※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あやこま<東プロ用語>


射命丸文小野塚小町による実況組タッグが繰り広げる新しい俺たちのジャスティス。
主に実況席での解説と、試合に登場した際の内容から繰り広げられるやり取りが
昇華された末にたどり着いた新境地とも
バカップルのやり取りを公共の電波に乗せた安いソープドラマとも言われているが
放送視聴者やファンに妙に親近感を沸かせる言動の数々はある意味東プロが生んだ魅力の一つとも言われている。

+初接触からいがみ合い 第03回大会~第⑨回大会

初接触からいがみ合い 第03回大会~第⑨回大会

元々は射命丸美鈴の出来に対する暴言を吐き散らしたことに咲夜が激怒。
制裁緊急試合として組まれた第03回大会に代理実況として登場したのが小町であった。
『座ってできる仕事だから』と喜んで受け持ったものの翌第04回大会、両者が実況席に座り
我こそが正統派アナウンサーだとしていがみ合った為四季映姫本部長によってこれに白黒つけるため
メインイベント扱いでリングに放り込まれてしまう。
試合は小町を破ったものの、予想以上の出来に今後の参戦を強要。
アナウンサーとレスラーの二足のわらじ(はブン屋業務もあるので三足だが)を履く事になる。
+実況組として 第10回大会~第20回大会

実況組として 第10回大会~第20回大会

第10回大会にはタッグとして初登場。暴言放言連発の小町がなだめる構図、もしくはその逆に
小町の暴走をが嫌そうに一度は態度にみせるが勢いにのまれて間違ったテンションになって試合に臨んでしまう構図が
実況席以外に試合前にも行われ、これらがその後の実況組の立ち位置を確立した試合となり、
第12回大会で守矢神社諏訪子,早苗組を倒しいい気になってLTW挑戦を示した所
実況組査定試合として,幽々子ゆかゆゆが登場し、第13回大会に対戦。
完膚無きまでにボコボコにされながらも、お互いの絆が深まった一戦となったらしい。

その後も実況組タッグは賑やかし役として試合内外で活躍。
特に実況席でのやりとりが毎興行毎試合の度よく取れば親密なようにもなっていき、
ファンの間であやこまは確立しているのでは?との評判が高まっていく。
+あやこまの確立 第21回大会~

あやこまの確立 第21回大会~

第21回大会以降立て続けに大きく揺れ動く事件が勃発した東プロ内に置いて
GM軍参戦以降小町が元来の反ヒール気質が爆発。を巻き込んでの本部軍全面抗争に突入したが
なんだかんだで共に行動することが多いあやこまの二人であった。
放送席ではもう一方がいない時に戯言を挟みながらも相手を信頼しているコメントも多く
極めつけはプライベートに言及した発言も多く見受けられるようになり
完璧に『あやこまは俺たちの新しいジャスティス』を確立したとされている。

東プロファンの中には毎度の実況席でのやりとりと、試合出場時の内容にのみ注目しているあやこま信者までいると噂されているほどで
ファンBBS専用スレ(外部リンクでのやりとりが
伝統のマリアリと東方二次創作界隈では評判で、東プロではメインストーリーに関与していた魔理沙,アリスによるマリアリよりも
人気が高いという不思議な逆転現象が起こる程。

今後も2828展開でファンを楽しませてもらいたい要チェックなカップリングである。

+元ネタ?ツンデレ?
元々小町の本家東方での関連性は東方花映塚での一幕からとされている。
その後東方緋想天でも対面する形になっている。

東プロの放送席でのやり取りからみても小町にうまいこと扱われている雰囲気がある。
とはいえ双方とも売り言葉に買い言葉気味になりやすいので、そのやりとりを楽しんでいるファンも多い。

専らの問題点といえばを慕う部下のと,小町の上司四季映姫本部長がこの二人をどう思っているかという点か。
あとは怪我くらい。割と何とかやっていけそうである。