※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第23回大会詳報



第23回大会は公式で特番として編成され、東プロ本部会場で執り行われた。
中でもLSWタイトルマッチは東プロの今日までの
大きな流れの常に中心にいた二人が対戦するとあって、
早い時間から多くのファンが会場へ詰め掛けた。

開会の挨拶とカード発表により、本興行では多くの選手が出場することが判明。
まさに特番に相応しい編成となった。

第1試合は8人タッグマッチ。
巷では秋冬冷戦とも呼ばれているU3級選手が揃うオープニングマッチ。
会場は冷えることなく盛り上がり、見事な試合を展開した。

第2試合は末妹に大きく差をつけられてしまったルナサ,メルランの二人が
ミスティアを加えた新生白玉楼との対戦。
流石に無差別級で現場監督である幽々子の壁は厚く、敗北を喫するするも、
今までにない善戦をみせた虹川楽団には拍手が起きた。
試合後本部長から U3級の更なる発展を目指した新規タイトル検討が発表 され
今後のU3級の更なる拡大に期待が高まった。

第3試合は永遠亭八雲家6人タッグマッチ。
ファイトスタイルの正反対なこの2組の対決は、謀略にはまった八雲家が反則裁定を受ける。
またレフェリーのパチュリーが裁定に対して不可解な行動を見せ始める。
試合後、不可解な判定に激高したパチュリーに暴行。強制退場させられる。
一方の永遠亭は妙な歓声を受け始めた。

第4試合はO.D.S守矢神社タッグマッチ。
先日の敗戦以降幽香恐怖症になっていると伝えられた早苗
外世界の偉大な人民のチャンピオンギミックを炸裂させて復活。
今回は何とか相手を沈めたかった所だが逆に永琳によって締め落とされ、
悔しい敗北になった。
しかし前回よりも善戦した事により多少の心の余裕が出来たのか
新しい信仰対象が出来たからか、試合後も強気の発言を連発。
ファンから歓声を浴びた。

第5試合O.D.S博麗神社の6人タッグマッチ。
発表されたO.D.S側の新メンバーXは謎の覆面レスラーM.D
アリス,魔理沙の因縁よりも新メンバーへの注目が集まってしまった。
ところがそのM.Dが要所で捕まり逆に3カウントを奪われる始末。
O.D.Sの育成方針に疑問が浮かんだ。

第6試合ダブルメインイベント一発目LU3Wタイトルマッチ。
先日絶対王者から大金星。ノリにノル二代目王者リリカに対し
試練や負傷による長期欠場等、多くの苦難から這い上がってきた挑戦者美鈴が挑む。
U3級の中でも苦労人の二人が展開した試合は
U3級でも無差別級に負けないだけの試合を魅せられるんだと証明する一戦となる。
投打極双方が全てを出し切った勝敗の行方は僅かながらの差で挑戦者が掴み取る。
美鈴が己の信じ続けた右のハイキックでリリカの初防衛を阻止、
三代目LU3W王者に戴冠。旗揚げ以降の苦難を知るファンから大喝采を浴びた。
試合後咲夜がリングイン。
タッグパートナーとしても、一個人としても美鈴を祝うその姿に会場は更に大きな歓声で包まれた。

第7試合ダブルメインイベント二発目。
東プロの今日までの歴史と共に常にあり続けた二人。
互いの思いと絆と因縁、そして自らの全てを賭けて尚、掴めるか分からない
唯一無二のLSW王者の地位とベルト。LSWタイトルマッチは
団体初期から常に後一歩としながら様々な思惑に飲まれ続けた挑戦者レミリア
妹でもありその思惑の常に正反対側にあり続けた破壊王者フランとの闘い。
史上最凶の姉妹喧嘩となったこの一戦は名勝負しか無いと言われる
LSWタイトルマッチ内でも特別な一戦となる。
その結末は 未だかつて無い気迫と何度倒しても起き上がる相手に
何度倒されても起き上がり続けたレミリアが,ついに破壊王者を粉砕。
因縁の姉妹抗争の決着を姉自らがつけ、三代目LSW王者として戴冠した。

試合後、フランの復帰をふまえ 幻想郷ナイトメアが解散。
空座となった 紅魔館が完全復活 する運びとなった。
また同時にLSW,LU3Wの団体が誇る二つのシングルベルトが紅魔館の元に集まることになるが、
それに満足するわけもなく、さらに貪欲に、残るLTWLTUへと新たな狙いを定めた。
最後に感極まり言葉に詰まる姉レミリアに代わって妹フランが挨拶をし、
第23回の特別興行に幕を閉じた。

尚この興行開催中か後かは不明だが、レフェリーのパチュリーが行方不明となる事件が起こる。
東プロ本部側は当興行内での言動に問題があった事に対する処分だと説明。
しかし誰一人として会場を後にした光景を目撃していない為安否が気遣われた。

2008年6月15日

次興行『第24回大会詳報へ