※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水橋パルスィ

(みずはし・ぱるすぃ)
能力:『嫉妬心を操る程度の能力』
所属:フリー (第37回大会~)

ファイト・スタイル

リングの上の嫉妬心

対戦相手への嫉妬心を糧にしてのラフファイトを展開する。
その攻撃には全く容赦が見られず、一部からプチ幽香とも呼ばれている。
U3に珍しいタイプのレスラーであるとともに、時折見せる意外とかわいい言動により、
デビュー戦から熱狂的な声援を受けており、今後の動向が注目されている。

パルイドライバー

いわゆるパイルドライバー。
しかし、パルスィへの「パルい!」コールが基となりこの名が付いている。

パルキリィースプラッシュ

リングに背を向ける体勢でコーナー最上段からリング方向へジャンプ、同時に体を横方向へ180゜捻り、
そのあと空中で更に体を270゜前方回転させ、相手の上に背中から落下する。
同型の実在技は初代ブリザードYuki選手の「ブリザードスパイラル(飛天)」で、
金本浩二選手(新日)の「ローリングセントーン」をトップロープから仕掛ける形になる。
なお、名称類似の実在技としてKAORU選手オリジナル技の「バルキリースプラッシュ」が挙げられるが、
こちらはムーンサルトプレスの縦回転が終了してから、捻りを加えてセントーンの形で落下する技で、
同型技は倉垣翼選手(JWP)の「ルナ・ウイング」や、金本浩二選手の「ムーンサルトセントーン」になる。

ジェラシストドライバー

相手の後ろに回りこみ、自分の左腕を相手の右脇下から首の後ろに回して前傾姿勢にさせる。
次に、相手の股下から自分の右腕を伸ばして相手の左手を掴む。
そのまま持ち上げることで相手の体が向かい合うように回転させ、肩に担いで脳天から落とす。
文字にすると非常に長いが、実際の試合では一瞬の出来事である。
オリジナルはマグナムTOKYOのエゴイストドライバー。

アメイズインパクト

相手の首の後ろを掴んで仕掛ける、表裏が逆ののど輪落とし。相手は顔面からマットに叩きつけられる。
オリジナルはNOAH所属の森嶋猛選手。
小町は、技名「ホワイトアッシュ」を提案しているが、これは東方地霊殿でパルスィが
使用しているスペルカード『花咲爺「シロの灰」』からきている。

ミリオネアバスター

コブラクラッチの体勢から河津落としの要領で相手の足を払い、後頭部からマットに落とす技。意訳すると億万長者殺し。
元は自称『ミリオンダラー・マン』ことテッド・デビアスのミリオンダラーバスターだが、パルスィが使う場合
逆に金持ちへの嫉妬パワーで以て放たれるためこの名前になる。
曰く「富者はくたばれ!ミリオネアバスター!誰うま」とのことだが、これは東方地霊殿でパルスィが
使用しているスペルカード『舌切雀「謙虚なる富者への片恨」』が元ねた。

PK

スリーパーで相手を座り込ませた上で、正面に回って顔面に叩き込むキック。
技名はパルスィキック(Parsee Kick)の略。
フランが愛用している、「きゅっとしてどっか~ん☆」と同型の技であり、
同様に破壊力絶大で危険な技である。

パルパルラッシュ(仮)

相手の防御もお構いなしに振るわれる拳の弾幕。
主に左右のフックとアッパーのコンビネーションで、
その連打はガードの上からもダメージを蓄積させ、ダウンを奪う。
この技が出ると実況は「ぱるぱるぱるぱる」と連呼し、タグには「スターパルチナ」と記される。

その他使用技

膝蹴り、張り手、引っ掻き、フロントキック、ニードロップなど執拗な顔面攻めを見せる。


戦績

+全戦績 -ネタバレを含むので注意-
以下は、第40回興行時点。
大会 試合 形式 対戦相手 試合動画 試合結果 備考
第37回大会 第4試合 東プロNEXTトーナメントBブロック1回戦第1試合 X sm5819935 ○(9:40パルキリィースプラッシュ) 初ピン
第38回大会 第4試合 東プロNEXTトーナメント準決勝第2試合 穣子 sm6172246 ●(12:11 雪崩式バックドロップ)
第39回大会 第1試合 8WayRRU3級時間差BR sm6434221 ●(11:50 ルナサ・OtTRルール) 2番目に脱落
第40回大会 第1試合 3vs3(レミリア,ヤマメ) ,リリーホワイト,リリーブラック sm9304557 ●(16:06 ・ジャンピングDDT)

  • シングル 2戦1勝1敗
  • 6人タッグ 1戦0勝1敗
  • その他
    • 8WayRR 1戦0勝

タイトル歴

なし。

人間関係

妬ましい!この黒い奴妬ましい!妬ましい妬ましい妬ましい!
(BRにて圧倒された挙句にOtTRで敗北。今後遺恨に発展か?)

(対戦者に誰彼かまわず「嫉妬オーラ」を撒き散らすので、ある意味孤高のヒール的存在なのかもしれない。)

入場曲

緑眼のジェラシー

パルパルしながら登場 第37回大会~

待ち望まれていた東方地霊殿組の第一弾として、ヤマメと共に第37回大会の
NEXTトーナメントに出場したのが初参戦となる。
初登場時からジェラシー全開でヤマメを攻めまくり、ついにこの大会での初参戦組で
唯一の勝利を挙げるが、勝ってしまうと妬む相手が居なくなり、さらに天狗には
誉め殺しを受けてうろたえるという、意外な弱点が明らかになってしまった。
準決勝に進んでの相手はバックドロップ神こと穣子であったが、
あまりに妬みがいがなかったせいか、嫉妬パワーを出し切れずに敗れてしまい、
さらに、『おーたむ!おーたむ!』までやらされる羽目になる。

今後、多士済々の東プロマットで誰を妬んでいくのか、そしてどの軍団に加入するのか、
興味が持たれるところである。