってしまう。
+苦闘、変わる者と変わらない者 第12回~第27回大会

苦闘、変わる者と変わらない者 第12回~第27回大会

残された3人は、何とか永琳を引き戻そうと紅魔館を相手に奮闘するが
全く相手にされないまま、制御役を失ったてゐがまず暴走。輝夜も徐々に自由になっていき
試合展開の面白さから、小悪党集団として人気を得るようになっていく。
人気を得た2人は、本来の目的であった「永琳を引き戻す」ということを
忘れたかのように、東プロ戦線を自由気ままに荒らしまわり、
ちょうど第二期紅魔館からO.D.Sが台頭するという、重い雰囲気の立ち込める
時期に、それを忘れさせるようなその気ままっぷりが、さらに人気を煽るという、ある種の
好循環となる。
しかし、逆にそれが、一人生真面目な鈴仙の立場を悪くしていき、次第に鈴仙
浮いた存在になっていくのだった。
+崩壊、迷い、そして終焉 第27回~第32回大会

崩壊、迷い、そして終焉 第27回~第32回大会

第27回大会でGM軍参入後、輝夜てゐが権力と金に負け脱退。
その後は、鈴仙ただ一人が看板を守るという
もはや組織的抵抗力が皆無の状態にまで追いやられていった。

そんな状況を見るに見かねて手を差し伸べたのがアリスだった。
元々、博麗神社とは紅魔館抗争以降、薄い協力体制にあり、
その縁をもって、アリス鈴仙に、一緒にやろうと誘いをかけた。
これを受けて鈴仙は、それでも『永遠亭』の看板は持ったままで、修行のために
帯同すると宣言し、一時博麗神社預かりの身となった。

ところが、その博麗神社がリーダー霊夢の裏切りとも言える
GM軍への転身によって崩壊。霊夢は自分以外のメンバーを追放し、
そのため鈴仙はまたしても身を置く場を失ってしまった。

そして、第32回大会にて、崩壊した博麗神社を後にし、新たな
出発を誓うアリス達の輪の中に、鈴仙の姿もあった。

公言こそしていないものの、この行動は、ついに鈴仙も、唯一人で
背負ってきた『永遠亭』の看板を一旦下ろしたものと見られており、
東プロ旗揚げからあった軍団は、ひとつの終焉を迎えたと受け止められた。

元は同じ屋根の下にいた4人は、今や3つの団体にその身を置き、それぞれの戦いを
繰り広げている。
そんな彼女達が再び『永遠亭』の名を掲げる時がくるかどうかは、今は定かではない。

東方プロレス ファンBBS