※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東プロ怪獣大決戦



注意!!

本イベント試合は東方プロレス前後大会に重大な影響を与えた訳ではありませんが

未視聴の方、ネタバレを嫌う方、各選手へ強い思い入れのある方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


また如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。

くれぐれもご注意ください。




顛末

28回興行の八雲白玉連合軍vs紅魔館で幽々子美鈴から3カウントを奪った事で幽々子がLSWの挑戦を表明。
しかし、何度も同じ挑戦方法ではつまらないとが介入。かくして、29回興行での№1コンテンダーマッチとなった。

試合内容




試合形式 青コーナー 赤コーナー
シングル 八雲紫八雲一家 西行寺幽々子白玉楼


試合結果

試合結果 八雲紫 14分07秒 ラストライド→片エビ固め 西行寺幽々子



イベント結果

勝者幽々子がレミリアの持つLSW王座への挑戦が決定。30回興行にて執り行われることに。


後述

幽々子VSというこれまでに無かった対戦であり、前評判通りのビッグマッチとなった。
他にも当日は観客から『超獣対決』『オーラが凄い』『ロックVSホーガン』『バキ外伝』『鳥羽対猪狩』『ロックVSストンコ』等の一部本人に失礼とも取れるコメントが見られた。
また、本試合は終始殺人技の応酬であった。
序盤こその攻勢が続いたが、2分過ぎの幽々子の食らいボムから反撃開始。
3分過ぎにはいきなりのラストライド。ロープが近く、さらには序盤であった事からダメージも大きくなくすぐに起き上がる。
5分過ぎには紫がトップロープからムーンサルトフットスタンプ。会場中から悲鳴が上がり、
実況の文に至っては「幽々子選手が暴食した後でなくてよかった!」と言う暴言も。
さらに6分過ぎには雪崩式に行こうとする幽々子を切り替えしての雪崩式スイングDDTを敢行。
この幽々子の雪崩式を切り返した一幕は東プロでも稀に見る高等技術である。
しかし、大ダメージを負ったはずの幽々子であったが、7分過ぎにゆゆハンマー、ゆゆストレート、ゆゆハンマーの三連発で一気に盛り返し、
さらにはリポジトリ・オブ・ヒロカワからの亡霊クラッチを決めるもこれはロープブレイク。
ヒロカワから生還した紫はパラダイスです。ロック、Yエッジ、パラダイスです。ロック、Yエッジ、サッカーボールキック、
かち上げ掌打、高角度フランケンシュタイナー、八雲回転蹴りと怒涛のラッシュ。四の字ジャックナイフで固めるがロープブレイク。
攻め疲れからか、紫がロープに振られると待っていたのは幽々子の得意技のチョークスラム。さらにはランニングフットスタンプで追いすがる。
だが一度傾いた流れは簡単には引き戻せず、アームホイップから引き起こしてランニング式の八雲回転蹴り。
しかしそこで亡霊嬢の底力を発揮。一瞬の隙をついてのツームストン。
次いで2度目のラストライドを敢行しようとした所をミステリオ・ラナで丸め込みカウント2.9。
さらには紫必殺の光と闇の網目が炸裂。しかし紫が勝ちを焦ったかロープ側でフォールしてしまいブレイク。
しかし幽々子の裏拳2発をかいくぐり繰り出したのは小町を病院送りにした雪崩式タイガードライバー。
もはや動けないと思われた幽々子を引き起こし背後を取るも幽々子もフライングメイヤーで投げ返す。
しかし体力的に優位に立っている紫がYエッジを繰り出す。が、引き起こすとすぐに動き出す幽々子もまた化け物。
一瞬の隙をついて2度目のラストライド。続けざまにツームストンパイルドライバー。
もはや必殺技の打ち合いとなったが、ここで紫は2度目の光と闇の網目。フォールに行くも亡霊嬢の執念はここも2.9で返す。
起き上がった所をロープに振り、アームホイップ、サッカーボールキックから固めるもこれはロープブレイク。
八雲回転蹴りを当てるも攻め疲れから続けて攻め込む事が出来ず、その隙をつかれリング中央でのラストライドから3カウント。

実際の時間は14分ほどだが、この1戦に関しては30分程に感じる事の出来る実に内容の濃い試合であった。

幽々子のラストライドが3度、紫の光と闇の網目が2度炸裂した事からも当人達の本気の程がうかがえる。