※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蓬莱の殺人医師<東プロ用語>


1.東プロにおける八意永琳の二つ名。

を始め、レミリア衣玖を葬ってきた驚異的なクリティカル率を誇る関節技をもつ彼女は紛れも無い恐怖の対象である。(第31回興行時点)
また永琳が神奈子諏訪子などと戦う試合に置いては、「殺神医師」というタグがつく場合もある。
この名の元ネタは、全日などで活躍したレスラー、スティーブ・ウィリアムズの二つ名「殺人医師」、もしくは
ルチャリブレの伝説的レスラー、ドクトルワグナーの二つ名の「殺人医師」からと思われる。

現実には『医者兼レスラー』という人物はほぼいない。
整体士が医療行為という点ならば含まれるが
世の中そうそう鎬紅葉真田一機みたいな選手、現れません。

2.第29回大会第6試合、LTUタイトルマッチ O.D.S vs GM軍に冠せられたサブタイトル。

3vs3となるLTU戦でありながら、序盤に大ダメージを受けてしまった幽香と、ただ一人のU3級であり耐久性に難があるをかばう形で、
ただ一人で3人(それももこけーね輝夜である)相手に孤軍奮闘(10:15から20:17まで10分以上を交代せず一人で耐え抜いた)し、
ついに相手にスリーカウントを聞かせなかった。
O.D.S時代になり、幽香の影に隠れてやや存在感が薄れたと言われていた永琳の実力を最近のファンにも認めさせた試合であり、
その二つ名である「蓬莱の殺人医師」を改めて知らしめたと言われ、そのため、この試合そのもののサブタイトルともされている。
これにより永琳のみならず、タッグマッチにおける「守り」に徹する選手(例えば守矢神社諏訪子など)の評価がとみに高まったとも。