※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Phantazm Down事件 (第34回大会第5試合)

注意!!

本イベント試合は東方プロレス前後大会に

極めて重大な影響を与えた一戦になっており

未視聴の方、ネタバレを嫌う方、各選手へ強い思い入れのある方、

人よりも強く幻想を抱いていると自負されている方、

そして何より訓練された罪袋の皆さんは

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは

一切の責任を負いません。くれぐれもご注意ください。


顛末

『そんなに死にたいなら相手にしてあげるわよ!!』-堕ちた巫女、博麗霊夢

きっかけは第33回大会第3試合。
GM軍O.D.Sによるタッグマッチでの試合結果。
天子のケ○にキスする会がついに稼動している中
O.D.S魔理沙幽香霊夢慧音に挑んだ。
LTU王者の一角とはいえ、相手は元LSW王者と現LTW王者。
試合は拮抗から切り替えそうとするO.D.Sを一蹴したGM軍側が勝利。
この一戦によりO.D.S側はGM天子との契約を強要される所であったが、これを拒否。
その代償に衣玖が犠牲になり、眼前の凄惨な光景から更に詰め寄られ
ファンも予想だにしなかった恐怖の色をみせた幽香

しかしそこに東プロの現場監督とも言われるがついに立ち上がる。
八雲家を帯同しての直接戦となり、迎えた試合が第34回に行われた。

東プロの今後を左右するだけの大一番だったがために、ファンは強く八雲家の、東プロの正義の、
そして何より大妖怪を祈る思いで試合に望んだのだったが・・・


試合内容


青コーナー 試合形式 赤コーナー
GM軍 TAG 八雲家
妹紅/霊夢 vs /
第34回大会第5戦、試合開始のゴングの前からGM軍が圧倒的に優位な立ち位置でマイクを握る。
霊夢に対し心理戦を仕掛けるが、ただのマイク合戦ではなく
『何者かがを拉致した』とするアナウンスが会場に響き渡り、
激しく動揺し戦意喪失。に代わるタッグパートナーを急遽探さねばならなくなった
そこに、親友の危機を知って選手控え室から駆けつけた幽々子がリングイン。
ゆかゆゆならば、というファンの願いも、前大会で幽々子フランLSWタイトルマッチが
兎詐欺の謀略により決定済みで、しかも同興行内次試合に開催されるため叶わないカードになってしまう。
(前回大会でてゐによって急遽決定したタイトルマッチについては、ファンの多くはこれをGM軍によるフラン調略のための陰謀と
見なしていたが、実はGM軍はターゲットをに絞っており、幽々子の援助をさせないための
謀略だったことが、初めてここで明かされた。)
それでも幽々子は問題ないとするが、これをGM天子がファンを盾にした発言で阻止する。
そのためは代わりにミスティアを召集。ファンよりもミスティア自身が一番が戦力差を感じていただけに
八雲家白玉楼組は苦しい編成での出撃となってしまった。

一方で幽々子は試合に望めないならば、と全力支援。
悪徳レフェリーたるパチュリーGM天子を立て続けにチョークスラムで葬り、
四季映姫本部長を呼びいれ純粋なレフェリングを要請。これを本部長が受け緊急試合が編成された。
青コーナー 試合結果 赤コーナー
- 拉致によりが戦意喪失。無効試合 -

青コーナー 試合形式 赤コーナー
GM軍 TAG緊急試合 八雲家
妹紅/霊夢 vs /ミスティア

しかし、如何ともしがたい無差別級U3級の差という現実がミスティアを容赦なく襲う。
試合は一人が奮戦する形となり、全体を通して押している感触は見受けられたのだが
ミスティアを庇おうとするあまりに被弾し続けてしまい、
最後に妹紅によって押し切られ、大妖怪たる最後の幻想は地に堕とされた。

青コーナー 試合結果 赤コーナー
妹紅 18:51 フジヤマヴォルケイノ・イラプション ×


イベント結果

まさかのピンを取られるという結末に会場中から悲鳴が上がる。
しかしその中であっても手を休めないGM軍の面々。
解放を条件に天子のケ○にキスする会の屈辱を味わうことを受け入れた大妖怪の姿に
その無様を覆い隠さんかのごとく絶叫が響き渡る中、GM天子を虐げる事に成功する。

意気揚々と東プロファンを罵倒し、さらに条件だったはずのの解放も無視して帰ろうとするGM軍に介入したのは、
"広有射怪鳥事 ~ Till When?" のメロディ。
第32回大会で偽M.Dの正体とされ、失踪したはずだった魂魄妖夢霊夢に襲い掛かる形に。
しかしその風貌は以前の未熟者と呼ばれた時代とも、偽M.Dだと発覚した直後とも異なり
ボブカットの良く似合うと言われていた庭師からは程遠い、さながら落ち武者の様な風貌になっていた。

妖夢は楼観剣で霊夢を薙ぎ倒し、さらに未来永劫斬を叩き込むと、
マイクを手にし、を救出したことを報告。立ち直った、救出され怒りを抑えきれない,
敗戦の一端を悔やみきれないミスティアが次々とリングインし、主人幽々子が次試合の準備に向かう中
八雲家白玉楼でのリベンジを宣言。
しかし人数は5対7でありつりあわないとする霊夢に対し、
前大会に救出された幽香が、そして次世代スーパースター早苗が次々と登場。
ついに派閥やヒール・ベビーの枠を超えてO.D.S守矢神社組も合流。
ここに四軍連合体制での全面戦争に突入した。

GM軍フルメンバー7名vs四軍連合

これに対しGM軍の頭脳であるてゐは次回大会での全面戦争シリーズを提案。
ルールは

1:試合は全7名。2vs2、2vs2、3vs3の3試合を行う事
2:第一・第二試合は勝ち点2、第三試合は勝ち点4とする事
3:各試合のメンバーは当日のクジ引きで決定される事
4:最終的に勝ち点が上回った派閥が勝利。同点の場合、敗れた連合側メンバーのみが肉座布団に処される事

という形で決定した。

一見平等だが、実の所結果的にはGM軍に圧倒的に有利な土壌が敷かれた内容となっており
連合軍は堕ちてしまった最後の幻想たる八雲紫を救い出せるのか?
深い注目を集める中、双方はリングを一端後にし、翌大会までの僅かな静寂に突入した。

暗躍する悪の軍師

やはり、今回の事件の立役者はてゐであろう。
その伏線は前回大会から敷かれていたことが明らかになったが、
が介入したのが第3試合が終わってからであり、その次の試合でてゐ幽々子vsフラン
LSWタイトルマッチを組ませた、というタイミングから見て、介入直後から、てゐ潰しを
念頭に案を組み上げていたことが判る。
LSWという至高のベルトすらターゲットを孤立させる餌としてだけのために使うという、まさしくてゐの手の上で
東プロそのものが弄ばれる結果となったこの事件は、最後の最後で妖夢という誰も予想しなかった要素の介入により、
四軍連合結成→対抗戦という流れになったが、あるいはそれすらてゐの仕込みなのかもしれない、と苦悩するファンも多く、
この事件そのものが、GM軍というより、悪の軍師の策略を止められる、もしくはそれ以上の策略を巡らせる者が、
現在の東プロには誰もいないという現実を意味するのではないか、という意見もある。

最後に一言。

プロレスは、エンターテインメント性を多く含んでいます。上記の内容を感情だけで受け止めないように。