※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

串刺し式<技名・接頭語>


コーナーポストに添えつけた、もしくは寄りかかっている相手に対しての
ビッグブート(蹴り)やラリアット,スピアーなどの技につけられる接頭語。
走りこんでの打撃技が中心。

実際のプロレスでは串刺し式スピアーをフィニッシャーまで昇格させている選手と
真逆に『必ず失敗させるフラグ』として成立させている選手が双方とても多くいる。
一方で成功率は不安定ながらもダイナミックなムーブで成功・失敗問わずに盛り上がる技として使っている選手もいる。

東プロでも同様の扱いになっているが完全なフィニッシュムーブまではいたっている選手はいない。
今日までの主な串刺し式と呼べる技の使い手は,鈴仙,慧音など。

コーナーポスト『から』リング中央へと向かう技は串刺し式とは呼ばないので注意。
幽香のデイジー・カッターとか。