※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第24回大会詳報



選手層の充実とファン層の拡大により、東プロ巡業もついに規模を拡大。
会場収容を一回り大きくしての開催となったが、それでも満員札止め。
試合会場入り口で東プログッズや豪華商品が当たる『とうほうクジ』の販売開始など
ファンを裏切ることを知らないかの活動をする東プロ。
開会の挨拶と6試合の編成を発表した。
また旗揚げから長期出場していたフランが静養のために休場となったが
暖かい声援や労りの言葉が送られ、ファンの誰一人からも不満や落胆の声は上がらなかった。

第1試合博麗神社永遠亭6人タッグマッチ。
団体のメイン軍団対最近やたら人気の難題+悪戯コンビ+@が
オープニングからの豪華なカード、エースの登場に会場はすぐにヒートアップ。
永遠亭の執拗な攻撃に怒りを爆発させた博麗神社組が
唯一クリーンファイトに徹する鈴仙を潰し3カウント。
オープニングマッチをしっかりと彩った。

第2試合もこけーね八雲家タッグマッチ。
が次試合に出場するためがリングへ上がる。
この二組は旗揚げ当初からの登録・出場にも関わらず意外に正式な形での試合は初となり
タッグ王者に戴冠経験もあるもこけーねと、実力十分な八雲家との待望の一戦となった。
試合はを庇おうとするだったが、逆にそれが狙われもこけーねが勝利。
も元LU3W王者として健闘をみせただけに今後のタッグでの戦い方に課題が出来た。
試合後もこけーねの二人はLSW,LTWへの再挑戦を宣言。
それ以外にもLTUにも参戦をにおわせる発言をしており、
3番目の選手の存在を匂わせた。

なおこの試合のレフェリーは、前大会終了後謎の失踪。
この試合に登場するまで誰も行方を知らなかったパチュリーが登場。
その生死を不安視していたファンが安堵した。

第3試合は特別マッチ。
虹川楽団+チルノ軍+レミリアの8人タッグマッチ。
双方共に謎のプラス一名が参加していた事から発表と同時に騒然となっていたこの試合は
双方の助っ人が割りと大人気ない戦い方をみせるも
賑やかで活きのあるU3級選手たちもリングを駆け回り
試合はチルノ軍ルーミアが初勝利を挙げる形で締められた。
試合後本部長からU3級選手への配慮と、
本部管理タイトルの一定の充足を踏まえて

U3T,U3級タッグタイトルの設置が決定、

次回より初代王者決定トーナメントが発表された。


第4試合は小町魔理沙
様々な立ち位置から関係がよくない二人のシングルマッチはまさかの展開に。
魔理沙が終始ラフファイトをし続け、場外での大技、凶器・急所攻撃を乱発。
大会史上初のシングルマッチが反則裁定で終わった事に会場中から大ブーイング。
ダメージを受け続けた小町がこれに大激怒。不利な立場にも拘らず即事再試合を要求。
しかしその再戦でも不利であろうが見逃さない魔理沙小町を完封。
暴言を吐き続ける行為に本部長も激怒。
ついに東プロ本部が自ら暴虐の限りを尽くすO.D.Sへの制裁に動き出す。

重い空気の中第5試合はLTW次期挑戦者決定戦。
紅魔館咲夜&美鈴タッグ対白玉楼幽々子&ミスティアタッグの一戦。
旧来からの従者タッグか、新造ながらも良い連携を魅せるタッグの
どちらが次期挑戦者になるかに注目が集まる。
試合は双方完全な全力戦を展開し続け、お互いに相手の流れを掴ませない
シーソーゲームの展開に。
挑戦権争奪戦とはいえ現状ノンタイトル戦でありながら
互いにこれまでにない見事な動きで試合を組み立て、
ファンからの歓声が鳴り止まない見事な一戦となった。
試合は連携力が僅かながら上回った紅魔館組が勝利。

次回LTWタイトルマッチ 王者組博麗神社対挑戦者組紅魔館が決定。


第6試合LTUタイトルマッチ。因縁の一戦。
挑戦者O.D.Sと王者守矢神社とのマッチは何より
因縁の中心幽香早苗がどのような動きを見せるかに誰もが集中。
試合はその早苗が過去を打破払拭せんとばかりに積極的に行動。
仇敵幽香相手にも一歩も引かない闘いを挑むが
逆にこれが守矢神社本来の連携を自ら断ってしまうことに。
大切なLTUタイトルの防衛よりも自らの怒りと恐怖の余り交替を拒否。
一瞬のスキをその幽香に付かれ三度O.D.S相手にタップアウトしてしまう。

この結果守矢神社は六度目の防衛に失敗。

O.D.S組が二代目LTU王者に戴冠した。


試合後は僅かな言葉を交わし、リングを後にする守矢神社組と
入れ替わる様にO.D.Sが集結。
前大会の華やかな終わり方とは対照的にバッドエンドの宣言と高笑いの中、
第24回興行が締められた。

2008年6月23日

次興行『第25回大会詳報へ