※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M.D2号(マスク・ド・ダークサイド2号) -第35回大会より無期限謹慎処分

能力:不明(東方Project由来のキャラクターではないため)
所属:O.D.S(第32回興行~第35回興行)

この項目はM.Dとの取扱関係上便宜上の項目となります。
仮置きとなりますので性急な編集は勘弁なんだZE

ファイトスタイル

真なる闇の住人

M.Dと体格・オーラの違いがあるとされながら、自身が真のM.Dであると主張する。

ダークサイドドラゴンスープレックス

試合中ではなくスキットのみで使用。
決着がついたにもかかわらず蛍光灯で妖夢を襲撃した霊夢に対して叩き込んだ一撃。
魔理沙のドラゴンメテオスープレックスに負けるとも劣らないパワーのある技であった。


戦績

+全戦績 -ネタバレを含むので注意-
現状試合には登場していない為不明。

タイトル歴

特に無し

人間関係

(関係性はあくまで不明、その証拠に彼女自身は出場停止処分にはなっていない)
(U3における相方だったかもしれない)
(偽M.Dとしてこれを認めない)

入場曲


+謎すぎる登場。第32回大会~

謎すぎる登場 第32回大会~

第32回興行第1試合で敗北し、素顔を晒した魂魄妖夢が悪態をつく中
突如登場した『真のマスクド・ダークサイド』。
その姿は以前までとは比べ物にならないほど凶悪なオーラを身にまとった存在であった。
妖夢を勝手にマスクとコスを使った偽者と一蹴。
そもそも見るからにスーパーパワーアップしたオーラと、今までとはまるで別人の体格に
『本当にU3級』での登録でいいのか?という疑問もあり
休養明けでの立ち位置に一気に注目が集まった。
+伝説の終幕 第35回大会

伝説の終幕 第35回大会

その後表舞台への登場がなく、また間にGM軍の暴虐が進行、
Phantazm Down事件などが起こった事により露出のチャンスが全くなかったが
予想外の登場は第35回大会での最終試合。
案の定約束など守らないGM天子への制裁としてリング上へ乱入、
ダークサイドドラゴンスープレックスを堕巫女に叩き込み、ペナルティとして自身の無期限謹慎処分を受けリングを後にした。

この際妖夢に対して執拗にアピールをしていたが真意は不明。
東プロファンには強烈な印象と認知度を得たレスラー『マスクド・ダークサイド』伝説の
ひとまずの終焉を惜しむ者さえ出る光景が見受けられた。