※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『一人百鬼大移動ハンディマッチ』

(幻想郷プロレスフェスティバル'08 第2試合 2008年8月12日開催)

注意!!

本イベント試合は東プロファン感謝イベントマッチとなっております。

ファン必見の試合となっておりますので未視聴の方、ネタバレを嫌う方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。

くれぐれもご注意ください。



顛末

『でけぇええええええ!!!』-伊吹萃香入場時の観客席からの歓声

第30回興行終了後に行われた夏フェスイベントマッチは
第2試合と翌第3試合を連続開催する内容の濃いスペシャルデーとなった。
その一発目。夏フェスシリーズとしての第2試合は

本部指定能力解禁ハンディキャップマッチ

となった。

当試合のレフェリーは八雲紫
放送席は風見幽香小野塚小町が担当した。


試合内容


http://www.nicovideo.jp/watch/sm4259924

参加選手・試合進捗・結果

+参加選手・試合進捗・結果
青コーナー vs 赤コーナー
射命丸文&犬走椛(本部軍) vs ジャンボ萃香(博麗神社)
12分25秒 真・ミッシング・パワーボム(雪崩式) ジャンボ萃香


イベント結果

+大 爆 発
本試合での萃香は東プロでは通常厳禁とされている『能力使用』を
イベントマッチということで解禁された形となっている。
所謂『ミッシング・パワー』と呼ばれる『密度を操る程度の能力』を使ったものであるが
当然試合になるサイズということで 『身長230cm,体重300kg程度の体格』 となっている。
余談だがプロレス史に置いてもこの体格の選手でまともに試合が出来る選手は
両手の指の数だけいるかどうか、と言われている程の超人体格である。
(ちなみに実在の選手では、ジャイアント馬場で209cm,135kg。
アンドレ・ザ・ジャイアントで223cm,236kgである。)
対する相手は&小町実況組の予定であったが
小町がこの体格では投げられず試合にならないという理由で急遽に変更された。

結果的には実況組に酷な試合になったのは言うまでもない。
というか入場段階で既に勝敗が決していたとも言われている。
体格差からいうと、の頭が直立した萃香
顎当たりに届くか届かないかと言う有様。
当然ながらパワーも爆発的に増大しており、
普段でも交通事故級と呼ばれる『百万鬼夜行』での身体は一回転半吹き飛ぶわ
決め技のミッシング・パワーボムでがマットに半身埋まってしまわんばかりの
衝撃で沈められるわと大迫力、
一方実況組もスピードとテクニックを活かした奮闘をみせ
は自らの腰への負担を省みないジャーマン敢行などで会場は大いに盛り上がった。

東プロ初の能力解禁でのイベントマッチはこうして役者が揃った形で幕を閉じた。
無論当然ながら萃香の通常シリーズでの能力使用は依然禁止された。


夏フェス試合『L⑨Wベルト争奪バトルロイヤル』へ続く