※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジャイアント馬場<実在の選手>


ジャイアント馬場
本名:馬場 正平(ばば しょうへい)、1938年1月23日 - 1999年1月31日)
日本人でプロレスを知っている人なら必ず、
知らない人でも耳にした事はあるであろう偉大なレスラー。
元読売ジャイアンツでプロ野球選手からの転向という異質の経歴もち。
身長209cm 体重135kgという巨体を駆使した超人的な存在だった。

力道山の直弟子で、現WWE代表のビンス・マクマホンの父親とも関係があり、
日本人として初のNWA(当時の最大団体)世界ヘビー級タイトルホルダーとしても有名。

日本プロレスを経て全日本プロレスの創設者でもあり、
日本のプロレス業界の発展を支え、またプロレスの立場を固持し続けた偉大な人物である。

東プロでは極端に体格の大きい選手はいないので、
はっきりと明示された馬場型の選手はいない。
しかし『ジャイアント馬場のオーラ』のような重厚で震えるような試合を魅せる選手は数多くおり、
それだけジャイアント馬場が愛されていると同時に、
プロレスラーとしてどれほど巨大な畏敬の念でファンが見ているかが分かる。

<参考動画>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm764600

馬場の若いころの試合。(相手はシュミット式バックブリーガーの元祖)
馬場さんのすごく軽快な動きが見れます。