※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マスク・ド・カッパ(MDカッパ)

能力:『会場の空気を混乱させる程度の能力』
所属:不明(夏フェス第5戦に初登場)


ファイト・スタイル

河童の技再現技術は幻想郷一ィィィッ

全員マスクマッチに突如登場。一人だけ別のカッパマスクで登場に
試合開始と同時からにとりとの関連性が指摘された。
ファイトスタイルも非常に似てはいたが、
にとりに比べて手数が多い、乱戦時でも逃げに入らない等の差異がある。
しかしながら超大技だけは完全再現している高いプロレス能力を魅せた。

エメラルド・フロウジョン

ボディスラムの要領で抱え上げるが真正面ではなく肩に乗せるようにして持ち上げ
(ファイヤーマンズキャリー)
相手の頭部を自身の正面へ垂直落下式に叩きつける大技。
U3級では貴重な超大技。
オリジナルは、ノアの三沢光晴の大技エメラルド・フロウジョン。

デス・バレー

抱え上げる所まではエメラルド・フロウジョンと同じだが
正面への垂直落下ではなく抱え上げる勢いのままサイドへ落下させる。
また連発も可能で、体力と技術力の高さを示した。

カッパ巻き

東プロ創設以来最大にして最も謎の多い技のコピー品

幻想郷プロレスフェスティバルの第5試合、『最終鬼畜全員MDinU3』で発動。
河城にとりが放った東プロ最大の謎技をあろうことか
特殊ルールで全員素顔不明の8wayBR中に使用した事に誰もが唖然とした
注意すべき点はにとりのそれは『かっぱ巻き』であり
M.Dカッパのそれは『カッパ巻き』である点。 

その他の技

もう何だかよく分からない。


戦績

+ 全戦績 -ネタバレを含むので注意-


タイトル歴

特に無し

人間関係



入場曲

不明

+ 衝撃的デビュー 夏フェス第5試合