※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シスターズ(てゐリリカズ)



結成は第25回大会
メンバーは
  1. てゐ
  2. リリカ・プリズムリバー
元々永琳脱退により無制御状態だった永遠亭てゐ
虹川楽団内でも姉二人より自らの方が優れているのに同列扱いされる、と
鬱憤が溜まっていたリリカを、LU3T初代王者決定トーナメント参加の際に誘ったことが起点。
てゐとしても、U3級でのパートナーとなる存在を探していたが、波長の合う相手が
同級内ではなかなか見つからず(波長が合わない相手と組んで不協和音を起こすのは、
てゐレーセンで懲りていた模様)、たまたま虹川楽団で浮いた存在になっていた
リリカに声を掛けた、というのがきっかけだった。

元々接点が無かった2人だったが、なぜか意気投合してしまい、リリカ虹川楽団を脱退し、
新タッグチーム「てゐリリカズ」としてトーナメントに参加を表明した。
「てゐリリカズ」としてはトーナメント一回戦負けしたため、その後タッグとしての活動は
なかったが、その翌第26回大会では、リリカ永遠亭組に帯同して大会に参加。
てゐ輝夜に感化されたパーカッション攻撃に目覚めてしまう。

更にその翌第27回大会にGM天子GM軍を結成した際、
リリカ輝夜てゐといった永遠亭と共に寝返り、完全に姉達を裏切ってしまう。
なお、この頃から現在に至る「シスターズ」のタッグネームを使い始めている。

その後しばらくシスターズとしての活動はなかったが、GM軍二軍としてリリカてゐは常に活動していた。
そして、第33回大会後に虹川楽団に残った姉2人、ルナサ,メルランとの遺恨勃発。
翌大会にて虹川楽団と正面から激突するが、あまりになめてかかったせいか、手痛い敗北を喫する羽目となる。
これにより、両者の遺恨はより深まった感があるも、全包囲網を敷かれている形のGM軍アングルが進行しているため、
現在のところはそれ以上の動きはないようだ。
もっとも、シスターズを破った虹川楽団が、その勢いそのままにU3級タッグ最高峰であるLU3Tベルトを
取ってしまったところから、少なくともリリカは心穏やかではない様子である。

そもそもリリカはともかく何故てゐが『シスター』なのかは誰も知らない。
元々『てゐリリカズ』を名乗り、てゐが故エディ・ゲレロの生まれ変わりギミックを背負うところから、
そのルーツはエディとその甥であるチャボ・ゲレロJr.のタッグ『ロス・ゲレロス』と思われるが、
もしそうだとするとてゐはリリカの叔母って事に(ピチューン