※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第28回大会詳報



前大会でついに悪のGM天子が動き出し、
東プロの明暗を分けた闘いが繰り広げられるのは火を見るより明らかで
自分たちが愛する東プロがどうなってしまうのか
現在の所反GM軍の姿勢を見せている選手とそうでない選手。
動向を自ら確かめようとする多くのファンで会場は埋め尽くされたがその表情は一様に重い。

開会の挨拶とカード発表から早速GM天子が動き出す。
第1試合早速本部軍潰しに動いたGM天子は当人に知らせる事なく
小町をリングに上げる。対戦相手は輝夜
この一戦、難題以上に決着が不可解な判定で終了。
誰がみてもロープエスケープをしていた小町をそのまま
レフェリーパチュリーがスルーしての決着に
会場内は第1試合からブーイングの嵐に。
GM軍に買収された醜いレフェリーを身内に置いてはおけないとして
紅魔館当主レミリアパチュリーの追放を宣言。
また小町も反GM軍姿勢をより強固なものとした。

第2試合永琳&幽香妹紅&慧音&GM天子
2vs3ハンディキャップマッチ。
明らかにGM軍O.D.S潰しを狙って組まれたマッチであり
自身のデビュー戦だ、喜べと観客を罵るGM天子を讃えるものはなく
逆に『大帰れコール』が起こる始末。不機嫌なままゴングを鳴らすが
試合は多勢に無勢。かつ元々打たれ強くない幽香が元LTW王者組を倒そうと奮闘。
一方永琳幽香のスタイルを熟知している事から庇い続け
どちらがリングに上がっても1対2+1の状態で展開され、多数に無勢。
O.D.Sのトップタッグ2人がまさかの3カウントを聞いた。
試合後LTU挑戦権を主張。GM軍の3人目は輝夜となり
GM権限により王者組は拒否することができず、

次回LTUタイトルマッチ 王者組O.D.S 対 挑戦者組GM軍が決定。

試合後引き上げるGM天子を不意を付いた魔理沙が場外ドラゴンで気絶させ
会場の観客は一応の一撃に歓声が沸いた。

第3試合は博麗神社O.D.Sの6人タッグマッチ。
博麗神社組はLTWタイトルマッチがあるため霊夢萃香の代わりに
一人永遠亭になってしまった鈴仙と、フリーのメディが参加。
またO.D.Sには魔理沙がおり、久々の因縁試合となった。
試合はサブミッション集団がどのように動くかに注目が集まった。
そのサブミッション集団が試合を恐ろしい形で決める。
アリスの援護に入ったメディの首を破壊。
放送席に入るほどの鈍い音が鳴りリング上でうめくに対しアリスが追撃。
未だかつてないアリスの容赦ない追撃に会場には悲鳴がこだました。
試合後は通常一ヶ月永琳基準で3日の治療期間と判断。
治療助手のためにと鈴仙を指名。納得はいかないものの一応の帯同となった。

第4試合は八雲家+幽々子紅魔館での8人タッグマッチ。
紅魔館がフルメンバーで登場したのは事実上旗揚げから初のことであり
東プロの歴史第一章と共にあった内部抗争を経た4人が団結力を示せるか注目された。
現役王者・そして経験者が両陣営にいる豪華なカードとなり内容も濃いものとなった。
試合は直接二連敗はさせじと幽々子美鈴を押さえ勝利。
試合後ついにLSW挑戦表明。ところがこれにが反発、自らも表明。

東プロ始まって以来の現場監督同士が正面衝突するLSW次期挑戦者決定戦が

次回開催される事が決定。

長年シングルタイトル挑戦を待ち望んでいたファンに、まさかのトップ2が
権利獲得試合に挑むこととなるビッグサプライズに早くも次回の予想合戦が繰り広げられた。

第5試合初代U3T王者決定トーナメント決勝。
ここまでの悪い空気を全てぶち壊してくれU3級よ、という強いファンからの願いが
にとり&本部軍組とチルノ&レティチルノ軍組に託された。
試合はテクニックの本部軍,パワーのチルノ軍といわれていたが
試合の決着は全く逆の展開に。本部軍がテクニックで翻弄すると
にとりU3級一のパワーファイターレティ相手に超大技を叩き込む決着。
これにより初代U3T王者組としてにとりが戴冠した。
試合後にとりLU3W挑戦を表明。
以前までの姿はなく『お値段以上』の存在となったにとりに会場から拍手が湧いた。

第6試合メインイベントLTWタイトルマッチ。
先日の一戦で主役の座を得た挑戦者早苗,神奈子守矢神社組対
先日の一戦で醜態を見せた堕ちたエースの王者組霊夢,萃香博麗神社組との一戦。
試合内容は全く積極性をみせない霊夢に代わり、一人百万鬼状態の萃香が奮闘。
喰らい付く挑戦者組を 何とか退け防衛に成功。防衛記録を3に伸ばした。
試合後ハンマーを手にリングに上がるGM天子は、
あろうことか団体のエースに対し直接契約を提案。
あまりの展開に会場から大ブーイングが起こる中霊夢はそのハンマーを受け取り、
一瞬、まさかの展開を予想して静まった会場内の空気もろとも、GM天子を打ち倒す。
それでもやはり給与アップには未練があったのか、泣きながら興行を締めた霊夢と王者組であった。

しかしこの出来事を象徴するようにGM天子は着実に暗躍しており

今後の東プロの行く末は未だ不透明のままである。

次回以降どのような形で悪のGM軍に対抗するのか、着目せずにはいられない。


2008年7月26日

次興行『第29回大会詳報へ