※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5ボス<東方Project用語>


東方Project作品のうち、弾幕シューティングにおける5面目のボスキャラのこと。
基本的に、全6面のうち5面目に登場するボスキャラは、6面目のボスキャラ(ラスボス)の
直前に登場するため、立場的にもラスボスに近い者が登場する。
旧作・最新作を除く1人用弾幕STGの形態をとっている各作品の5ボスは以下の通り。

東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.における十六夜咲夜(レミリアの従者)
東方妖々夢 ~ Ancient Templeにおける魂魄妖夢(幽々子の従者)
東方永夜抄 ~ Imperishable Night.における鈴仙・優曇華院・イナバ(輝夜&永琳の従者)
東方風神録 ~ Mountain of Faith.における東風谷早苗(神奈子&諏訪子の巫女)

こうしてみると判る通り、5ボスには、誰かに仕える者という共通点がある。
ここから、以下に挙げる東方Project作品における最終ボスの部下扱いのキャラについても、
ファンの間では5ボスと同等の扱いを受けることが多い。

東方花映塚 ~ Phantasmagoria of Flower View.における小野塚小町(映姫の部下)
東方緋想天 ~ Scarlet Weather Rhapsody.における永江衣玖(天子の配下的な扱い)

東方プロレスにおいては、「一生懸命ながら、なぜか報われない立場」という者が多いのも
こうした5ボスの宿命というべきか。
ことさら、妖夢・鈴仙・衣玖の3人は自身の成績不振やユニットの思惑等々により数奇な人生を送らされており、
また主や同僚に恵まれているとはいいがたい状況にもある。
一方で、咲夜、早苗、小町の3人はそれぞれのポジションで活躍をしている。
こうしてみると、東プロにて一人前の活躍を果たすには、自分の居場所を得る事が不可欠という事かもしれない。