※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『inanimate return』(第32回大会第4試合)

注意!!

本イベント試合は東方プロレス前後大会に

重大な影響を与えた一戦になっており

未視聴の方、ネタバレを嫌う方、各選手へ強い思い入れのある方、

信仰なんて儚く、金と権力の前では無力だと認めたくない方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。

くれぐれもご注意ください。



試合内容

前大会『inanimated』を経ての遺恨戦争。
しかし仕掛けたアリス組は絶望的なまでに不利な条件での一戦であり
その中でも引かない姿勢を貫き、奇跡の勝利を挙げられるかに注目が集まった。
アリス,萃香,鈴仙
GM軍の面々とはもはや分かり合えないレベルにまで裏切られ続けてきた彼女たちは
何が何でも相手を打ち倒したい一心で、リングに上がった。

青コーナー 試合形式 赤コーナー
アリス/萃香萃香/鈴仙/メディ 4vs4 霊夢/慧音/妹紅/輝夜(GM軍)

フルメンバーでの活動が僅かに一度。個別の能力にも課題があるとされていた反GM軍の4人は
各々が奮闘、連携も上々でよい立ち上がりをみせた。
交替タイミングも絶妙で、うまく試合を組み立てているかのように思われたが
もこけーねの二人が要所要所で大火力で圧倒。
極め付けが元LSW王者霊夢が一人で三人相手に大爆発。
雑魚の連携なぞ他愛もないとばかりにそのままこの試合の筆頭アリス
自らの最大の必殺技『夢想封印』で葬り去った。

試合結果 アリス 23分51秒 夢想封印 霊夢


試合結果

僅かな望みは圧倒的なまでの力の差に木端微塵に粉砕された。
善戦むなしくという言葉が意味を成さないまでの圧倒的な結果に観客は絶望感に苛まれた。
さっさとリングを引き上げてしまうGM軍メンバーとは対照的に
なかなか起き上がれない反GM軍の4人。
しかしその絶望的状況に何度追い込まれようが這い上がったアリスの目からは
光は失われなかった。

事件結末