※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第26回大会詳報



前大会に引き続きU3Tトーナメントと、ついに本部軍が稼動した事に対しての期待からか
早い時間帯から多くのファンが集まる会場前。
開会の挨拶と共に試合カードが発表され、
同時に東プロ放送契約者数が18万人を超えた事が発表され
20万人まで待てというファンからの笑い声を一刀両断し
15万人突破記念スペシャルマッチが開催される事が発表された。

第1試合・第2試合はU3T初代王者決定トーナメント一回戦。
前大会で大波乱を生み出したトーナメントは今回も大波乱。
第1試合ではO.D.SM.D幽々子のフィニッシュホールドと同型の
『ダークサイド・ディリュージョン』で掟破りの初勝利。
白玉楼への敵対心と当日のダブルヘッダーを叫んだ。
第2試合では先日までの一戦で優勝候補筆頭とされていたチルノレティ組が
スポット参戦の秋姉妹に翻弄される。
ここまでのトーナメント戦からそのまま負けてしまうのか・・・という空気も流れたが
先日の大一番を経た猛者は格が違い、レティが勝利を上げた。

第3試合は永江衣玖デビュー記念試合。
華やかな衣装とタイツに身を包んだ衣玖はファンから大歓声を浴び
デビュー戦からサタデーナイトフィーバーを巻き起こしたい所。
そのデビュー戦の相手は大御所妹紅
開始からしなやかな動きとトップスピードは無いが緩急つけた攻防を魅せる衣玖
良いデビュー戦の流れながら流石に東プロ。そこまで甘い世界ではなく
逆に妹紅によって『刺して焼かれて押しつぶす』コンボを喰らい
無念の敗北。トップの力の差を見せ付けられる苦いデビューとなった。
しかしながら試合中の受けの対応力が高く、今後に期待できる新人が出た事から
会場からは暖かい拍手が送られた。

試合後衣玖は次興行でのビッグサプライズを予告。
その存在がO.D.Sより危険で永遠亭より狡猾と称した。

第4試合は6人タッグマッチ。
アリス,萃香,メディ美鈴,咲夜,レミリア
特殊な編成ながらメディ博麗神社とお試しタッグを組む。
これにノリに乗っている萃香の豪腕が大炸裂。そのまま勝利ももぎ取ると
LSW王者レミリアを挑発。これを真っ向から受けたレミリア

次回LSWタイトルマッチ 王者レミリア対挑戦者萃香が決定した。


第5試合は諸々あっての15万人突破記念試合。
賞金15万円争奪4vs4タッグ
青コーナーの赤腋巫女チーム霊夢,幽々子,,輝夜
赤コーナーの青腋巫女チーム早苗,フラン,諏訪子,慧音の一戦。
レフェリーはイベント担当の
勝てば賞金と俄然張り切る霊夢を余所にファン感謝イベントのそれを貫く他7名。
ところが試合は幽々子の猛攻を耐えた早苗
霊夢の得意な前方回転エビ固めで勝利。
賞金も得られず、得意技まで真似られ、
しかも腋巫女というスタイルまで被っていると激怒する霊夢
これに真っ向から反論する早苗との因縁が勃発。

次回霊夢早苗の腋(と書いて全てと読む)を賭けた一戦が決定。


第6試合メインイベント。O.D.Sの暴挙を止めるべく
ついに動き出した本部軍との全面戦争4vs4イリミネーションマッチ
その殲滅戦の後に何が残るのか、注目が集まったが
全くの予想外だったのがM.Dそれぞれの穴と呼ばれた二人が
本部長幽香それぞれのリーダーを一番最初に脱落させるという展開。
また、その後小町永琳を追放するなど活躍をみせ
最後にはが友人のために疾風となり魔理沙を場外ではなく極めてタップアウト。
本部軍が事実上封殺した結果となった。
試合後O.D.S側は『ルール内での活動』を宣言。
またLTUを利用した挑戦者狩りの続行も合わせて宣言しており、
一段落はしたものの、まだまだ余談の許さない展開となった。

興行は本部軍メンバーの挨拶により締められ、
次回のイベントマッチへの期待をお土産に、客席のファンは見送られた。

2008年7月7日

次興行『第27回大会詳報へ