※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仰天!平成元年の空手チョップ

夢枕獏 著
集英社文庫 (1996年)

超プロレス・格闘技マニアとも呼べる夢枕獏が書き下ろしたトンデモプロレス小説。

あの力道山が甦った!
ジャイアント馬場とアントニオ猪木を顎で使って、前田日明と対戦させろと要求!
しかも前座にお前ら二人でリングに上がれとまで命令!

プロレスファンで、夢枕獏好きなら間違いなく読んでいるであろう一冊。
馬場対猪木、力道山対前田。
全く実現しなかったカードを作者のテンションだけで書いてしまった一冊に
少しでも彼らを知る人は文章に引き込まれます。

初版が96年。当時ジャイアント馬場は存命。その3年後に亡くなられている。
馬場対猪木を本当に願っていたファンにとっては一つのサンプルケースになっている。