※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔理沙式イリミネーションマッチ<東プロ用語>


第37回大会にて行われた、非常に特殊な形式のBR。考案者の霧雨魔理沙の名前を取って、
「魔理沙式イリミネーションマッチ」と付けられた。
2人ずつ3組、計6人がBR形式で試合を行うが、このとき以下の特殊ルールで行われる。
  1. 6人一斉参加のBR
  2. OtTRルールあり
  3. どのタイミングで脱落したかにより、最初の脱落者は1ポイント、続いて2、3ポイントと加算され、最後まで残った選手は6ポイントを得る
  4. さらに、OtTRで相手を落とした場合は1ポイント、ピンフォールを取った場合は2ポイントが、落としたもしくはピンを取った選手にボーナスポイントとして加算される
  5. 最終的に、2人の合計ポイントが一番高いタッグの勝利
ここで特徴となるのは、タッグの相手を攻撃することも可能という点で、味方をわざと攻撃して相手にボーナスポイントを稼がせないという戦略も取れる。

+ 実施例1
+ 実施例2

その位置付けについて

貴重な「タッグによるバトルロイヤル」ということで、タッグベルトであるLTWおよびLU3Tへの
影響を持つ試合になることが多い。
第37回大会の試合で勝ち上がった実況組LTWへ名乗りを上げ、その後スカーレット姉妹との
コンテンダーマッチを制し、ついに王者もこけーねを倒して新王者に成り上がりを決めている。

批判について

一部の口さがないファンの間では、タッグを組んでいる選手同士でも、たびたびバトルが起こるこの形式について
「タッグを組んでいる2人がバトルをする意味が判らない」という声が上がっている。
このことについて、現在のところ運営本部も発案者である魔理沙も公式に発言をしていないが、
リング上で同士討ちになっても、それが後で遺恨になる様子もないところから、
選手同士はある程度の同士討ちは許容しているふしが見受けられる。
一説では、普段タッグを組んでいる選手同士がバトルを見せることはまずないところから、
それを見せるための一種のファンサービスのようなものではないか、とも言われている。
(ぶっちゃけシステムのs
このコメントはスキマ送りになりました