※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第37回大会詳報



新たな年を迎えた幻想郷に、再び熱き女神達の戦いの火ぶたが切って落とされる!

新春のお屠蘇気分も醒めやらぬ中、東方プロレスからファン達へのお年玉。
それは、全12試合、全選手登場という壮大なスケールの、新春特別興行であった。
当然のごとく、チケットは即日完売、そして追加で売り出されたチケットすら瞬殺という有様で、
外の寒さはどこへやら、開始前から熱気が渦巻く本部会場は、大入り満員となった。
ちなみに、詰めかけた観客のあまりの人数に整理が追いつかず、会場に入り終わるまで相当に時間がかかったのだが、
その間、入場を待つ観客には、守矢神社と白玉楼から提供された暖かい甘酒が振る舞われ、
寒風の中の意外なファンサービスに、身も心もほっこりと温められるという一幕があった。

本部長がリングに上がり、ファン達に新年の挨拶をした後で、早速大会の開始が宣言された。
普段の大会では最初にリングアナの小町が、その大会の全試合の組み合わせについて
アナウンスするのだが、本大会では試合直前に初めて次の試合の組み合わせを発表することとなった。
そのため、観客達は既に確定している試合ですら、いつ行われるのか判らないという状態に置かれ、
1試合が終わるごとに、次の試合の組み合わせについて議論する光景があちこちで見られることになる。

第1試合 NEXTトーナメントAブロック1回戦第1試合 ルーミア vs

本大会より開始されるNEXTトーナメントは、U3級選手のうち、これまでシングルマッチを経験していない
選手によるトーナメントである。なお、優勝者にはLU3W挑戦権が与えられる(かもしれない)。
NEXTトーナメントについて、事前に発表されていたのはこれだけである。このため、
ファンはどのような組み合わせになるのか、そしてどう数えてもU3級でシングル未経験は7人しかいないことから、
ある期待をもって今大会を待っていた。
そしてついに開始されたトーナメント最初の試合に登場したのは、未完の大器と呼ばれ続ける(つまり結果が出ていない)
チルノ軍の総帥の盟友・ルーミアと、LU3T初代王者ながら、意外なことにシングル初挑戦の本部軍犬走椛であった。
試合は、元王者を相手にルーミアが健闘するも、普段使っている腕殺しを封印したままで
終盤に的確に相手を捉えたラッシュでがまずは順当に一回戦を突破する。
もっとも、この試合で印象に残ったのは、を食べようとしたのかひたすらその額に噛み付くルーミアと、
実況席での試合をパルパルしながら実況する天狗であった。

第2試合 NEXTトーナメントAブロック1回戦第2試合 リグル vs 静葉

続く第2試合は、奇しくも夏と秋の対決となった。
足技に定評のある選手同士の激突は、昨今の秋冬抗争を経ての登場となった
秋姉妹の姉静葉が、切れのいい足技を繰り出して序盤を制する。
しかし、その勢いを止めたのはチルノ軍(本人は否定)のリグルの繰り出した新たな蹴り技。
観客がその技に驚愕する中、その一発でペースを引き寄せたリグルだったが、
このまま秋を終わらせてなるものかと静葉も粘り、一進一退の攻防となる。
お互いに切り札を切り、2.9のカウントを聞きつつも立ち上がり、思わぬ熱い戦いに観客も手に汗握る中、
再度飛び出した、リグルの新技・スーパーリグルキック。しかしどう見ても幽香のデイジーカッターである。
ドSの強力な技の前に、ついに終焉を迎えた秋。
しかし、初勝利を喜ぶリグルの前に、手を取り合って励ましあう秋姉妹を文字通り蹴散らしてリングインした幽香が、
満面の笑顔で、「どういうことなの?」とリグルに問いかけた。
ここにいたって観客もようやく、リグル幽香の技を無断借用したことを理解。
慌てて「足の指の角度が違うんです」と言い訳するリグルに、幽香は笑顔で本家デイジーカッターを浴びせ、
「こういう風に腰を入れなさい」とアドバイス(?)。ここに、「超必殺技伝授」が行われたのだった。

第3試合 ルナサレティ vs リリーホワイトリリーブラック

第3試合は、先日LU3T王者を勝ち取り、本部軍への加入も現実味を帯びてきた虹川楽団の長女ルナサと、
前回大会でアリスと激闘を演じ、さらに評価を高めたチルノ軍参謀のレティがタッグを組む。
その組み合わせもさることながら、相手がXとされたことで、まさかあの勢力からの参加では、と
観客達が囁き合う。
だが、東プロはその予想のさらに上を行く! とばかりに流れ出した曲は『天空の花の都』
夏、秋、冬ときたら、次は「春ですよー」と、リリーホワイトリリーブラックのリリー姉妹の
参戦に、場内は驚きの声で満たされ、そして会場に流れる姉妹の声に悶絶した。
妙に黒いセリフを発するリリーブラックと、「ハルデスヨー」しか言わないリリーホワイトに対し、
思わず帰ろうとするレティとそれを必死に引き留めるルナサという奇妙な光景が繰り広げられた後で、ようやく試合開始。
試合は、やはり経験の差がものを言ったか、急造タッグにも関わらずいい連携を見せるレティルナサに対し、
各所で光るものを見せつつも、リリー姉妹は単発の反撃に終始。最後はルナサが伝家の宝刀・クロスアームSHでリリーホワイトを沈め、
先輩として、王者としての貫禄を見せつけた。
なお、リリー姉妹がマイクパフォーマンスをしているとき、なぜかが実況席から姿を消していたことを明記しておく。

第4試合 NEXTトーナメントBブロック1回戦第1試合 ヤマメ vs パルスィ

1試合を挟んで再開されたトーナメントのBブロック初戦。
前試合で期待を裏切られた観客は、選手入場のテーマ曲を聞いてさらに裏切られた気分を味わうこととなった。無論、いい意味で。
会場に初めて流れたメロディーは、 『封じられた妖怪~Lost Place』『緑眼のジェラシー』  
以前から噂はあったが、それがついに現実となった。地霊殿組が東方プロレスに、とうとう姿を見せたのだ。
当然、お互いに初顔合わせとなり、かつファンへのお披露目となるこの試合は、それぞれの特徴を存分に出しつつも、
最後はパルスィがパルキリースプラッシュで3カウント。初白星を挙げた。
試合後、ますます舌好調な天狗は勝者パルスィを褒め殺しに。妬もうにも妬む糸口がなく絶句するパルスィは、
そんなを必死にフォローする小町の姿に、「こんな奴にも友達がいて妬ましい」とパルパルする。
その一方、破れはしたものの、ヤマメはこれからも東プロに積極的に出場することをアピールし、今後の活躍に期待を持たせた。

第5試合 魔理沙式イリミネーションマッチ 魔理沙&幽香 vs 早苗&諏訪子 vs &小町

第5試合は魔理沙が考案した、バトルロイヤル風ポイント制3Wayタッグマッチ。あまりに複雑なルールに首をひねる客が続出する中、
会場のスクリーンにはにとりの機転により、試合経過に合わせて各チームのポイントが表示されるという
気の利いたサービスが行われた。
試合は中盤、混戦の中で魔理沙のドラゴンメテオが小町に炸裂するが、タイミング悪く本部長は別の選手のフォールを
カウントしていたため、こちらにはカウントが入らず。もしカウントしていたら5つは叩けただろうという完璧なドラゴンは幻に終わり、
しかもそれで力尽きてしまったか魔理沙早苗に丸め込まれ、考案者が真っ先に脱落してしまった。
続いてそのドラゴンを受けていた小町も脱落するが、互いにパートナーを失った幽香の2人が、結局最後まで残ることに。
しかし、この組み合わせでは誰でも予想する結果とは全く逆の結末が待っていた。幽香に屈辱のピンフォール負けで、獲得ポイントでも
実況組が総合優勝という結果に終わる。
試合後、無言で控え室に戻っていく幽香を尻目に、調子にのった天狗は、守矢神社O.D.Sを下したのだから資格は十分と
LTWへの挑戦を口にするが、小町に現王者がもこけーねであることを指摘され、慌ててそれを取り下げる。
が、今度は小町がそれを止め、結局実況組LTWへの挑戦を行うことになった。

第6試合 NEXTトーナメントBブロック1回戦第2試合 穣子 vs メルラン

NEXTトーナメント1回戦最後の試合は、LU3Tを取ってますますテンションの上がる騒霊トランペッターと、
の敗北を受けて、このまま秋を終わらせるわけにはいかないと決意するバックドロップ神の対決となった。
(なお、ここでNEXTトーナメントの全ての組み合わせが確定し、U3級でシングル未経験はてゐ一人のみとなった。)
バックドロップという絶対無比の技を持つ穣子と、必殺の投げヒノ・ファンタズムを磨き上げたメルランという、
奇しくも強力な投げ技を持つパワーファイター同士であり、また妹でもあるという奇妙な共通点を持つ2人の対決は、
見応えのある試合となった。
やはり、背後を取られると一撃で試合が決まってしまうと警戒するメルランと、いかにその警戒を抜けて
背後を取るか試行錯誤する穣子という玄人好みの渋い試合は、一進一退ながらも終盤になるまで穣子
まったくバックドロップを出せず、ややメルランペースか、というまま進む。
ようやく両者が疲れた終盤になって、穣子は立て続けに捻り式バックドロップを見舞うが、メルラン
王者の意地を見せ、3カウントは聞かせない。
その意地を砕いたのは、やはり神。自らロープに走り、ランニングでの打撃技かと一瞬思わせつつ、そのまま背後に走り込んでの
意表を突いたランニングバックドロップホールドという奥の手で、ようやく3カウント。見事に初戦を突破して見せた。

ここで6試合が終了。しかし、新春特別大会は、まだ半分が終わったに過ぎない。

第7試合 6人タッグマッチ 妹紅&輝夜&衣玖 vs レミリア&フラン&咲夜

NEXTトーナメントの熱気醒めやらぬ中、続いての登場は悪の軍団GM軍と、かつての悪の軍団紅魔館
スカーレット姉妹に瀟洒な従者という、最強編成と言っても過言ではない紅魔館に、
GM軍がどう対抗するのか注目された中でも、やはり一際輝く難題アーティスト輝夜
特に、フランのパワーボムの体勢からサミングで脱出した機転は、アンチGM軍の観客をも唸らせるものだった。
しかし結果は、やはりというかギャーイクサンというか、衣玖フランのスターボウブレイクに轟沈。
6人タッグ最速の11分での試合終了に、珍しく衣玖を心配する輝夜。一方、カリスマ全開で相手を小馬鹿にする
レミリア妹紅が噛みつき、今度はその妹紅に乗せられる形でレミリアLTW挑戦を表明した。
そしてそのタッグパートナーに、フラン咲夜を推すが、咲夜がそれを固辞したため、改めて自らがパートナーに名乗りを上げた。
しかし、既にLTWには先の試合で実況組が名乗りを上げていたため、自動的に次大会にて、

LTW次期挑戦者決定戦 スカーレット姉妹 vs 実況組

が決定。
当然のごとく、実況席と実況組ファンは一瞬にしてお通夜状態となってしまった。

第8試合 6人タッグマッチ メディ&鈴仙&萃香 vs ミスティア&妖夢&幽々子

もう一つの6人タッグマッチは、未だに白星なしの悩める軍団ARMSと、帰ってきた庭師を加えた新生白玉楼の試合。
なんとか白星を挙げて、LU3Wに挑むリーダーアリスに花を添えたいARMSは、序盤から積極的に仕掛ける。
一方の白玉楼幽々子中心に反撃をするが、ここにきてようやくチームとしてかみ合ってきたARMSは、
それぞれが積極的な働きを見せ、時には幽々子をも退けるほどの連携を見せる。
前試合とは打って変わって20分を超える長い試合となる中、ついに萃香の豪腕がミスティアを捕らえ、
ARMSに初めての凱歌をもたらした。
試合後、元日にいきなりお節料理の注文販売をさせられたせいで練習できなかったのが敗因だとぼやくミスティアに、
幽々子は、「練習していたら、あれ(萃香の百万鬼夜行)を返せていたのかしら?」と諭し、負けてなお優雅に
リングを去る。
一方、初勝利に沸くARMSは、嬉しさのあまり泣き出す鈴仙に、三三七拍子で締めようとする萃香と収拾が
つかない状況になり、慌ててリーダーのアリスがリングに上がって撤収させるという一幕も。
ともあれ、ようやく願い続けた白星を手にしたARMSのこれからの飛躍を願うファンは、暖かい拍手をリングを後にする彼女らに送るのだった。

第9試合 8人タッグマッチ 霊夢&慧音&てゐ&リリカ vs &&&にとり

今や因縁という言葉だけで収まるわけもない霊夢が直接対決となるこの試合は、レフェリーがパチェだったこともあり、
GM軍がやりたい放題で、最後に霊夢が大技・夢想封印でを沈め、先だっての溜飲を下げると共に、太巫女の悪口を払拭した。
試合後、霊夢達の勝利を称えに現れたGM天子に対し、は、「あれくらいで制裁が済んだと思っているのかしら?」と
発言。どうやらの怒りはまだ当分は収まらない様子であることを見せた。

第10試合 L⑨Wタイトルマッチ チルノ(挑戦者) vs (初代王者)

⑨対決、ここに極まれり。
L⑨W王者、を前回大会で「あたったらしぬ」必殺技、エターナルフォースブリザードで沈めたチルノが、
ついにベルトに挑む。
王者も、はいそうですかと素直にくれてやるわけにはいかない。
互いのプライドと⑨が激突するタイトルマッチは、だが波乱の幕開け。
タイトルマッチを前にして、ベルトを本部長に返そうとするだが、そのベルトがないのだ。
(元々存在していないので当然だが)
チルノ幽々子が巻いていたのを見かけたと発言(それはLSWベルトである)。
一方、慌てたは、やっと自分が持っているベルトを見つけてそれを返そうとする始末(ちなみにこちらはLTUベルトである)。
ついには、ベルトが見つかるまで休戦と宣言し、リングを降りて探し回ろうとする2人。
ここに至り、本部長は、進行を魔理沙に一任し、いきなり無茶振りされた魔理沙は、
ベルトはこの試合の勝者に与えられるんだぜ、と宣言。2人はそれに納得し、ようやく騒ぎが収まった。
なお、その直後、大慌てで控え室にとって返し、試合が終わったばかりのにとりを捕まえて
何か相談をしている魔理沙の姿が見られたという。

一波乱の後、ようやく開始された試合だが、単なるお笑い試合になろうはずがないのは、ここまでこの2人の対決を
見続けていたファンなら誰もが知っていること。
しかし、そのファンの想像をも遙かに超える熱い試合が展開された。
序盤の打撃戦を制したのは、チルノ。乱戦から命中するスピアーにスイカバーと絶好調。一方のはあまりに
相手が密着気味で得意の回転が出せず、苦戦を強いられる。
なんとか突破口を見いだそうとするは、彼女にしては珍しいラフ戦法に出て、どうにかペースを引き戻す。
こうして試合は中盤。小さな打撃をびしびしと当てて手数を稼ぐチルノと、クレージーサイクロン、スピニングトーホールド、
ターボドロップと回転技を魅せるは、互いに一歩も譲らず、1を当てれば2を返し、2を受ければ3を当てるといった風。
互いの意地とプライドが炸裂し、互いにカウント2.9が連発する中、ついに総帥がをブルドッグで倒し、それでも必死に起き上がる
雛をもう一度倒すと、雄叫びを上げる。

エターナルフォースブリザード、相手は死ぬ。

しかし、その一撃は、なぜか倒れていたを大きく外し、リングに突き刺さる。
そして起き上がった雛が大技ペインスパイラルでチルノを倒し、ようやく勝利。L⑨W王座を防衛した。

試合後、なぜEFBを外したのかとに聞かれたチルノは、「だってあたったらしぬのよ。ひながしんだらかなしいじゃん」と答えた。
総帥の器の大きさに触れたは王座返上を申し出るが、チルノはそれを拒否。改めて自分で取ると宣言した。
そんな総帥に、「あんたと組むのも面白そうね」と、雛は新たな可能性を示し、ファンはさわやかな⑨達を称えるのだった。

第11試合(ダブルメイン) LU3Wタイトルマッチ アリス(挑戦者) vs 美鈴(第三代王者)

長く続いた新春興行も、いよいよ大詰め。そしてそれに相応しい戦いになるであろうことを、もはや戦前から
誰もが疑うことすらせずに待ち続けた、LU3Wタイトルマッチ。
その激闘を制したのは、王者美鈴で、アリスは悲願のタイトルに、あと一歩、いや半歩手が届かなかった。
それでも、激闘の後は互いをリスペクトする様が、さわやかなU3級らしいところであるといえよう。
ただ懸念されるのは、さらに首の負傷が悪化したのが試合中にも明らかだった美鈴であり、その経過が
気遣われている。

試合の詳細については、OVER U3を参照のこと。

なお、この試合後、突然機器トラブルが発生し、幻想郷から顕界へのデータ送信が出来ない状況となった。
このため、最後の試合の動画配信が大きく遅れ、ファンは最後の試合を予想しながら待つことになる。
(一説では、あまりに働かされ続けた(が暴言を吐きまくったため編集作業がいつも以上になったうえ、
L⑨Wベルトを試合時間の10分程で作らされた)にとりがダウンしたせいとも言われるが、定かではない)

第12試合(ダブルメイン) LSW次期挑戦者決定戦 神奈子 vs 永琳

東プロ至高のベルト、LSW。それに挑むことが出来るのも、また一人のみ。
その一人を決める、コンテンダーマッチの舞台に上がるのは、奇しくも「八」の字を持つ二人の神。
「月の頭脳・八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)」八意永琳と、「軍神・八坂刀売神(やさかとめのかみ)」八坂神奈子
いずれも東プロ十選に数えられる強者同士であり、かつてO.D.S守矢神社としての抗争を繰り広げた因縁の相手でもある。
LTU王者と前LTU王者との一騎打ちの実現に、戦前からファン達は興奮を抑えられずにいた。

試合は序盤から短期決戦狙いの神奈子がスパートをかけ、3分の時点でカウント2.9を聞くまで
永琳を追い詰める。危うく、自分の持つ最短試合時間を自分の負けで更新しかけた永琳は、
それでも蓬莱人としてのタフさを発揮して持ち直し、次第にペースを上げつつ、腕を膝を狙い、全身破壊を仕掛けていく。
しかしそこは軍神、そう簡単に破壊されるものかと、一瞬の隙を突いて蛇の補食、蛇神万力。
そこから抜け出した永琳は、さらに足永琳、ゴリークラッシャーと全身破壊を続けカウント2を聞くまで神奈子を追い込むと、
時が来たと見たか、そこから流れるような連続技。ストマッククラッシャーからローリング袈裟切りを入れて、得意の一瞬で
入る膝十字固めで足にダメージを与え、ロープに振ってケプラーダコンヒーロ。これがカウント2で返されるや、
必殺のオモイカネディバイスを炸裂させるがまたカウント2。さらに沈めと叩き込むノーザンライトスープレックス。
しかし風神はその程度では倒れぬと神奈子はこれすらもカウント2で返し、蓬莱人に劣らぬタフさを見せつける。
逆に攻め疲れたか、それともここにきて序盤のダメージがみられたか、一瞬の隙を突かれて丸め込まれた永琳
カウント2.9で辛くも脱する。
そのまま攻防が続き、永琳が垂直落下式ブレーンバスターを繰り出せば、神奈子もお返しとばかりに注連縄スープレックスを
放つなど、勝負はまったくの互角のまま、試合は終盤へ。
ついに勝負に出た神奈子は、必殺のエクスパンデッド・オンバシラを解禁。1発目がロープに近いとみるや、すかさず2発目を放ち、
永琳を押さえ込むも、これすらもカウント2.9で跳ね返し、蓬莱人のスタミナは伊達じゃないことを見せつける永琳
連続オンバシラでもダメなら、と二度目の蛇神万力で締め上げるも、位置が悪くロープブレイク。
もはや手はすべて出し尽くしてしまった感のある神奈子に対し、永琳は雪崩式垂直落下ブレーンバスター。意識を朦朧と
させつつも立ち上がる神奈子に、さらに非情の掌底を浴びせて打ち倒すが、神のプライドにかけて神奈子は2.9で返す。
さらに数々の選手を葬ってきたアームロックを仕掛ける永琳。それをようやくロープブレイクで逃れた神奈子は最後の賭けに出る。
こちらも既に限界の永琳をコーナーに担ぎ上げ、そのまま雪崩式ジャンピングパワーボム。
(試合後に語ったところによると、雪崩式マウンテン・オブ・フェイスをかけるつもりだったが、上手くいかなかったのでそのまま
投げ落としたらしい)
この一撃が、長かった試合にピリオドを打ち、神奈子が次期挑戦者の権利を手に入れ、次大会で、

LSWタイトルマッチ 神奈子 vs 幽々子

が決定した。
試合後、彼女にしては珍しく相手を褒める永琳に対し、神奈子は改めてベルト取りを誓った。

最後は小町の次大会へのアナウンスで締められ、こうして長くて短い全12試合が終わった。
新たな選手も加えた全選手(謹慎処分中のM.Dは除く)が出場し、顔だけは出したGM天子を含め全スタッフが登場したこの大会は、
ファンにとっては嬉しいお年玉となったことは間違いない。

2009年2月14日

次興行『第38回大会詳報へ