※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Judgement Day事件 (第21回大会第6試合)

注意!!

本イベント試合は東方プロレス前後大会に

極めて重大な影響を与えた一戦になっており

未視聴の方、ネタバレを嫌う方、

各選手へ強い思い入れのある方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは

一切の責任を負いません。くれぐれもご注意ください。


顛末

『ホンモノを見せてやるぜ!』-霧雨魔理沙

第20回大会で紅魔館を追放された魔理沙と、ずっと絆を信じていたアリス
二人で手を組み再び博麗神社組として
真正面から幽香/フラン紅魔館トップ2との一戦に望んだ
第21回大会第6試合、メインイベントであったが
試合開始直後に魔理沙アリスにスターダストレヴァリエを、
幽香フランにコーナーへぶつける形で向日葵落としを仕掛け、
双方がタッグパートナーに撃墜されるという大混乱に。
そして魔理沙の口から、前大会の魔理沙追放劇は実はブラフであり、
その真の狙いはフランを追放することにあったと暴露され、混乱はさらにエスカレートした。

ここに至り、レフェリーの四季映姫本部長権限により即座に無効試合が宣言され、
さらに、リングサイドにいた博麗神社のトップ霊夢と元紅魔館幻想郷ナイトメアの当主レミリア
過去の対決姿勢や軍団派閥を超えてリングイン。
不意打ちに納得がいかずそのまま戦闘態勢を維持していたフランとの臨時ユニットを編成する。
なお、もう一人の当事者であるアリスは、あまりの出来事からその場では立ち直れなかったために、代わりに
霊夢は、同じく博麗神社であり、LTW王者としてのタッグパートナー萃香をユニットに招き入れて
4人編成とした。

一方、本来の当主も住人も完全排除し、今や完全に名前のみが残る状態となった紅魔館組も
永琳がリングに上がり、同じく4人編成として、
その場での全面対決姿勢をみせた為、4vs4の緊急試合が展開された。


青コーナー 試合形式 赤コーナー
マリアリ TAG 紅魔館
アリス/魔理沙 vs 幽香/フラン
- 双方内部分裂につき無効試合 -



試合内容


青コーナー 試合形式 赤コーナー
紅魔館 4vs4 紅魔館
萃香/霊夢/レミリア/フラン vs /魔理沙/永琳/幽香


紅魔館 試合結果 紅魔館
×フラン 25分11秒 ドラゴンスープレックス 魔理沙○
紅魔館組は長期に渡って抗争の歴史があり、またフランは試合前のダメージが、
霊夢レミリアは第1試合のRRのダメージが抜け切らず、
また連携もLTW組,スカーレット姉妹組と2分してうまく噛み合わず
個人では、それぞれが何度も決定的な場面をみせるも、チームとしての総合力が示せず
一方の紅魔館組の的確な悪の連携の前に潰されていってしまう。
試合時間の大半は、赤コーナーに1人ずつを引き入れ集中攻撃を行いつつ、
適切なタイミングで交代を繰り返す紅魔館組が試合を完全に支配し
最終的には元正規軍=博麗神社のエースとされながら団体初期に全てを裏切り紅魔館入りをした魔理沙が25分11秒、
本来の紅魔館住人最後の一人であったフランドラゴンスープレックスで粉砕し
団体初期より存続していた紅魔館の存在意義全てを否定し、破壊した。


イベント結果

3カウントでフランが倒された直後に紅魔館組は手を止めず、
続けてレミリアへの集中攻撃を行い姉妹二人をマットに沈めた。

試合権を持ったまま勝利した魔理沙は足元に倒れるフランに対し
次回萃香に決定していた次期LSW挑戦権利の再査定を主張。
続いて幽香紅魔館軍の名称権利及び物件登記を破棄する事を宣言。
レミリアのいた頃のユニット名なんて不要。次回新ユニット名を発表する」とし、
最後に魔理沙が会場のファンに暴言を吐き退場した。

一方完膚なき敗北を喫した反紅魔館組のレミリアは妹フランへ『気まぐれ』と称した言葉をかける。
そして、今回はフランと共闘したものの、一度は自分たちを裏切った彼女に対する「けじめ」として、
次期LSW挑戦を主張し、実妹との直接対決のために、挑戦権を賭けて萃香魔理沙双方を打ち破ることを宣言。
その後リングインした咲夜美鈴と共に、不本意ながらも空意になった紅魔館を立て直す事、
同時に名を汚した者たちへの全力での報復をファンの前に誓い、
もう二度と見ることもないと思われた「最強姉妹」、そして「紅き館」の復活の予感に、ファンも大喝采を送るのだった。


後述

この事件は、東プロ選手各員の思惑、所属組織・軍団間の抗争はおろか
団体運営や方向性すらも左右する重大な出来事となったのは言うまでもない。
この事件を前後して紅魔館を旗揚げ当初から当主追放までを第一期
そこからこの「Judgement Day」事件までを第二期
これ以降、再建された紅魔館を第三期と呼ぶ動きがあり
同じ名称ながら所属選手も方向性も全く異なるという異質の軍団が形成されたといえるだろう。

一方の第二期紅魔館を破棄した4人は翌大会以降O.D.S,オリエンタルダークサイドと名乗り
第二期時代よりも更に増した影響力を団体に与え続け、
第二期紅魔館であった諸組織・軍団は反O.D.Sへとシフトしていくこととなった。