※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『スーパー瀟洒カップ』

(幻想郷プロレスフェスティバル'08 第1試合 2008年8月5日開催)

注意!!

本イベント試合は東プロファン感謝イベントマッチとなっております。

ファン必見の試合となっておりますので未視聴の方、ネタバレを嫌う方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。

くれぐれもご注意ください。



顛末

『負けたら切腹します』 -十六夜咲夜試合前の決意

本興行ストーリーラインとは別の夏の一大フェスティバルとして
一発目の試合は

幻想郷に存在する従者・弟子の中で最も瀟洒な選手を決定する一戦

となった。
試合開始前にはメインアナウンサー風見幽香
アシスタントのリグル・ナイトバグから夏フェスシリーズ趣旨説明と
早速の『スーパー瀟洒カップ』出場選手が発表された。

当試合のレフェリーは四季映姫本部長
放送席は風見幽香射命丸文が担当した。

試合内容

参加選手・試合進捗・結果

+参加選手・試合進捗・結果

参加選手

エントリーNo. 選手名 所属組織・軍団 抱負
1 十六夜咲夜 紅魔館 紅魔館の従者として。負けたら切腹
2 八雲藍 八雲家 主人のため
3 ミスティア・ローレライ 白玉楼 ヤケクソ
4 永江衣玖 GM軍 自身の名誉のため
5 鈴仙・優曇華院・イナバ 永遠亭 師匠と自身のため
6 犬走椛 本部軍 と天狗のため
7 東風谷早苗 守矢神社 信仰とプロレス神のため
8 小野塚小町 本部軍 多分本部長への忠義のため
※尚従者といえば白玉楼魂魄妖夢だが、当人引退済みの為不参加となった。

試合進捗・結果

時間・技名 残り人数
6分48秒 OtTR ミスティア 7名
8分10秒 OtTR 鈴仙 6名
8分28秒 OtTR 衣玖 5名
11分52秒 OtTR 小町 4名
12分11秒 OtTR 3名
咲夜 13分34秒 OtTR 早苗 2名
咲夜 13分48秒 ルナクロック>片エビ固め 1名

以上により紅魔館代表十六夜咲夜が生き残り、優勝。

見事幻想郷一瀟洒な従者の名実を勝ち取った。


イベント結果

+試合結果から
試合結果から判明した各従者・弟子の瀟洒度は以下のようになる
<<低忠義>>ミスティア-鈴仙-衣玖-小町--早苗--咲夜<<高忠義・強者>>

この結果に納得と気の毒だという感想をもったファンが非常に多かった。
特に無理矢理白玉楼入りさせられたミスティア,
師匠や当主に裏切られ続けた鈴仙,
GM天子に小間使いにさせられている衣玖
もはやかける言葉が少なくなってしまい、今後の成長に期待する他なかった。

一方が大奮戦。もしかすると射命丸よりも能力は上なのでは?という声もあがる。

トップ3は順当なメンバーとなった。
中でも咲夜の優勝は有言実行の素晴らしい結果であり、
タイトル争いには泣かされてきたものの、
このイベントマッチで見事に紅魔館従者の存在感を示した。
試合後紅魔館の当主レミリアフラン,美鈴も祝福に訪れ
思わず涙する瀟洒な団結力をファンは再確認する事ができた。]
また、その咲夜に最後の最後で阻まれたものの、一人で4人を場外に放逐したも、
最強の妖怪の最強の式たる姿をファンに存分に見せつけることができたといえよう。

小町に関しては何ともいえない試合内容であったが
ある意味予想通りの結果であり、本当に何ともいえない幕切れとなった。

夏フェス一発目はこうして大成功に終わり、次なるイベントマッチへの期待感が高まった。

なお、この時の某天狗の不用意な発言が後の夏フェスにおける不遇の扱いの一因になったかどうかは不明である。

夏フェス次試合,『一人百鬼大移動ハンディマッチ』に続く