※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フランドール・スカーレット

能力:『ありとあらゆるものを破壊する程度の能力』
所属:紅魔館(旗揚げ戦~第12回大会)、
    第二期紅魔館(第13回大会~第21回大会)
    第三期紅魔館(第22回大会以降)
    ※便宜上の区別。軍団名義は全て紅魔館である。
    チルノ軍(当人の知らない所で登録されている模様)

ファイト・スタイル

破壊王者『フランドール』

破壊力抜群の技を何の遠慮もなく叩きこんでいくパワー一辺倒型。
相手の技を力で撥ね退け力で捻じ伏せる。
その無茶苦茶ぶりに相手が何も出来ない状態になることもしばしば。
一度ラッシュが始まるとそのまま一気に試合を決めてしまうだけの力がある。
無邪気なようでいて試合では時折賢い一面を見せることも。
悪魔のような天使。天使のような悪魔。
東プロパワー四天王の一人にして、恐らくは筆頭。

スターボウブレイク

フランの代表的フィニッシュムーブ。
ダブルアームで持ち上げ、急角度で頭から叩きつける変形ドライバー。
ごく稀に腕のロックを外さないで放ったりもする超危険技。
オリジナルは三沢光晴のタイガードライバー`91と思われる。
あまりに強力かつ危険過ぎ、乱発すれば相手の選手生命や試合そのものを破壊しかねないため
(三連発を受けた美鈴が長期離脱を余儀なくされたのは記憶に新しい)
現在ではたいていの試合において使用を封印しており、この技の封印が解かれること自体が
アングルとなり得るという特筆すべき技となっている。
技名は東方紅魔郷で使用した『禁弾「スターボウブレイク」』より。

レーヴァテイン

ブレーンバスターの形で抱え上げ、相手を前方に放り投げてボムのように落とす荒業。
最終的には急角度のライガーボムのようになる。
SSD(小町のデスブランド)の兄弟分のような技で、その危険度はスターボウにも負けず劣らずである。
オリジナルは小橋建太の若手時代の必殺技オレンジクラッシュと思われる。
技名は東方紅魔郷で使用した『禁忌「レーヴァテイン」』より。

そして誰もいなくなるか?

所謂投げっぱなしジャーマン。
その飛距離は桁違いで相手をリングから放り出してしまうこともある。
技名は東方紅魔郷で使用した『秘弾「そして誰もいなくなるか?」』より。

雪崩式ツームストンパイルドライバー

トップロープからパイルドライバーを突き刺し、首に甚大なダメージを与える
まさに容赦のない技。耐えうる手段のない選手は選手生命を絶ちかねない。
これを1発食らっただけで沈んだ小町への悪夢は記憶に新しい。
フランは意識して使用してる様子も無いので、本当に純粋な恐怖である。

ラリアット各種

つなぎのように用いてくることが多いが破壊力は萃香のそれにも引けをとらないものであり、興行の最初期はこちらがレーヴァテインと例えられたほど。
自分の体ごと腕をぶん回して放つローリングラリアットが特徴的で、これが出る時はフランに火がついた時とみなされている。

ジャンピングダブルニードロップ

倒れた相手の腹部に両脚の膝で乗っかる形のニー。
魔理沙もたまに使う技だが、こちらは落下する高さ及び角度が格段にえげつないものとなっている。
その威力は、「インテリジェントモンスター」こと、故ブルーザー・ブロディを髣髴とさせる。

その他使用技

ジャンピングパイルドライバー(ほぼ垂直に突き刺さる危険技)
きゅっとしてどっか~ん☆(スリーパーで相手を座りこませ、正面からのサッカーボールキック)
餅つき式パワーボム(連続して叩きつけるパワーボム)
ターンバックルパワーボム(対永琳戦で使用、ターンバックルに後頭部を叩きつけるパワーボム)
ストマッククラッシャー(相手の胃袋を膝に打ち付ける荒業)
マウントパンチ連打(馬乗りになり顔面を殴り続ける)
ココナッツクラッシュ(この技が出ると調子がいいんです)
串刺し式シャイニングウィザード(コーナーにもたれかかる相手の片膝に飛び乗って顔面への膝蹴り)
拷問式逆片エビ固め(相手の頭を踏みつけての逆片エビ固め)
ビーチブレイク(垂直落下式リバーススープレックス、頚椎に致命的な損傷を与える危険性がある)

全ての技が規格外。耐久力のない相手はたった1回の技で沈むほど。


戦績

+ 全戦績 -ネタバレを含むので注意-

タイトル歴

LSW王座

  第二代(防衛4回:LSWの最多防衛記録)

LTW王座

  初代王者タッグ(レミリア)、防衛記録なし

受賞歴

2008年度東方プロレス大賞

殊勲賞
最優秀選手賞(MVP)(霊夢とのダブル受賞)

人間関係

入場曲

U.N.オーエンは彼女なのか?

東プロ旗揚げからの参戦組で、今日までの無差別級で、特に全タイトルマッチに絡む活躍を見せている東プロのスーパースター。
- 

純粋な破壊者 旗揚げ~第12回大会

第一期紅魔館時代ではテクニック主体の姉レミリアとは対照的に全面パワーレスリングで試合の流れを全て奪い取る
凶悪だが純粋な強さを示すスタイルで活躍。
しかし姉のスカウトした魔理沙、自らスカウトした永琳といった外様にそそのかされ、
レミリアを従者諸共追放,第二期紅魔館当主となる。
+ 純粋が故に 第13回~第23回大会
+ 心機一転 第24回大会~第32回大会
+ 再始動した破壊者 第33回大会~

+ 穢れを知らぬ破壊の女神
+ リング上の暴君