※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エビ固め<技名>


フィニッシュ時にもよくコールされる『片エビ固め』や
技内で形状としてよく言われる『逆エビ固め』などの総称。
『エビのような状態に』相手の身体を押さえこむことからこう呼ばれる。
※最近では、直接のフィニッシュはエビ固めでも、そこに至るまでのムーブを重視して、
「××からのエビ固め」と呼ばれることが多く、そもそもエビ固めをフィニッシュ技としては
コールしない場合も増えている。

身体の丸まる方向へのエビ固めは大抵何もつかず形状から
『エビ固め(滅多に使われないが)』
『片エビ固め(片足だけ抱えてフォール)』
『スクールボーイ(横入りエビ固め)』(ちなみに技名は「学生でもかけられるほど簡単だから」という意味合いから付けられている)
『ローリングクラッチ(相手を飛び越してのエビ固め)』

逆に相手を反り挙げる形にする場合は
『逆エビ固め』等と呼ばれ、
逆方向技は本来想定されていない方向へ相手の身体を捻る形となり、
その威力から『ボストンクラブ』と呼ばれる。
名称元はアメリカの港町ボストンがクラブ=crab
(大型甲殻類,日本でいうカニではなくロブスターとか伊勢エビとか)
の名産地であることから。

東プロでの順方向エビ固め技と言えば
『片エビ固め』がフォールとして技術的に容易な事から多用される。また、
派生技としてはレミリアレッド・マジックのウルトラウラカン・ラナ等が挙げられる。

一方の逆方向エビ固め技と言えば、やはり幽香VFT。その威力は幽香の試合を見れば一目瞭然だろう。
更に派生として相手の足を組ませ関節攻撃を加えた技もある。
この代表的使い手といえばてゐ幸せ四つ葉のクローバー早苗のシャープ・シューター等が挙げられる。

基本的に人間の間接は逆方向に曲げられるようにはなっておらず、また
脊椎は重要な神経が多数走っている。このため、順方向と異なり逆方向は

実際に世界中で多数の死亡者・負傷者が出ているので,

安易な気持ちで真似してはならない。Don't try this

※言うまでもなく、順方向でも安易に掛けないでいただきたい。

<参考動画>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1391513

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1391713

幽香VFT愛称『ウォール・オブ・ゆうかりん』の元ネタである
"Y2J"クリス・ジェリコの『ウォール・オブ・ジェリコ』が見られる試合。
対戦相手は"HBK"ショーン・マイケルズ
こちらも同じくデイジーカッターの元ネタ『スウィート・チン・ミュージック』
が見られます。
特番中の特番WretsleManiaの一戦であり内容としても大変充実している。