※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イリミネーションマッチ<プロレス用語>


タッグマッチの特殊な形式の一つ。
通常の試合では、どちらかがピンフォールを取った時点で試合終了となるが、
そこで勝敗を決せず、負けとなった選手のみを退場とし、試合そのものは続行
する形式のことを、イリミネーションマッチという。
この場合、どちらかの残り人数が0となった時点で試合終了となる。
このため、「完全決着」を謳い文句にする試合でこの形式が採用されることが多い。

東プロでは、紅魔館分裂時に決着を付けるために行われた、第12回大会第5試合、
通称『紅魔館イリミネーションマッチ』と、O.D.Sに対し本部軍
全面的に対決した『BLACK or WHITE』がある。
いずれにおいても、退場となった選手がリングに入ろうとし、レフェリーがそちらに
気を取られる隙に他の選手が反則を含めた攻撃を掛ける、といったイリミネーションマッチ
ならではの高度な駆け引きが見られた。