※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

結界少女



初代LTW王者決定戦のためにつけられたユニット名で
元ネタは東方M-1グランプリから。正規軍(当時)のトップと八雲一家のトップ
という強力なタッグである。・・・少女?
別名『れいゆか』

メンバーは
  1. 博麗霊夢(正規軍)
  2. 八雲紫(八雲一家)
元々トーナメント用のユニットであり、以降は使われていない
+使われていない理由
前述の通り、LTWトーナメント用のユニットであり、
タッグを組むには余りに強力すぎる故に、封印されたと言えなくもない。
また、霊夢がそれぞれの役割(東プロトップレスラーにして博麗神社代表と、
現場監督にして八雲一家代表)に忙殺されたため、組む機会が得られなかった、という
理由もある。

現在では、霊夢GM軍に寝返り、「堕ちた巫女」となってしまったため、
とタッグを組むことは考えられない状況となっている。
完全に死滅したタッグユニットの一つと言える。