※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旗揚げ大会詳報




今や伝説となった幻想郷プロレスリングの終焉から幾星霜、ついに幻想郷にプロレスリングが還ってきた!


新たに旗揚げする団体の名は、東方プロレス


その熱き戦いは、そして新たなる伝説は、ここから始まる・・・。



幻想郷プロレスリングが終わってから久しく、プロレスに飢えていた熱狂的なプロレスファン達が、
新団体の旗揚げ興行に足を運んだ。結果、いきなりの超満員札止めとなってしまい、会場に入りきれなかった
ファン達のために、機転を利かせたにとりが急遽公開ビューイングを実施し、ファンを大切にするという
その姿勢に喝采を浴びる、という一幕もあった。

試合開始前に、リングアナウンサー射命丸文のアナウンスが流れ、
最初にマイクを手にリングに上がったのは四季映姫本部長
本部長は、萃まった客に感謝の言葉を述べ、そしてレスラー達の試合をもって、
その客達の期待に応えたい、と宣言し、ファン達の喝采を浴びた。
続いて、からの簡単なルール説明を経て、第一試合が開始された。

記念すべき旗揚げ大会第一試合は、東プロ制圧を目論む紅魔館の尖兵、十六夜咲夜と、
七色の関節技使いアリス・マーガトロイドとのシングルマッチ。
初試合は、咲夜の打撃技とアリスの関節技が交錯する、決して派手ではないが
玄人好みの渋い試合展開となり、アリスのトライアングルランサーの締め上げに
耐えた咲夜が一瞬の隙を突いて『ルナクロック』を極め、東プロ初勝利を挙げると共に、
会場をうまく暖めることに成功した。

続く第二試合は、紅魔館の次鋒として紅美鈴が登場、それを受けるのは
寺子屋の白沢先生、上白沢慧音。普段は満月にしか見せない「ハクタク」モードでの
登場に、会場内では「キモけーね」の声援がヒートアップ。
その声援に煽られるように、普段の冷静沈着な知識人からは想像も付かないような
荒々しい猛攻を見せた慧音が、美鈴の攻撃をものともせずに封殺。
ある意味順当とも言える結果となったが、試合を見ていた咲夜レミリアの表情は
どう見ても「健闘を称える」といった種類のものではなかった。

第三試合、&八雲一家組vs幽々子&妖夢白玉楼組のタッグマッチ。
元々親交のある関係だけに、そう厳しいことにはならないだろうと思われた試合は、
しかし思わぬことに。
終盤、橙に立て続けに攻められた幽々子が、反撃に必殺技『バタフライデリュージョン』を2連発で浴びせ、
橙がたまらず失神KOされるという波乱が起こり、怒り心頭に達した藍が次大会でのシングルマッチを幽々子に要求。
幽々子もそれを受け入れ、

次回大会で「橙の痛みを知れマッチ」が決定した。


思わぬ展開に観客の興奮冷めやらぬまま開始されたメインイベントは、
博麗霊夢&霧雨魔理沙正規軍と、レミリア・スカーレット&フランドール・スカーレット紅魔館
エース同士の激突という組み合わせ。
しかし、蓋を開けてみれば、フランが大暴走。霊夢と魔理沙を文字通りに圧殺してしまい、
旗揚げ戦からいきなり正規軍の完敗という展開に思わず会場が静まりかえる中、
レミリアが高らかに紅魔館の東プロ制圧を宣言する。
しかし同時に、紅魔館で唯一敗北を喫してしまったことで不興を買った美鈴に対し、

次回より美鈴五番勝負による査定試合が決定した。


大会終了後、四季映姫本部長より
旗揚げ大会にして超満員御礼の挨拶と、次回より団体フラッグシップ・タイトルとなる
LSW及びLTWトーナメントを順次開催する事が発表され
軍団拮抗のために紅魔館正規軍それぞれの代表選手を予選から直接対決させ
優れた選手同士をタイトルマッチとして競わせる事が発表された。

こうして終了した旗揚げ大会は、会場に詰めかけたファンにも、後日の放送を視聴した人たちにも
おおむね好評価を得て、これからの展開への期待に胸を膨らませつつ、次回大会の開催が
待たれることとなった。
2008年3月4日