※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第0試合<プロレス用語>


一般的なプロレス興行においては、第1試合以降が通常の興行扱いだが、それ以外の
前座的な試合として、第0試合が組まれることがある。
つまり、興行主の扱い的に、本気で見て欲しいのは第1試合以降であり、第0試合というのは
ついでに見てもらえればいいですよ、ほどの意味合いが込められている。
その内容は、デビューして間もない新人の試合や査定マッチ、遺恨マッチが多い。
ダークマッチとも言われる。

東方プロレスにおいて、第31回大会現在で第0試合は以下の3試合が行われている。

大会本部長による挨拶、そしていつものように前説で全4試合の対戦カード発表が行われた直後、
「第⑨回大会なのに、なんであたいの試合がないのよ」と突如としてチルノが乱入。
解説として招かれていた霊夢が流れで相手をすることとなり、緊急のLSW防衛戦が組まれることとなった。
サプライズを喜ぶ熱狂的な観客の後押しもあったろうが、チルノの持つ奇妙な影響力の大きさの一端が垣間見える。

この大会では、LU3W次期挑戦者決定BRが行われ、またにとりのデビューも重なったため、
U3祭り」というタイトルがつけられ、普段無差別級の陰に隠れがちなU3級選手に
スポットを当てる試みが行われた。その一環としてU3選手による3VS3の試合が第0試合として組まれた。

詳細は魂魄妖夢の斬撃五番勝負!を参照。
この試合が第0試合とされたことは、すなわちこの試合が査定マッチであることをファンにも妖夢自身にも
改めて明確にアピールする形となった。

なお、余談だが、第18会大会より、公式パンフレットに記載される試合ナンバーが漢字から英数字に変わったのは、
この第0試合のせいだと言われている。